リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリフォームにするか建て替えにするかのタイミングとは

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は「アパート経営・マンション経営における建て替えのタイミングとは」について紹介している記事を見つけたのでご紹介します。

アパート経営・マンション経営で資産価値を上げたり、下げないためにも建物のメンテナンスや維持が重要です。リフォームやリノベーションに留まらず、建て替えとなると慎重に検討しなければなりません。

建て替えのタイミングや注意する点などあるのでしょうか?

建て替えのタイミングはいつ?

・マンション
鉄筋コンクリート建造物の寿命について100年以上と言われていましたが、近年では建築や住宅などのメーカーが200年や500年と発表しているのも耳にします。
しかし、新しい建築基準などが出来ると耐久性がないと判断される物件が増え、30年前後で建て替えることが多いのが現状のようです。

・アパート
構造などにもよりますが50年以上はもつのではないかと言われています。

耐久性とは別物の「耐用年数」というものがあり、税務上の減価償却を計算するために作られた基準があります。
木造アパートの耐用年数は22年とありますが、これは税務上の価値として22年以上経つと価値がないとみなされるもので、耐久性がないという基準ではありません。

とはいえ、一般的には20年前後で建て替える物件が多いようです。

建て替えの判断基準はあるのか?

・築30年超物件
昭和56年以前に建てた建物は昔の耐震基準で建築されているため、耐震性を考えると建て替えを検討する時期かもしれません。

・建物の老朽化
駅から徒歩1分など立地条件が良ければ、建物が古く設備が整っていなくてもと良いと思う入居者は多い傾向にありますが、便の悪い立地条件では家賃を下げて貸すことが多いようです。

家賃収入を保つためには修繕を進めなければいけませんが、老朽化が進むと維持費や修繕費も高くなります。
修繕箇所が増えたり大掛かりな工事が必要になってくるため、結果的に建て替えという判断をすることも多くなります。

・空室が多い
家賃を下げたり、建物、内装などの修繕はしたのに空室が多かったり、1年以上も空きが続くようであれば外観、内装、設備、間取りなどが入居者のニーズに沿ってないことが考えられます。

・環境の変化
内外装や間取り、設備面で入居者のニーズに沿っていない場合以外にも、近くに学校などの教育施設、会社、工場などができる(もしくは廃校、移転など)と、入居者のニーズが大きく変わります。
リノベーションで補えない場合は建て替えの必要があるかもしれません。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリフォームのときに役立つ!?立ち退き交渉のポイント

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は「アパート経営・マンション経営における立ち退き交渉のポイント」について紹介している記事を見つけたのでご紹介します。

収益をあげてきたアパート・マンションも、建ててから30年、40年と経てば、老朽化が目立ってきます。

借入金の返済が終わっていれば、空室が目立つようになってもマイナスにはなりづらいですが、新耐震基準の施行や今後も発生するであろう震災へのリスク、周辺に建ち始めた新築物件との比較で、ますます需要が低下することは目に見えています。

そうなると、考えなければいけないのは、耐震や新築に見劣りしないため(あるいは勝つため)の補強修繕やリフォーム、リノベーション、そして建て替えです。

建て替えや、フルリフォーム、スケルトンリフォームと呼ばれる基礎や柱以外は全て新しくなるリフォームの場合、必須となるのが入居者に退居していただくということ。
つまり「立ち退き」です。

言葉の響きからしても、厄介な印象を受けますが、その通り、問題が発生しやすいものです。今回は立ち退き交渉のポイントについて考えます。

立ち退き交渉が必要な状況とは

上述の通り、立ち退きが必要となるのは、主に物件の老朽化などによる建て替え時です。
その他に、賃貸事業をやめて土地を売却する、その土地に自宅を建てるなどの場合も、入居者が存在する限りは交渉が発生します。

借地借家法28条は、「正当の事由があると認められる場合」でなければ、入居者に退居を求めることができないとしています。
この「正当の事由」は、長期にわたる家賃滞納や、建物の老朽化が該当します。

ですが、老朽化対策が修繕程度で済む場合や、耐震性を理由にした場合は認められなかった裁判例もあり、このことから「建物の状態に入居者や周辺への危険・損害が懸念されるほどの理由がないと、入居者を退居させる理由にはならない」という捉え方ができます。

つまり、「少し古くなってきたから、建て替えで収益を上げたい」「自分の住まいにしたい」というのは、オーナーの都合であって入居者には関係ないため、法的な退居は認められず、入居者が納得できる内容の条件交渉をする他はないのです。

結局のところ、どんな理由があるにせよ、退居していただく以上は、立ち退き交渉が発生することになりますね。

「立ち退きの正当事由として認められるには」参照

立ち退き交渉で起こり得るトラブルとは

借地借家法により、オーナー側から契約解除を申し出る場合は6か月前にとされていますが、実際には1年程前から話を持ちかけることが多いようです。
それだけの余裕をもってしても発生するのが、「立ち退きの拒否」や迷惑料などの「支払いに関する金額調整」です。

転居先が見つからないために、入居者が立ち退き拒否をする場合もあれば、転居にかかる費用に関して、ここぞとばかりに過剰な請求をする入居者もいます。
「転居先ではこの家電を置く場所が狭いから、新しいのを買って」などは序の口だと言う話もあるほどです。

また、家賃滞納者の場合は、転居をするだけの費用を捻出できない可能性が高く、立ち退き交渉が長期化することが多いようです。

もしかすると、「法にのっとった形で手続きをしているのに」と思われるかもしれません。
中には、「部屋を貸してやってるのに」と言う方もいるでしょう。

ですが、オーナーにとって、入居者は部屋を貸してお金をいただいているお客様であり、入居者にとって、その部屋はお金を出して得ている「生活の場」です。
その「生活の場」を、お金をもらっている立場のオーナーが、自分の都合で簡単に奪い取ることができないのは、当然と言えば当然なのです。

もう少し法的な言い方をすると、入居者の得た居住権は、借地借家法により強く保護されています。
入居者が賃料を正しく払うという義務を果たしている以上、居住権は存続し、強制的な退居は不可能なのです。

立ち退き交渉には、「何かしらのトラブルは発生する」という意識で臨んだ方が正解でしょう。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説する戸建ての売却にはリフォームが鍵?

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は「戸建ての売却に関する重要ポイント!」について紹介している記事を見つけたのでご紹介します。

不動産会社が戸建てを見るとき、どういったポイントが価格の検討材料になるのでしょうか?
それは売主様か、買主様かで説明が変わります。つまり売主様に「こういった基準で査定しています」と伝えることと、買主様に「こういうところを見てください」と説明する内容が違うということですね。
売主様に対しては、外観を見る際には、地盤改良がされているかという部分、外の基礎まわりのヒビの有無、外壁塗装がしてあるか、クラックが入っているか、シリコンコーキングが緩んでいないか、ベランダの防水加工、屋根等に注目します。

戸建ての内部はどういったところに注目しますか?
内観はまず内部構造を見ます。傾いていないかということですね。それと、どれくらいリフォームがかかりそうかというところにも注目します。特に「水まわり」が重要です。お風呂・トイレ・キッチン・洗面所のリフォームに費用がどれくらい掛かるのかですね。また購入希望者が見に来たときに、リフォームを希望される可能性がある場所があるのであれば、そこも説明します。

購入希望者が戸建ての内覧に来られた場合、どういったところに注目されるだろうか、というお話もされるんですね?
します。ただ、売主様が売る前にリフォームをかけるのはおすすめしません。その分売却価格を安くしてくれた方が、買主様は自分好みのリフォームにお金をかけられるので。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリノベーションとリフォームの違いについて

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は「リノベーションとリフォームの違い」について紹介しているリビンマッチ(旧スマイスター)記事を見つけたのでご紹介します。

「リノベーション」と「リフォーム」は何が違うのでしょうか。なかには「リノベーション」と「リフォーム」を同じ意味だと思っている方も多いのではないでしょうか。ここでは「リノベーション」と「リフォーム」それぞれの意味をご紹介し、どういった違いがあるのか理解しましょう!

○リフォーム
「リフォーム」とは、キッチンやトイレといった設備の修繕、壁や天井のクロスの張り替えなどの小規模な工事を指し、古くなった個所を改修して新築当時の状態まで戻すといった主旨で使われることが一般的です。英語の「reform」も「改善・矯正」という意味で、マイナスの状態をゼロの状態にするという意味合いです。

○リノベーション
一方で「リノベーション」は、建物に工事を行い不動産や家を新築時よりも性能を向上させたり、価値を高めることを目的に行われます。和室を洋室に変更したり、間取りを変えるような工事、それに伴った水回りの位置の変更など、一見すると建て替えだと思われるほど大規模な工事を指すことが一般的です。英語の「renovation」も「改装・刷新」といった意味であることから、リノベーションはより新しい機能をプラスしたり、付加価値をつけるようなものを指すことが多くあります。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説する不動産買取業者のリノベーション物件

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は「不動産買取業者のリノベーション物件」です。

数ある中古市場で不動産買取業者のリノベーション物件はお得な物件です。
不動産業者の買い取る物件は沢山の物件の中からから選ばれた物件です。不動産買取とは売れ残るリスクがあります。

もし売れ残ってしまったら高額な不動産のため最悪倒産に繋がります。それだけリスクを取って不動産買取を行うので買取した不動産は選ばれた物件です。

そしてそれをリノベーションして内装を一新して売りに掛けるので内装は新築と変わりません。値段も相場をよく知っている不動産業者が付けるので適正価格か割安な場合が多いです。

現に不動産業者の買取してリノベーションした物件はよく売れます。専門家が選んだ物件をリフォームのプロがリノベーションするプロ同士がタッグを組んでいますので物件が良いことに間違いありません。値段が安くて中身が新しいと見に来る人も生活をイメージし易いため購入しやすいのです。

中古を探している方は不動産業者が買取したリノベーション物件を一度見て下さい。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するアパート管理とリノベーション

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は「アパート管理とリノベーション」のリビンマッチ(旧スマイスター)記事を紹介していきます。

一般的にアパート管理をしていく上で問題点となってくるのは、築年数が経過すると極端に入居率が下がったり間取りが古くなってしまい、その時代に合わなくなってしまう点です。
駅から極端に近い場合などは需要も変わってきますが、アパート管理者としては継続的に入居者で埋まり、建築費の元ぐらいは回収出来なければ管理する意味がありません。

そこでマンションやアパート管理者から注目を浴びているのがリノベーションです。住宅ではリフォームという言葉がありますが、リフォームは汚れたり老朽化したものを元に戻す修理に近い行為であるのに対し、リノベーションは改修、増築などをする事により新たな価値を生み出したり使い勝手の改善などの付加価値を付ける事を言います。

新築するとなるとコストがかかりますが、既存のアパートを利用しリノベーションする事で新築よりずっと安いコストで物件の価値をあげられますのでアパート管理における人気の手段です。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するアパート経営・マンション経営におけるリフォームの必要性

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は「アパート経営・マンション経営におけるリフォームの必要性」を紹介をしていきます。

アパートやマンションをただ「貸す」だけではなく「経営」をしていくためには、建物のリフォームや修繕は避けて通れないものです。
アパート経営・マンション経営におけるリフォームの必要性について見ていきましょう。

アパート経営・マンション経営にリフォームは必要か
どんな新築のアパートやマンションでも必ず劣化してきます。
建てた時はもちろん新築でも、十年以上経過すれば設備も最新のものではなくなってきます。

例えば同じような家賃や立地で中の設備が新しいものと古いままのものを見比べた場合、新しい設備の物件を選ぶのが普通と言えるでしょう。
部屋をひと目見て「なんだか古臭い」と思われてしまったら、新しい入居者を確保する事は難しくなってしまいます。

最新とまでは行かなくても、古い設備は老朽化での故障などもあるので、リフォームは必要と言えるでしょう。
また設備だけでなく、水道管やガス管などの劣化、建物そのものの老朽化なども避けられませんので、建物の安全性や住み心地の良さを入居希望者にアピールするためにも、リフォームは必要と考えられます。

リフォームをすることのメリットとデメリット
リフォーム工事により建物が生き生きするというメリットがあります。

アパート経営・マンション経営で何よりも怖いのが「空室期間」です。
あまり手を加えない建物のまま何年も空き室が続く部屋があったりすると、誰も入居しようと思わないゴースト物件と思われてしまう危険性も出てきます。

しかし、あまり収益が見込めない物件にリフォーム費用をかけてしまうと、不動産経営がうまく立ちゆかなくなるケースもあります。
また、ニーズの合わないリフォームをしてしまい、余計に入居者が寄りつかなくなってしまう場合もあります。

地域の需要にあった設備などをリサーチし、経営計画の範囲内でリフォーム費用をねん出する事をおすすめします。

 

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するアパート管理上の悪条件について

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は「アパート管理上の悪条件について」のリビンマッチ(旧スマイスター)記事の紹介です。

アパート管理をしている人にとっての悪条件をあげると、立地や周辺環境があります。

老朽化しているアパートの場合にはリノベーションやリフォームを行わないと入居希望者がいないということもあります。老朽化対策として定期的に費用がかかるため、海の近くなどの建物が傷みやすい環境や、風水害を受けやすい立地は悪条件と言えます。

他にも、アパート管理人にはたくさんのクレームが寄せられる事があります。クレーム対策も考えなくてはならないため、気が休まることはありません。大学の近くの物件などは、毎年新入生の入居希望者がいるため空室率が低く保つことは容易ですが、一人暮らしに慣れない学生が多いことでルールを守らせることが家族用のアパートなどより難しく、近隣トラブルも起こりやすいので悪条件になることがあります。

空室が出ずに運営できれば安定した収入源になりますが、管理などを丁寧に行うことが必要となるため、管理会社に委託するなど工夫が必要です。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説する空き家問題を深堀

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「空き家問題を深堀」です。

前の記事のご紹介した空き家の社会問題。相続や住み替えで、活用するあてもない土地を保有している方もいらっしゃるかもしれません。空き家物件を売却するのかリノベーションやリフォームを行い活用するのか悩むオーナーさんも少なくないでしょう。

空き家は持っているだけで固定資産税が発生し、行政により「特定空き家」に指定された場合、固定資産税が6倍になってしまう可能性があります。

今回はリビンマッチ(旧スマイスター)コラムから空き家を所有するメリット・デメリットについてご紹介します。

空き家を所有するメリット・デメリット

空き家を所有している場合、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。まずは自分が持っている空き家をそのままにすべきか、売るべきかを考えましょう。

<空き家を所有するメリット>

■将来的に居住する予定がある空き家

現在は住んでいないけれど、代々のお墓などがあったりなどで、いずれは住むことを予定している空き家の場合は、売らずに所有する方が良いかもしれません。ただし、定期的な建物の掃除や管理を行わなければならず、空き家が現在住んでいるところから遠方にあるケースでは、大きな手間がかかってしまいます。

■セカンドハウスや別荘として活用する

旅行などの一時的な宿泊先や、セカンドハウスとして利用できる空き家は、一見便利に見えるかもしれません。しかし、先述したような掃除・管理は定期的に行う必要があります。いつでも泊まれるような環境を維持するためには管理会社に管理を委託する可能性も考えなければなりません。

<空き家を所有するデメリット>

■毎年の固定資産税が発生し、最悪の場合これまでの6倍の税率になる

空き家を所有するうえで一番のデメリットであると考えられるのがこの固定資産税です。固定資産税は、各市区町村が決めている「固定資産税評価額」により算出されます。

固定資産税=固定資産税評価額×1.4%

加えて、その空き家が行政によって「特定空き家」と判断された場合、その空き家には通常の6倍の固定資産税が課せられることが法律で決められています。

<特定空き家とは>

特定空き家とは、
・建物の老朽化が激しく、倒壊の恐れがある空き家
・管理が行き届いていないため、犯罪の温床になる可能性があると判断された空き家
・周囲の景観をそこなう空き家

などの諸条件を満たしており、行政に判断された空き家を指します。

■時間経過とともに不動産の資産価値が下がってしまう

当然ながら、空き家の資産価値は時間経過とともに下がっていきます。
なかなか踏ん切りがつかずに空き家を長期間所有してしまうと、いざ売却するときには当初より安い価値になってしまうこともしばしばあります。

■維持管理にコストや費用が発生する

空き家を維持管理を管理会社や不動産会社に任せた場合、管理費を支払わなければなりません。また、自主管理を行うにしても、空き家が遠方の場合にはわざわざそこに赴くための費用や労力が発生してしまいます。

空き家を所有し続けるメリット・デメリットを比較した場合、やはりデメリットの方が目立ってしまいます。なかでも「特定空き家」は非常に強力で、行政も空き家を売却したり活用することを推進している法律だと考えることができます。

もし、長年ほったらかしにしている空き家があるのなら、リフォームやリノベーションも視野に入れ、専門家や不動産会社に相談することも大切です。今後その空き家とどうやって付き合っていくのか、はたまた売却するのか今が決断の時かもしれません。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説する新たなリノベーション商品

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「新たなリノベーション商品」です。

かつてムジラーという言葉が生まれたほど人気のある無印良品。無駄を省き、スタイリッシュにまとめられた無印良品独自のスタイルは熱狂的なファンが多いものです。そんな無印良品のスタイルを家のも取り入れたいと考えている方に必見の記事です。

今何かと人気のリノベーション産業に無印良品で有名な良品計画が様々な形でリノベ商品についてのリリースについてリビンマッチ(旧スマイスター)で紹介していました。

良品計画子会社で、無印良品のリノベーションを展開するMUJI HOUSE(ムジ ハウス)は7月1日から中古マンション向けのリノベーション商品「MUJI INFILL 0(ムジ・インフィルゼロ)」の断熱性能を検証する温熱計算を実施したと発表した。

同商品は、中古マンションの1室をライフスタイルの変化や家族の成長に応じて家具や建具などで仕切り、自由に変化させることができるというもので、外壁に高性能の断熱材を施工し、既存窓に複層ガラスのインナーサッシを取り付けることで高い断熱性能を実現した。

同商品でリノベーションした住戸全てを国の基準に基づき温熱計算を実施。
住宅の省エネルギー性能は、国の定めた3つの基準により評価され、等級の数値が大きいほど省エネルギー性能が高いことを示す。また、その計算値から年間の光熱費を算出する。

次の3つの基準に基づき温熱計算を実施した。まず、外皮平均熱貫流率(UA値)。
屋根・外壁などに使われている部材から、家全体の熱の通しやすさ(熱損失量)を算出し、それを表面積で割った数値のことで、等級1~4の4段階で評価。
次に、房期平均日射熱取得率(ηAC値)。屋根・外壁などに使われる部材から、家全体の日の通しやすさ(日射熱取得)を算出し、それを表面積で割った数値のことで、等級2~4の3段階で評価する。

そして、1次エネルギー消費量。
動力源ごとに定められた換算値を用いて、家全体で年間に使われる消費エネルギー量を熱量(単位:J ジュール)として合計した数値のことで、等級1・4・5の3段階で評価する。同商品はモデルプランの計算値で、1次エネルギー消費量で国の定める最高基準等級5を取得している。高い断熱性能を発揮するためには、外壁に取り付ける断熱材の性能が重要となるが、同商品は既存の断熱材に加えて、世界でもトップクラスの性能をもつ高性能フェノールフォーム断熱材によって高い断熱性能を確保した。同商品は、既存窓+複層ガラスインナーサッシによる「トリプルガラス」となっている。インナーサッシは、弾性をもたせた上部の枠、クレセントなしで気密性のとれる構造の引違中央部、丘戸車式レール、スプリング式のスライドピースなど、断熱効果を究極まで高めるために独創的な構造と加工技術および素材を採用。アルミサッシ+木製ガラス戸の3倍の気密性を実現させつつ、軽くスムーズな開閉を両立させた。

熱還流率比較

無印良品がリノベーションまで出しているなんて知らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。『スタイリッシュで、かつ住み心地のよさも実現する新しい製品。』これからリノベーションを考えるのであればチェックしてみる価値はありそうですね。

 

リビンマッチ(旧スマイスター)では無印良品以外にも様々な不動産業界、住宅メーカー等のリリースを解説しています。新しい情報をキャッチするのに便利なコラムは見逃し厳禁です。