リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)空き家問題を深堀

前の記事のご紹介した空き家の社会問題。相続や住み替えで、活用するあてもない土地を保有している方もいらっしゃるかもしれません。空き家物件を売却するのかリノベーションやリフォームを行い活用するのか悩むオーナーさんも少なくないでしょう。

空き家は持っているだけで固定資産税が発生し、行政により「特定空き家」に指定された場合、固定資産税が6倍になってしまう可能性があります。

今回はリビンマッチコラムから空き家を所有するメリット・デメリットについてご紹介します。

空き家を所有するメリット・デメリット

空き家を所有している場合、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。まずは自分が持っている空き家をそのままにすべきか、売るべきかを考えましょう。

<空き家を所有するメリット>

■将来的に居住する予定がある空き家

現在は住んでいないけれど、代々のお墓などがあったりなどで、いずれは住むことを予定している空き家の場合は、売らずに所有する方が良いかもしれません。ただし、定期的な建物の掃除や管理を行わなければならず、空き家が現在住んでいるところから遠方にあるケースでは、大きな手間がかかってしまいます。

■セカンドハウスや別荘として活用する

旅行などの一時的な宿泊先や、セカンドハウスとして利用できる空き家は、一見便利に見えるかもしれません。しかし、先述したような掃除・管理は定期的に行う必要があります。いつでも泊まれるような環境を維持するためには管理会社に管理を委託する可能性も考えなければなりません。

<空き家を所有するデメリット>

■毎年の固定資産税が発生し、最悪の場合これまでの6倍の税率になる

空き家を所有するうえで一番のデメリットであると考えられるのがこの固定資産税です。固定資産税は、各市区町村が決めている「固定資産税評価額」により算出されます。

固定資産税=固定資産税評価額×1.4%

加えて、その空き家が行政によって「特定空き家」と判断された場合、その空き家には通常の6倍の固定資産税が課せられることが法律で決められています。

<特定空き家とは>

特定空き家とは、
・建物の老朽化が激しく、倒壊の恐れがある空き家
・管理が行き届いていないため、犯罪の温床になる可能性があると判断された空き家
・周囲の景観をそこなう空き家

などの諸条件を満たしており、行政に判断された空き家を指します。

■時間経過とともに不動産の資産価値が下がってしまう

当然ながら、空き家の資産価値は時間経過とともに下がっていきます。
なかなか踏ん切りがつかずに空き家を長期間所有してしまうと、いざ売却するときには当初より安い価値になってしまうこともしばしばあります。

■維持管理にコストや費用が発生する

空き家を維持管理を管理会社や不動産会社に任せた場合、管理費を支払わなければなりません。また、自主管理を行うにしても、空き家が遠方の場合にはわざわざそこに赴くための費用や労力が発生してしまいます。

空き家を所有し続けるメリット・デメリットを比較した場合、やはりデメリットの方が目立ってしまいます。なかでも「特定空き家」は非常に強力で、行政も空き家を売却したり活用することを推進している法律だと考えることができます。

もし、長年ほったらかしにしている空き家があるのなら、リフォームやリノベーションも視野に入れ、専門家や不動産会社に相談することも大切です。今後その空き家とどうやって付き合っていくのか、はたまた売却するのか今が決断の時かもしれません。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)新たなリノベーション商品

かつてムジラーという言葉が生まれたほど人気のある無印良品。無駄を省き、スタイリッシュにまとめられた無印良品独自のスタイルは熱狂的なファンが多いものです。そんな無印良品のスタイルを家のも取り入れたいと考えている方に必見の記事です。

今何かと人気のリノベーション産業に無印良品で有名な良品計画が様々な形でリノベ商品についてのリリースについてリビンマッチで紹介していました。

 良品計画子会社で、無印良品のリノベーションを展開するMUJI HOUSE(ムジ ハウス)は7月1日から中古マンション向けのリノベーション商品「MUJI INFILL 0(ムジ・インフィルゼロ)」の断熱性能を検証する温熱計算を実施したと発表した。

 同商品は、中古マンションの1室をライフスタイルの変化や家族の成長に応じて家具や建具などで仕切り、自由に変化させることができるというもので、外壁に高性能の断熱材を施工し、既存窓に複層ガラスのインナーサッシを取り付けることで高い断熱性能を実現した。

 同商品でリノベーションした住戸全てを国の基準に基づき温熱計算を実施。

 住宅の省エネルギー性能は、国の定めた3つの基準により評価され、等級の数値が大きいほど省エネルギー性能が高いことを示す。また、その計算値から年間の光熱費を算出する。

 次の3つの基準に基づき温熱計算を実施した。

 まず、外皮平均熱貫流率(UA値)。

 屋根・外壁などに使われている部材から、家全体の熱の通しやすさ(熱損失量)を算出し、それを表面積で割った数値のことで、等級1~4の4段階で評価。

 次に、房期平均日射熱取得率(ηAC値)。

 屋根・外壁などに使われる部材から、家全体の日の通しやすさ(日射熱取得)を算出し、それを表面積で割った数値のことで、等級2~4の3段階で評価する。

 そして、1次エネルギー消費量。

 動力源ごとに定められた換算値を用いて、家全体で年間に使われる消費エネルギー量を熱量(単位:J ジュール)として合計した数値のことで、等級1・4・5の3段階で評価する。

 同商品はモデルプランの計算値で、1次エネルギー消費量で国の定める最高基準等級5を取得している。

 高い断熱性能を発揮するためには、外壁に取り付ける断熱材の性能が重要となるが、同商品は既存の断熱材に加えて、世界でもトップクラスの性能をもつ高性能フェノールフォーム断熱材によって高い断熱性能を確保した。

 同商品は、既存窓+複層ガラスインナーサッシによる「トリプルガラス」となっている。

 インナーサッシは、弾性をもたせた上部の枠、クレセントなしで気密性のとれる構造の引違中央部、丘戸車式レール、スプリング式のスライドピースなど、断熱効果を究極まで高めるために独創的な構造と加工技術および素材を採用。アルミサッシ+木製ガラス戸の3倍の気密性を実現させつつ、軽くスムーズな開閉を両立させた。

熱還流率比較

無印良品がリノベーションまで出しているなんて知らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。『スタイリッシュで、かつ住み心地のよさも実現する新しい製品。』これからリノベーションを考えるのであればチェックしてみる価値はありそうですね。

 

リビンマッチでは無印良品以外にも様々な不動産業界、住宅メーカー等のリリースを解説しています。新しい情報をキャッチするのに便利なコラムは見逃し厳禁です。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)空き家とリノベーション

皆さんは空き家問題をご存知ですか。リノベーションをしたいと考えている方なら1度は聞いたことがあるのではないのでしょうか。

今回の記事ではリビンマッチコラムから空き家問題についてご紹介します。

まず空き家問題とは何か?

しばしば新聞やニュースで目にする「空き家問題」とは何でしょうか?詳しくは「空き家問題の解説と対処法」をご覧いただきたいのですが、2015年より「空き家対策特別措置法」という法律が施行されたことで大きく話題になりました。

通常、土地にかかる固定資産税は、その土地に家屋が建っている場合「住宅用地特例」により最大6分の1になるという税制があります。しかし、「空き家対策特別措置法」によりその家屋が「特定空家」に指定され「勧告」を受けると、固定資産税が6倍になってしまいます。

更には、2015年10月には全国初の空き家の強制取り壊しが神奈川県横須賀市で行われました。行政による強制取り壊しの場合、その費用を所有者に請求できるという点でも、空き家所有者を悩ませる大きなポイントです。こういった空き家にまつわる問題は今後増加傾向にあるといわれています。そんな空き家の問題を解決するのがリノベーションするという選択肢です。

空き家が生まれる理由は様々です。相続で受けた不動産や、住み替えたあとにそのままになっている家、使っていない別荘などがそれにあたります。しかし、その全てが「空き家」に指定されるわけではありません。

「特定空家」は倒壊の危険があったり、衛生上有害となる恐れがある場合、防犯や防災の観点などにより各行政によって指定されます。では、そういった「特定空家」にはどういった解決策があるのでしょうか。

空き家問題でよく考えられる対策法が売却するという方法です。しかし、例えばその家に愛着があり手放したくないと考えていたり、いずれは住む可能性がある場合、先祖代々のお墓があるためその地域との関わりを失いたくない、といった方は売却することは難しいのではないでしょうか。また、例えその空き家を売却しようと不動産会社に依頼しても、その空き家が郊外や地方にあった場合、はたして購入希望者は現れるのでしょうか?

リノベーションで空き家問題が解決?

空き家をリノベーションすることにより、「特定空家」の倒壊や衛生上の条件をクリアし、固定資産税を抑えることができます。また、リノベーションにより性能が上がった空き家は、賃貸として貸すことを見込めたり、売却できる可能性を高めることもできるのです。リノベーションには当然初期費用がかかります。しかし、これからも長くその空き家と付きあう可能性がある場合、長い目で見ればリノベーションは一つの有効な方法と考えることができるのです。

いまの時代ならではの不動産に関する悩みは増える傾向があります。リビンマッチコラムでは様々な問題にメスを入れています。空き家の増加は金銭面のマイナスだけでなく、地域の安全も脅かす深刻な社会問題となりかねません。コラムをきっかけに関心を持っていただけると嬉しいです。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)中古マンションの購入、築何年目が狙い

リノベーション、リフォームを考える方の中には、お手持ちのマンションのにニューアルを考える方の他に、中古マンションを購入し、自分好みに作り変えたいと考える方もいらっしゃると思います。

改装、改築を考えてマンションを買う場合一体どのくらいのものを購入するのがよいのでしょうか。

 

築年数ごとにメリットとデメリットを紹介して行きたいと思います。

リビンマッチ好き必見!
中古マンション築年数比較

築2~3年

築あさの物件の魅力はなんといっても設備はまだまだ新しいこと。コンクリートは乾き切っており、新築に近いかたちで物件の取得を考えるなら、築2、3年目の物件を狙うのがオススメです。加えて、中古マンションならではの魅力は、隣人や管理組合の様子をオーナーに聞くことができるというメリットがあります。築2、3年目は物件の購入を考えるうえでお買い得であるといえるでしょう。

 

デメリット

デメリットは、物件によってさほど値下がりしていないどころか、むしろ値上がりしていることもあることです。新築マンションは入居即値下がり! …というのは正しくないことも多い傾向があります。

なかにははこんな声も、、、、

「ぜひ住み替えたい!」と思える新築マンションを見つけましたが、あまりにも高額だったので中古物件が出回るのを根気よく待ちました。入居から2~3年もすると中古市場に出回り始めましたが、全然値下がりしていません……。

築浅物件=お買い得 というわけではありません。

 

築10年未満

築10年程度たつとかなり年月が経っている印象を受けるかもしれません。しかし、マンションの設備や仕様を考えると、築10年程度はまだまだ現役であるといえます。住むのに不自由を感じることは一切ないともいえます。それなのに新築マンションよりお安いので、お買い得感はかなりあります。

 

デメリット

築10年の物件の欠点は設備を考えるとまだまだ現役であることです。内装や設備にこだわる人にはちょっと中途半端であると感じることもあるでしょう。壁紙はまぁ貼り替えるとしても、システムキッチンを総入れ替えするにはさすがに時期早く、もったいないと思います。

 

また、人気のある物件に限っては築10年くらいの経過ではちっとも値下がりしていない場合があります。場合によっては新築マンションと競合するほどです。

 

築20年

さすがに建築から20年も経つと物件は値下がりしてきます。とはいえ、実はコンクリートの耐用年数にもまだ余裕がある状態です。管理がきっちりしている物件を選ぶことで、後10年や20年と長期的に暮らすことも可能です。

 

デメリット

築20年の物件のデメリットは大規模な修繕が始まることです。どのマンションでも10年を過ぎると外壁の塗り直しやら設備の見直しやら何やらと、やることがいろいろあります。

この程度の築年数のマンションを買って住み始めたら、すぐに足場が組まれて窓が開けられない日々が始まったなどの声も、、、大抵のマンションでは修繕費の積み立てを行い、蓄えられた資金から修繕を行っています。とはいえ、お金が足りなくなれは追加徴収があることも。築10年以上のマンションを買う場合、修繕積立金の状況をきちんとチェックしておく必要があるでしょう。

 

築30年

新築から30年間、丁寧に住み続けられた物件はもはや存在感のあるヴィンテージマンションに育っているといってもよいでしょう。設備は古ぼけているかもしれませんが、植栽や意匠などに味のある建物も多いものです。現在新築で売り出されている、チャチャッと建てられる無味乾燥な21世紀のマンションとは違う独特の魅力があります。

 

反面で、味わい深い物件、、等こだわらなければ、築30年にもなるとさすがにこれ以上値下がりしようがないってほど安い部屋が見つかります。好きなようにリノベーションして10年間くらい住む、なんて用途なら古いマンションの方がお安く済みます。

 

デメリット

築30年のマンションでのデメリットは何と言っても安全性です。特に古い耐震基準で建てられていることとなりますので地震等には注意が必要です。

またこの時期のマンションは比較的人の入れ替わりが激しい傾向があります。長期的なご近所付き合いをしたい人には向いていないかもしれません。

リノベーションやリフォームを前提に考えると、昔に建てられたマンションの方が価格と比較し、立地などが魅力的なものが多い傾向があります。古いからといって無条件に対象外にするのはもったいないです。

 

これからリノベーションできる物件をお探しの方に、リビンマッチでは参考になる記事が多く掲載されています。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)中古物件を購入するときの注意点

こちらのサイトではリビンマッチ好きがリノベーション、リフォーム情報をお伝えしています。リノベーションを考える方の多くが中古物件を購入することをかんがえていらっしゃると思います。

割安な価格で物件を購入でき、かつ自分好みに手を加えることができるリノバーション用の物件は近年非常に注目を集めています。

しかし、中古物件の購入には注意が必要な項目も。それは「特約・容認事項」です。特約・容認事項では、通常の契約書に記載されている条文の他に特別な条件や契約事項など後々トラブルになりそうなことを予防するためや、それぞれの物件に応じた内容を記載しています。この記載の中には、見逃すと大変なことになる項目も少なくありません。物件の契約書には様々なことが記載されているため、「全部目を通すのは面倒くさい……」と思っている人方も少なくありませんが、購入後に後悔しないためにも注意して確認する必要があります。

リビンマッチには不動産に関する様々な情報が記載されています。活用できるコンテンツが多いので確認するとよいでしょう。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)リノベーションすることのメリットとは?

前回記事にてリビンマッチの記事を参考に、リフォームとリノベーションの違いについて書かせて頂きましたが、今回はリノベーションをすることのメリットについてご紹介させて頂きます。

リノベーションのメリットとは?

リノベーションすることのメリットとして色々挙げられますが、今回はいくつか参考になりそうなメリットをご紹介いたします。

物件の選択肢が広がる

いざ、希望する新築マンションや戸建ての物件を探すといってもかなり苦労します。新築物件となると数も限りがあるために、納得できるものを上手いこと探し出すのは難しいでしょう。

その点、リノベーション前提での中古物件探しであれば、新築物件よりもはるかに数も多く(実際にインターネットやチラシで中古物件を見たという方も多いのでは?)数が多い分、より希望に近い条件で探すこともできますし、購入後にリノベーションを行うのでそこまで細かく条件を見る必要もありません。

資産としても活用できる

実際に、投資家の方でも新築物件ではなく中古物件を購入する方が多いみたいです。
例えば新築マンションを買ったとしても、結局は次の日から中古となるわけなので新築マンションを3,000万で購入したとしても、20年後は半額の1,500万、もしかしたら7、800万という値下がりもありえるわけです。そのため中古マンションを1,500万で購入しておいたら、購入時点では価格も下がっているし、この価格から値下がりするということもない(多少はあるかもしれませんが、、)
なので、中古マンションの方が損をすることが少ない、という考え方になるのです。

あと賃貸に出したとしても、自分の支払うローンより高く貸せることが多い、家賃を考えると中古マンションだとしても賃貸の場合、新築マンションと比べても賃貸料はそんなに変わりありません。さらにリノベーションしている物件であれば賃貸市場においても希少性があります。

自分のこだわりをとことん追求できる

こだわりと言っても色々ありますが、例えばギターが趣味だから夜でもギターを弾きたい、キッチンは本格的なものに近いものが良い、漫画や小説を沢山置ける本棚が欲しい等々。例は細かいものですが、自分が住みたいと希望する条件でリノベーションを行う。もちろん予算感に応じてどこまでできるかというのはありますが、自分のこだわりを自分でつくる、これがリノベーションでは可能となります。

上記リノベーションのメリット(一部ではありますが、、)についてもご紹介させて頂きました。
メリット内で紹介させて頂ておりますが、決して新築マンションがダメという訳ではありません。新築マンションに住みたい、新築で家を建てたい、私もそう思います(笑)

あくまでリノベーションは選択肢の1つとしてのご紹介ですので、リビンマッチのサイトと併せて、参考になれば幸いです。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)リフォームとリノベーションの違いとは?

リフォームとリノベーションについて同じ意味だと思ってたが、そうではない。
それぞれの違いについてもリビンマッチのサイトにて詳しく開設しているのでご紹介させて頂きます。

リフォームとリノベーションの違いとは?

○リフォーム
「リフォーム」とは、キッチンやトイレといった設備の修繕、壁や天井のクロスの張り替えなどの小規模な工事を指し、古くなった個所を改修して新築当時の状態まで戻すといった主旨で使われることが一般的です。英語の「reform」も「改善・矯正」という意味で、マイナスの状態をゼロの状態にするという意味合いです。

○リノベーション
一方で「リノベーション」は、建物に工事を行い不動産や家を新築時よりも性能を向上させたり、価値を高めることを目的に行われます。和室を洋室に変更したり、間取りを変えるような工事、それに伴った水回りの位置の変更など、一見すると建て替えだと思われるほど大規模な工事を指すことが一般的です。英語の「renovation」も「改装・刷新」といった意味であることから、リノベーションはより新しい機能をプラスしたり、付加価値をつけるようなものを指すことが多くあります。

○リノベーションとリフォームの明確な違いとは?
リノベーションとリフォームの線引きは曖昧で、決まった定義があるわけではありません。しかし、「工事の規模」と「性能」という部分で、それぞれの言葉を使い分けることが多いようです。

・リフォームは小規模な工事で性能を新築の状態に戻すもの

<該当例>

天井・壁のクロスの張り替え、設備の取り替え、外装塗装など

・リノベーションは大規模な工事で建物に新築時+αの性能を加えるもの

<該当例>

間取り、水道管、排水管の変更などに関わる工事

といった違いがあります。これもあくまでも一般的な通例であり、大規模な工事でもリフォームと言ったり、反対に小規模でもリノベーションと言うこともあるようです。

(一部抜粋_参考)
https://www.sumaistar.com/yomimono/renovation/column-renovation/k-rv-001

リビンマッチサイトにて分かりやすく解説しております。詳しくはリフォームとリノベーションで違いなんてものはないようです。
言葉の使い分けというように、それぞれの該当例でみれば分かりやすいのではないでしょうか。

今住んでいる場所で長く住んでいきたいという方で「リフォーム」、「リノベーション」をする方が多いみたいですので、現在検討中の方はまずは専門家に相談してみると良いみたいです。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)リフォームとリノベーションについて

リフォームとリノベーション

リフォームは何となくわかるが、リノベーションって?となる人はきっと自分だけじゃないはず。。

自分は結構、不動産関連の情報集めとして、「リビンマッチ」というサイトを活用しているのですが、その中でもリノベーションという言葉は出てくる。一体なんだ、リノベーションって。リフォームとどう違うんだーー。ということで、リビンマッチサイトでそれらしい記事ないか探してみたところありました。

リフォームとリノベーションの違いって?

サイトを調べてみますと、必ずと言っていいほど、リノベーションとリフォームという言葉の並びがでてきます。

つまり、多くのリフォーム会社はリノベーションサービスも実施しているんです。

では、ここでそろそろリノベーションという言葉の意味について説明させていただきます。

リノベーションとは、ある建物が学校として使われていたとします。

そして、過疎化やその他の理由で建物そのものを本来の目的で使用されなくなって他の会社や行政機関に委託されたり売られたりします。

購入した組織が医療関係であって学校が病院になります。

このように建物の本来の目的から全く別の目的のために改装や改築されることをリノベーションと呼んでいます。

ですからリフォームとは学校が学校という建物の状態を良くするために、つまり本来の目的が変わることなく改善するために改築・改築することがリフォームなんです。

(一部抜粋_参考)
https://www.sumaistar.com/magazine/article/column/kengito/172

要するにリビンマッチサイトの最後にあるようにリフォームは建物本来の目的、学校なら学校として。リノベーションは本来とは違う目的で改装される、学校から図書館など、になるってことみたいです。

なるほど勉強になります。
また、設備が古いから、壊れたから、新しく生まれ変わらせるための不便さの解消がリフォームなら、リノベーションは個々が希望する生活スタイルにあった部屋作りに多少不便でも応えてることをいうのではないでしょうか。(あくまで自分の考えです。)