リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。Mr.リビンマッチおすすめのリビンマッチ(旧スマイスター)サイトでも「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォームとは」
リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。
「リノベーションとは」
一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。

リビンマッチのリノベーション・リフォームのサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチ(旧スマイスター)とは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチ(旧スマイスター)とはどんなサイトなのかをご紹介します。
リビンマッチ(旧スマイスター)とは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ(旧スマイスター)不動産求人情報」「リビンマッチ(旧スマイスター)MagaZine Biz」などを無料で提供しています。
また、リビンマッチ(旧スマイスター)は、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチ(旧スマイスター)は活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ(旧スマイスター)不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチ(旧スマイスター)ではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。
特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。

その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。

デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。

誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。

リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。

 

 

次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時

まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費

リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後

管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

このような理由からリビンマッチ(旧スマイスター)が選ばれているのです。

 

「リフォームとリノベーション」への5件のフィードバック

  1. 我が家をリフォームする際の業者選定で拝見しました。
    不動産系の比較サイトは多いので何が正しいのかで悩んでいたので、非常に参考になりました。施工事例やアフターフォロー、補償などのポイントは大事ですね。実際リビンマッチというサイトもかなり見させて頂きました。

    1. ヨシダ様
      サイトご覧になって頂きありがとうございます。
      参考になったいうお言葉、立ち上げて本当に良かったです。
      また他にも様々な情報もございますので、宜しければ覗いていって下さいませ。

  2. このサイトを見るまで恥ずかしながらリノベーションとリフォームの違いを知らなかったのですが、詳しく説明されていて大変参考になりました。違いの紹介だけでなく、業者の選び方や注意点なども紹介されていて、これからリフォームしようと考えている自分にとっては按針できる知識を身に着けることができました。

  3. リノベーションのトラブルや業者選びなどの記事がタメになりました。同居している高齢の義母のためにリノベーションを考えていて、初めてのことなので不安でしたがこのサイトで多少の知識を身につけられたきがします。

  4. 普段臭いや色がつくのを気にして換気扇の下でたばこを吸っていたんですが、引っ越すにあたって壁紙の張替えとかリフォームは必要になるのかなと思って調べてました。気にしていても壁に臭いが染みついてるんですね…。たばこの記事以外も読みました。参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です