リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)リフォームと不動産買取

不動産買取にリノベーション、リフォームは欠かせない鍵となってくるようです。今回は不動産買取のメリット・デメリットとリフォーム・リノベーションについてご紹介します。

不動産を早く売却したい、相続不動産の売却は「不動産買取」が適しています。ここでは不動産買取のメリット・デメリットを詳しく説明します。

不動産買取のメリット

①売却までの期間が短い

「不動産買取」の売却先は不動産業者となります。
「不動産仲介」と違い、広告や宣伝による買い手探しが必要ありません。
また、買い手希望者の内覧を行なう必要もなく、面倒な価格交渉もしなくて良いのです。

不動産業者の査定額=買取額となるので、「不動産仲介」よりも売却までの期間が短くなります。
売却を早くしたい方には適した売却方法と言えます。
売却期間の目安は「不動産買取」で2週間~1ヶ月、「不動産仲介」で3ヶ月~6ヶ月と言われていますので、売却期間が短い分売却までのスケジュールが立てやすいというメリットがあります。

②資金計画が立てやすい

「不動産買取」は売却までの期間が短く、かつ売却価格があらかじめ分かっているため資金計画が立てやすいというメリットは前述したとおりですが、不動産売却は基本として住宅ローンの完済が前提となっています。
「不動産仲介」の場合、価格が確定しない段階で売却価格がローンの残債を下回ってしまうと、差額を補填しなくてはなりません。

その点「不動産買取」の場合は、残債がある場合でも金融機関との交渉を代行してくれるので、売却した後に新たに購入を予定されてる場合は、ローン計画が立てやすくなります。
さらに「不動産買取」は相続対策の場合も有効な場合があります。

複数人の相続人がいて早期に現金化したい時や相続対象の不動産が遠方で土地勘がなく、出向くことが難しいといった場合は「不動産買取」を検討しても良いかもしれません。
関連記事:「「相続税」についての解説」

③他人に知られないで売却ができる

不動産の売却にはさまざまな理由があり、場合によっては他人に知られたくない方もいらっしゃると思います。
一般的な「不動産仲介」は広告やチラシなどで購入希望者を募る場合があるので、近所の方や他人に知られることがありますが、「不動産買取」の場合は、不動産業者が買い手となるため、内覧会などはなく、公開されることがありません。

④瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を免除される

売却物件に隠れた瑕疵(設備や構造部分の欠陥など)が見つかった場合、一定期間売主は買主に対して責任を負わなくてはなりません。
これを瑕疵担保責任と言います。

「不動産買取」の場合、買い手が不動産業者となるため、瑕疵元歩責任を免除されます。
売却後に設備不良が原因で売主と買主の間でトラブルが発生する事が問題となりますが、不動産買取の場合はリフォームの必要がなく、すべて買い取り側の不動産業者任せなので余計な費用もかかりません。
売却後のトラブルも発生せずスッキリと売買を成立させる為にも不動産買取はオススメです。

⑤仲介手数料が掛からない

「不動産買取」の買い手は不動産業者となるので、仲介手数料が掛かりませんので、引越しやローンの頭金などの費用に充当することができます。
例えば、3000万円で売却した場合の仲介手数料は96万円+消費税となります。

不動産買取のデメリット

①買取価格が安くなる

「不動産買取」の売却額は「不動産仲介」と比較して安くなる傾向にあります。
おおよその相場としては「不動産仲介」の70%程度と言われています。

不動産業者は買い取った不動産をリフォームやリノベーションをして転売して利益を得ます。
そのため安く仕入れるので「不動産買取」の方が安くなる傾向にあります。

②「不動産買取」では不利な物件もあり

物件によっては「不動産買取」の方が不利な物件も存在します。
例えば「新築」の物件がそれです。

「不動産買取」をした不動産業者のメリットは「物件を安く購入してリフォームして販売」する点にあります。
新築の物件はリフォーム要素が少ないため、一般の仲介の方が高く売却される可能性が高くなります。

・「損して得を取れ」?金額的デメリットと作業的メリット

どうしても額面が安くなってしまう「不動産買取」ですが、金銭的デメリットばかりでなく作業的メリットも考慮に入れましょう。
前述したとおり、不動産買取の場合は「瑕疵担保責任の免除」というメリットがあります。

売却価格が安い理由として「リフォーム費用」などを含めた買い取り価格となる為なので、売主はリフォーム費用を心配する事なく全て不動産業者におまかせして売却ができるのです。
金銭的デメリットはリフォームなどの作業的メリットと考えると却ってお得と言えましょう。

ただし業者の査定も様々なので、必ず何社か見積もりを取って比較する事をおすすめします。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)中古マンションを買ってリノベーション

最近、中古のアパートやマンションを購入して賃料収入得ることで、将来にわたって収入が確保できて安心だと考える人が増えているようです。

アパート管理を自分でするのが難しければ業者に頼むことが可能で、実際、多くの人はアパート管理を委託しています。メンテナンスや清掃のほか、入居者トラブルも対応してくれるため、ほとんど手間がかからないようにすることもできます。

新築物件だと手が出にくいかもしれませんが中古アパートなら比較的購入しやすい上、リフォームやリノベーション次第では人気物件になることも珍しくありません。築年数が長いと賃料相場が下がることもありますが、駅から近いなどの立地条件がいい場合は古くても空室が出にくく安定した収入が期待できます。特に周辺に大きな公園や商店街がある物件は、中古でも常に人気です。

時間があればアパート管理を自分でしたいと考える人も多く、定年退職後に自分でアパート管理を行うことも定年退職後のライフスタイルとして人気です。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)今人気のリノベ 「アーバンアウトドア」

今中古マンションを購入した人の中で、都会で自然を感じる生き方「アーバンアウトドア」をテーマにしたリノベーションが人気なのをご存知でしょうか。

最近巷では、週末に都会を離れて自然を満喫できるキャンプが流行っているようです。その流れを受けて自宅でも自然を感じなれるような家づくりをしたいという方が多いようで、「アーバンアウトドア」のリノベーションは少しずつ人気となってきているようです。

アーバンアウトドアとは

冒頭でも説明しましたが、アーバンアウトドアはアーバン(都会)とアウトドア(野外活動)を足して作られた造語であり、都会で自然を感じる家をテーマにまるでキャンプを行なっているように作られたリノベーションの部屋のことを指すようです。

ハンモックが部屋に

アーバンアウトドアでは、部屋にハンモックがあったり、テラスのタイルをデッキテラスに変えたり、壁面に有孔ボードを使ったり、木製チップを部屋の各所に使用したりと部屋の中にいながらキャンプ気分を自宅で味わうことができます。

「アーバンアウトドア」のリノベーションは普及してきているようですが、まだ支流ではないようです。そのためアーバンアウトドアのリノベーションを行なっているリノベーション業者は多くないようです。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)土地活用とリノベーション

土地活用には、駐車場経営から戸建て賃貸、賃貸経営(小規模~大規模)と様々な方法がありますが、どの方法を選ぶ場合も重要なのが「土地活用のパートナー(業者)選び」です。そのため土地活用にはリノベーションを行う業者のパートナー選びが鍵となります。

土地活用はオーナー1人ではできない

不動産オーナーには、様々なパートナー候補が「土地活用をしませんか?」と誘いを掛けてきます。たとえば駐車場やマンションを建設する業者、入居者の募集・管理に関わる業者、あるいは土地活用のための資金を融資する業者などです。

ここで注意したいのは、「土地活用を勧める業者にも、何か自社の利益になることがあるからこそ、不動産オーナーに土地活用を勧めている」という事実です。どのような業者が、どんな利益のために土地活用を勧めるのかを知りましょう。

業者を見極めるチェックポイント

・土地活用のどのステップ(建築、入居者の仲介、物件の管理、融資、土地活用全体のコンサルティング……)に関わる業者かを把握しましょう。

・業者の経営状態はどうか? ホームページ等で財務諸表が公開されているかをチェックしましょう。

・土地活用の明るい見通しばかりを強調するのではなく、リスクについても説明をしてくれましたか?

・周辺地域のニーズを業者がどのように把握しているか、そのニーズを賃貸経営にどう活かそうとしているのか、を賃貸オーナーに分かりやすく説明してくれるでしょうか?

・将来の入居者ニーズの見通しについても、入居率の低下を考慮し、堅実な計画を立てる業者かを見極めましょう。

「建築する」ことで利益を上げる業者

ハウスメーカー、工務店、ゼネコンなど、「建築する」ことで自社の利益を上げる業者は、建築・設計のノウハウについて優れたものを持っています。ただし、マンション建築が済んでからの入居者募集や、経営管理については、自社内で対応できる業者ばかりではなく、同系列の他社が行う場合や、提携事業者が行う場合もあります。また、土地の場所や人通りの多寡によっては、「マンション経営を選ぶべきではなく、駐車場経営のほうが向いている」という場合もあります。にもかかわらず、戸建て賃貸やマンション建築を勧め、自社の利益を上げようとする業者もあるので、注意してください。

業者を見極めるチェックポイント

・オーナーが「建てたい建物」に関する建築ノウハウを持っている業者でしょうか?

 (例:鉄筋コンクリート造の大型建築物はゼネコンが得意としていることが多いですが、ハウスメーカーにもツーバイフォー、軽量鉄骨など得意分野があります)

・設計担当者と賃貸オーナーが直接、納得がいくまで話し合える場を設けてくれるでしょうか?

・契約を急がせるばかりでなく、トラブルを防ぐための説明責任を果たしてくれるでしょうか?

・「建築する」ということが終わってからのアフターフォロー体制は充実しているでしょうか?

・過去に施工した現場を見学させてくれるなど、確かな実績と信頼を持つ業者でしょうか?

賃貸経営に携わることで利益を上げる業者

賃貸仲介業者、賃貸管理業者など、賃貸物件の借り手と貸し手の橋渡しをすることで利益を上げる業者が、土地活用を持ちかけてくることがあります。この場合「どの地域に、どのような物件の借り手が多いか」を業者が把握しているため、借り手のニーズに応じた設計・経営計画を立てることができるでしょう。

ただし、賃貸仲介業者や賃貸管理業者は「既にできあがっているマンション・アパートの借り手を探す」「入居者や物件の管理業務を行う」ことが主な仕事であり、「建物が完成してから」が出番という姿勢の場合もあります。

業者を見極めるチェックポイント

・入居希望者が物件探しをしやすいよう、平日の夜間、土日にも営業を行っているでしょうか?

・入居者募集にあたって、物件の魅力を伝える広告を打ち、インターネットも活用しているでしょうか?

・賃貸物件への入居から退去まで、入居者の要望・クレームなどに対してきめ細やかなサービスを行っているでしょうか?

・賃貸物件オーナーへの報告・連絡・相談は綿密に行わる体制づくりができているでしょうか?

・入居者が決まらない場合や、退去後のリフォーム・リノベーションなどに関して相談に乗ってくれるでしょうか?

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)リノベなど不動産に関する資格

リノベーションなどの不動産に関する資格があるのを皆さんご存知だったでしょうか。
アパート経営・マンション経営は、多くの専門業務を要する不動産投資です。専門家が必要な業務から、場合によっては自分でできる業務まで、実に様々な専門的知識を要します。

細かく上げるとキリがありませんが、投資や不動産に関する知識を持っていると、それが有利に働くことがあります。
逆に言えば、これらの専門知識を要する投資を、何も知らないままで始める、既に始めているというのはリスクが高いと言わざるを得ません。

今回はアパート経営・マンション経営に必要な知識について、資格の面からご紹介していきます。

アパート経営・マンション経営に資格は必要か

結論から言えば、アパート経営・マンション経営自体には、必要資格は定められていません。
オーナーは資格も免許も必要ない事が、メリットでもあります。

ただし、実際にアパート経営・マンション経営を始める、あるいは志して情報収集をしてみると、あまりにも専門的な話が多くて驚かれる方が多いようです。

各分野に専門家がいるため、これらの知識を習得しなくても、経営自体は「ほぼ任せっきり」が可能であるのも事実ですが、健全な経営で収益をあげ、自分の理想とする生活を実現するためには、その意向を専門家にしっかりと伝えるための知識が必要となります。

また、専門家を選定するのはオーナー以外にないのですから、そのためにも知識が必要と言えるでしょう。

このような理由から、知識習得を目的として、資格取得を検討する方も多いようです。
特に人気の資格は、「宅地建物取引士」「マンション管理士」「管理業務主任者」「不動産実務検定(旧大家検定)」です。

事項で各資格の特徴を検証します。

アパート経営・マンション経営に活かせる資格

宅地建物取引士、マンション管理士、管理業務主任者、不動産実務検定。
この4種類の資格が、アパート経営・マンション経営においてどのように役立つのか、詳しい内容を追って考えます。

・宅地建物取引士
略して「宅建取引士」「宅建」とも呼ばれる国家資格です。

「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」へ移行され、いわゆる「士業」と言われるようにもなりました。
認知度も必要性も非常に高く、不動産会社では5人に1人の割合で設置が必要とされます。

最大の特徴は、「物件に関する重要事項の説明」「重要事項説明書への記名・押印」「契約書への記名・押印」という3つの独占業務を持つことです。

この独占業務遂行のためには、不動産知識や関係する法律知識がなければいけません。
そのため、試験も宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれており、主な試験内容としては、土地・宅地・建物についての種別や構造、評定、権利、法令、税などがあげられます。

この知識の習得により、自分自身がオーナーとして物件を取得する際や、アパート経営・マンション経営の要所要所で問われる判断力が養われます。

試験の合格率は15~17%程度です。

詳しくは「宅建(宅地建物取引主任者)はマンション経営において役立つか」参照

・マンション管理士
平成12年12月に成立、平成13年8月に施行された「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(マンション管理適正化法)」により誕生した国家資格です。
マンションの管理組合や住民からのトラブル相談に応じて、法的手段を用いて解決に導いていくコンサルタント的な役割を果たします。

主な業務は、管理規約、使用細則、長期修繕計画等の素案の作成、区分所有者間のトラブル解決に向けての予備的交渉等、大規模修繕工事の計画・実施、居住者の義務違反、管理費の滞納等へのアドバイスなどがとされています。

上述の通り、コンサルタント的な役割を果たすため、資格取得に必要な知識は広範囲で難易度が高いと言えます。
試験の合格率は8~9%程度です。

主に分譲マンションにおける管理組合のコンサルタント的な知識習得となりますが、建物管理や入居者間トラブルについての知識などは、賃貸住宅を経営するうえでも役立ちます。
また、オーナーの信頼性を高めるにも有効です。

詳しくは「マンション管理士資格はアパート経営・マンション経営において役立つか」参照

・管理業務主任者
マンション管理士と同じく、「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(マンション管理適正化法)」により誕生しました。
マンション管理業者が、管理組合等に対して、管理委託契約に関する重要事項の説明や、管理事務報告を行う際に必要な国家資格であり、その業務内容は、マンション管理のマネジメントとも言えるでしょう。

「管理委託契約に関する重要事項の説明」および「重要事項説明書・管理委託契約書への記名・捺印」や「管理事務報告」は、管理業務主任者の独占業務のため、マンション管理業者には管理業務主任者の設置義務があり、事務所ごとに、30組合に1名以上が設置されます。

資格取得には、マンション管理適正化法を始めとした建築物の維持保全に関する関係法令への理解や、建築物・建築設備の知識、管理組合の財務に関する知識を要するため、アパート・マンションオーナーにとっても、所有物件の管理において役立つ知識が得られます。

試験合格率は20%程度です。

詳しくは「管理業務主任者資格は不動産投資において役立つか」参照

・不動産実務検定
一般財団法人 日本不動産コミュニティーが認定する検定で、元は賃貸経営実務検定(大家検定)と呼ばれていましたが、現在では「不動産実務検定」として名称が変更されました。

『健全な経営を実現したい大家さんや、これから不動産投資によって安定した将来を実現したい方、また、より高度なコンサルティング技能を身につけ顧客に安心したサービスを提供したい建築不動産関係の方のために不動産運用にまつわる実践知識を体系的に網羅した日本初の不動産投資専門資格』(引用:一般財団法人 日本不動産コミュニティーHP)
とされており、検定には1級、2級があります。

≪1級試験内容≫
ライフプランニングに応じた投資スタイル、不動産投資実務全般、不動産の調査、不動産関連法規、借地取引の基礎、競売の実務、事業収支計画、税務、ファイナンス、建築構造に関する知識など、総合的かつ専門的な不動産投資実務が対象。

≪2級試験内容≫
アパート・マンション経営に必要な法律知識、税務、ファイナンス、満室経営維持に必要な管理実務知識、賃貸借契約の種類と締結方法、賃貸経営に関わるリスクへの対処法、コンバージョン・リノベーション・リフォーム手法の知識、入居者の多様化に伴う賃貸経営実務知識が対象。

呼び名(大家検定)の通り、まさにアパート・マンションオーナーが必要とする知識の検定のため、注目・期待されています。

合格率は1級が48%程度、2級が62%程度です。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)タバコとリフォーム

健康増進法改正でなにかと肩身が狭くなっている愛煙家の皆様に。今回はリフォーム、リノベーションでも愛煙家が損をするというお話をお届けしたいと思います。リビンマッチマガジンより、喫煙によるリフォーム負担についての記事をまともとお届けしたいと思います。

愛煙家が求められるリフォーム負担とは

賃貸住宅では、入居者が契約終了で退去する際に原状回復工事を行います。原状回復とは、部屋内の劣化のうち入居者の故意・過失で発生した損耗を復旧する作業のことです。リフォームに掛かる費用は、入居者が負担するものになっています。とはいえ、通常の生活で発生する損耗は家主が負担すると決められています。通常の生活で発生する損耗には、家具の設置で付いた床のへこみや冷蔵庫使用による壁紙の電気焼けなどがあります。しかし、不注意でつけた床の傷や扉の故障と並んで、タバコによる壁紙の変色は入居者負担とされています。

そうです。部屋で定期的にタバコを吸っている場合、部屋の退去時に壁紙を張り替える費用を支払わなければいけないのです。

原状回復にかかる費用とは

喫煙の有無でリフォーム費用に、いくら位の差が出るのでしょうか。ある関係者によると、もし1K6畳のアパートでリビングでタバコを吸っていた場合、
「壁紙を全面張り替えることとなるので、約8~9万円の費用が掛かってくる」という話もあります。壁紙を汚さないように気を付けて換気扇の下で吸っている場合でも、換気扇では全ての煙を吸いきれるわけではありません。色が変わっていなくても臭いが染み付いていることが少なくないのです。そのような場合、管理会社や大家さんから負担をもとめられることになります。

ベランダでの喫煙にも壁

それでは、ベランダでタバコを吸えばいいのではと考える愛煙家もいらっしゃるかもしれません。しかしここにも問題があるのです。ベランダは入居者の専有部ではなく、他の入居者との共用部なのだということを忘れてはいけません。
ベランダでの喫煙では、副流煙が隣の部屋に流れてくることが少なくありません。ベランダを含む共用部での喫煙を禁止するマンションも増えてきています。

今回は喫煙者に求められるリフォーム負担についてお届けしました。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)リフォームで子どもの安全対策

リフォームやリノベーションを考えるきっかけは様々ですが、そのなかでも多いのがライフステージの変化によるものです。リビンマッチを参考にする人のなかでも、子どもの誕生をきっかけに、住まいを見直す人は少なくないでしょう。

今回は子どもが安心して暮らせる住まいについてお届けします。ぜひリフォームの参考にしてみてください。

住宅で起きる子どもの死亡事故

世界保健機関(WHO)基準の分類では0~19歳までを「子ども」としている。
子どもの死亡原因で一番多いものは何かご存じだろうか。0歳児に限れば「先天的な奇形・染色体異常」が一番だが、1~19歳の死因第一位は「不慮の事故」であるといわれています。

不慮の事故のなかでも多いのが家庭内での事故です。家庭内の事故のなかには、あらかじめ対策していれば防げるものがあります。家庭内のどこに危険があるのか、あらかじめ把握しておくことが大切です。

家庭内事故ナンバーワンは風呂場

家庭内事故が多いのは風呂場であるといわれています。特に、最近の浴槽は、高齢者を意識して作られており、ヘリが低くなっているという特徴があります。浴槽のヘリが50cm以下の場合は注意しなければいけません。ちょうど歩行を覚えたばかりの1歳児がヘリに足をかけたり、浴槽を前のめりに覗き込める高さが50cmだからです。洗濯や災害時のために残り湯を溜めている場合、浴槽に転落し溺れてしまうケースがあります。風呂場での死亡事故は毎年40件ほどあるといわれています。

死亡リスクが高いベランダ事故

ベランダからの落下死亡事故も年間に20~30件ほど起こっているといわれています。というのが、昨今のベランダは、横柵や横板になっているものが多く、子どもが足をかけてよじ登ることができてしまうことが原因の一つだといいます。他にも、エアコンの室外機の上にあがり、外に転落してしまうケースも多いそうです。子どもが誤ってベランダに出ないように補助錠の設置したり、窓の開閉を調整するストッパーの取り付けを検討することが大切です。

自治体によってはこうした事故を防止するために子育て世帯への助成金制度を実施しています。東京都墨田区では「子育て世帯住宅リフォーム支援制度」という制度を設け、安全に子育てができる居住環境の整備を目的に、助成金を交付しているようです。

ぜひ参考にしてみてください。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)中古住宅の購入者アンケート

住宅を販売する際に悩むのがメンテナンスのこと。中古住宅の購入者が考えるリフォーム、リノベーション事情とは一体どのようなものなのでしょうか。
リビンマッチ総研の行った調査結果について参考にしてみましょう。

<リビンマッチ調査概要について>
■調査期間:2017年10月18日~11月9日
■調査手法:インターネット調査(任意でアンケートに回答)
■集計数:「リビンマッチ」を利用した成人男女、全国592人

中古住宅購入者が考えるリフォーム事情とは

【調査】中古住宅を買うなら? 買い手側の本音は…
リフォーム済みの方が良い 68.2%!
リフォーム前住宅希望者は財布のひもが固い?

不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ(https://www.sumaistar.com)」を運営する株式会社シースタイル(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無)は、「リビンマッチ」を利用した住宅を売却予定の成人男女全国144人を対象に行った「売却予定住宅のリフォーム」についての調査で、12.5%が売る前にリフォームし、約半数がその予算・費用を100万円未満に抑えていることがわかりました。そこで今回、「リビンマッチ」を利用した成人男女全国592人を対象に「中古住宅を購入するなら、リフォーム前かリフォーム済みか」についての調査を行いました。

【調査結果サマリー】
・ポイント1 アンケート全体の約7割がお得感の高いリフォーム済みの住宅を希望!
・ポイント2 好きな設備や間取りに変更したいが、予算は50万円未満が最多!

・ポイント3 リフォームしたい場所は水回りがトップ3独占!

「リフォーム済み住宅人気の理由は『キレイ』『即入居可』『リフォームの手間が省ける』が50%超」

リビンマッチの利用者に「もし中古住宅を購入するなら、リフォーム前とリフォーム済みではどちらが良いか?」を聞いたところ、『リフォーム前の住宅』31.8%、『リフォーム済みの住宅』68.2%となり、リフォーム済みの住宅の人気が高いことがわかりました。

そこで、リフォーム済みの住宅が良いと答えた人に理由を聞きました。『キレイ』56.7%、『即入居できる』53.7%、『リフォームの手間が省ける』52.5%と多く、『リフォーム後がイメージできない』も8.4%いました。

「リフォーム前の住宅希望者の財布のひもは固い?」

では、リフォーム前の住宅が良いと答えた人の理由は何でしょう?『好きな設備や間取りに変更できる』53.2%が最も多く、『劣化状況が確認できる』33.5%という堅実な人や『リフォームするつもりがない』21.8%、『自分でリフォームする』1.1%などもいました。

つづいて「リフォームの予算は?」というお金の事情をうかがいました。『50万円未満』26.6%が最多となり、住宅をリフォームしてから売却と考えている人の予算・費用の最多額が50万円以上100慢円未満だったことと比べると、購入者の方が財布のひもが固いとも言えるでしょう。

「不動の人気!リフォームしたいは水回り」

さらに「リフォームしたい場所」を聞きました。1位は『キッチン』48.9%、2位『バスルーム』43.1%、3位『トイレ』37.9%となり、住宅の中でも使い勝手が要求されやすい水回りのリフォームが人気です。また『和室』『洋室』『リビング』『ダイニング』はいずれも10%未満と少数でした。

家を売りたいと考えている人は、そのまま売るのではなく、リフォームした方が売りやすいのでしょうか。

立地によってもの事情は大きく異なってきますが、参考になりそうですね。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)建設会社の選び方

2つの選択肢

リフォームやリノベーションに欠かせないのが建築会社。建築会社を選ぶには2つの方法があります。分けて二つの方法があります。まず一つは設計事務所を決めて、設計だけを先行させ、役所と同じように、入札させて建設会社を決めるやり方です。もう一つは設計事務所と仲のいい建築事務所にオーダーする方法です。

前者ですと、最初から一社に絞って発注する場合よりも、建設代金を低くすることができます。 ただし、役所の入札で談合問題が表面化しているように、思ったほどコストダウンにならない場合もあります。その理由の一つとして、設計事務所の多くが、建設主からの直接の注文よりも、建設会社(ゼネコン)から仕事をもらって細々と経営しているので、必ず特定の建設会社とのつきあいが深いものであることが挙げられます。そうなると、その建設会社に仕事を紹介しようとするので、入札、させても談合して、その特定の建設会社 に決定し、価格も思ったように安くならないということだって考えられるのです。これを防ごうとするならば、必ず施主方自身が、適当な建設会社を選んで見積もりを取っていくという方法です。とはいえ、複数の建築会社に連絡するのは面倒くさいものです。

設計事務所と仲のよい建築会社に工事をお願いした場合、スムーズな進行が可能な代わりに、1社のみでの見積もりとなりますので多少割高になる可能性もあります。

建築会社を使わない!?

またリフォーム等の簡易的な工事の場合は、設計事務所や建設会社を探さずとも工務店等で工事が事足りることもあります。

大切な住居のメンテナンスのためには建築会社についても使うべきか、どのように選ぶのか、複数の選択肢を設けて比較することが大切です。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、リビンマッチから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(リビンマッチ)設計事務所の選び方

リフォームやリノベーションを考えた時、欠かせないのが設計事務所。リビンマッチをご覧の皆様に今回は設計事務所の選び方についてお届けいたします。

設計事務所選びを考える

設計事務所は相談相手としてだけでなく、どんな建物を建築する場合にも必ずつきあっていかなくてはなりません。設計の腕によって住まいの使い勝手や住宅としての質は大きく差が出るものなのです。

設計事務所というと、有名設計事務所の奇抜なデザインや、人目を引くような建物ばかりに目がいきがちで、本来の設計技術には素人はなかなか気がつきません。しかし、素人がすぐに気がつかないところに設計の差が出ます。

では設計事務所は設計に関して万能かというとそんなことはありません。設計事務所には得手不得手があります。一般住宅が得意、アパート、マンションが得意、老人ホームが得意、倉庫が上手等、設計事務所にはそれぞれ得意な分野があります。もちろんなかにはすべてに精通しているところもないとは言えませんが、大手でない限り、得意、不得意があります。設計事務所の大半は所員1人~4人、所長1人の5人以下の零細企業です。所員が一人もいなくて所長1人だけであるというところだってかなりあります。そうすると、得意な分野は限られてきます。

設計事務所というと敷居が高く、なかなかこちらからはアプローチしにくいものですが、 まず電話をかけて、どんなことをしているのか(どんな業務をしているか)、どんな建物 を設計したことがあるか等を聞いてみて、それから面談したのちに、お願いすればよいのです。
とはいえ、いきなり電話をかけるのは怖いもの。そんな時にオススメなのがリビンマッチなのです。

個人住宅の設計を頼む場合は、住宅雑誌で紹介されているなかから、自分のフィーリングに合ったところに頼むというのもいいでしょう。とはいえ、何を重視するのか、しっかりとリストアップしながら面談に進むことをオススメいたします。

リノベーションやリフォームに欠かせない設計事務所選びについては以上です。