リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリフォームの調査

「Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は「【調査】家を売る時、リフォームする?」をご紹介します。

【調査】家を売る時、リフォームする?

 

住宅売却予定者の12.5%が売る前にリフォーム!

リフォームしたい場所 2位は「キッチン」、1位は・・・。

不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営する株式会社シースタイル(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無)は、11月18日の「住宅リフォームの日」(一般社団法人日本記念日協会認定)に合わせて、「リビンマッチ」を利用した住宅を売却予定の成人男女全国144人を対象に「売却予定住宅のリフォーム」についての調査を行いました。

【調査結果サマリー】

・ポイント1 アンケート全体の12.5%が売る前にリフォーム!

・ポイント2 売却住宅のリフォーム予算・費用は50万~100万円未満が28.8%で最多。

・ポイント3 リフォームしたい場所は水回りと壁。

 

「約半数がリフォーム代は『100万円未満』に抑えたい」

 

つぎに住宅をリフォームしてから売却と考えている人に「リフォームの予算・費用は?」というお金の事情をうかがいました。多かったのは『50万円以上100万円以下』28.8%と『50万円未満』17.3%で、約半数の人が100万円未満に抑えたいと考えていることがわかりました。その一方、『500万円以上』と答えた人が9.6%もいました。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリノベとアプリ

「Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は、「リノベとアプリ」です。

新しいリノベの方法

 

リフォーム業界にとってリノベーションができることは多角的に様々な受注ができるというメリットがあります。しかし、リノベーションという方法でビジネスをしていこうと考えているのは、リフォーム業界だけではないようです。

最近では、リノベーションをアプリケーションでお客に実際の完成図を送って受注までおこなってしまうアプリケーションを提供している企業が増えているようです。

アプリケーションはスマホと電波があればどこでも使えるので、リフォーム会社に電話などで問い合わせをしたり、リフォーム会社のお店に直接出向くこともなく簡単に使用することができます。

そのため、クライアントにとってはその場でイメージできるので時間も手間も省けます。

またアプリケーション上で、クライアントがアイデアとして提示されたものの見積もりまでおこなってくれ、そのままアプリケーション上で実際にリノベーションをお願いするという方法です。

このすべてのプロセスをスマートフォンを使っておこなうことができます。

 

物件探しも一緒に行える

 

先ほど紹介したアプリケーションですが、リノベーションの受注などと一緒に物件探しも簡単にすることができるようです。

もともとリノベーションをしようと考えている会社の強みとして、もう売れなくなった物件とくに部屋があるという点を上げることができます。

または使われなくなった物件あるいは部屋を見つけ出し、リノベーションすることができるという点です。

そのため極端に安い部屋も見つけることも可能と言われており、その情報収集力を生かして安いお部屋探しもサービスとして提供しているようです。

そのため、リノベーションをアプリケーションで行おうとしている企業では物件探しも簡単に行えるようです。

またリノベーションをアプリケーションで行おうとしている企業は、他の不動産会社と違ってあらゆる場所にオフィスを構える必要もないので大幅な経費削減にもなっているようです。

そのためかなり安い値段での交渉ができるともいわれています。

 

 

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリノベーションと床の関係

「Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は、「リノベーションと床の関係」です。

なぜリフォームするのか

リフォームする人々の動機はそれぞれあると思いますが、古いマンションを現代風にするために行うという方は多いのではないのでしょうか。

リフォームをすると内装の見た目を新しい素材に置き替えれば表面上はそれなりに新しくなります。

例えば、ペンキを上塗りすることや壁紙を張り替えるだけでも、見違えるように綺麗になりますが、これでは、単なるリフォームで、リノベーションとは言えません。

リノベーションとは

 

「リノベーション=リフォーム+イノベーション」と言われているので、ただ綺麗にするのではなく何らかの新しい価値を創造して始めてリノベーションといいます。

そこで、まず注目してほしのが「床」です。
「床なんかコンクリートのマンションなんだから、フローリングを直貼りすればいいのでは?」と考える方が多いと思いますが、実はマンションのリフォームで一番問題となっているのが音の問題なのです。

コンクリートの床はスラブの厚さが重要です。ただ、鉄筋コンクリート造りの建物でも、昔の建物は意外と床面のコンクリートが薄く、上階の音が響く構造の建物が多いともいわれています。そのためリノベーションに置いて要となるのはスラブ厚は何㎜か、つまり床のコンクリートの厚さともいえるでしょう。

またコンクリートの厚さは変えられないため、特にリフォームで重要なのは軽量衝撃音です。

軽量床衝撃音は周波数が高いのですが、カ―ペットを敷くなど床の表面材を替えるだけで防止することができます。

逆にいうと、今まで畳で軽量衝撃音が防がれていたものを、フローリングに変えることで、遮音機能を低下させたりします。安いリフォームで失敗するのが、ほとんどがこの遮音性能の低下です。

音はマンションのトラブルで最も日角が多い問題といえます。

そのためマンションでのトラブルを避けるためにもリノベーションされる際には「床」に注目してみてはいかがでしょうか。

 

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説する猫のためにリフォーム

「Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は、「猫のためにリフォーム」です。

猫ブーム

吠えない、散歩がいらない、食費もそんなにかからない。

このような要因もあり、飼いやすいと言われることから猫を飼うことがブーム担っていると言われている。

そのためこれまで圧倒的な差があった犬と猫の飼育頭数の差が年々と縮まっており、

2017年1月の発表では犬が約987万8000匹に対して、

猫が約984万7000匹まで迫っている。

一般社団法人ペットフード協会が17年1月に発表した。

数年以内に猫が犬を逆転するともいわれている。

一方で、猫が飼える賃貸住宅は少なく、全体の約5%ほどといわれている。

猫仕様にリフォームで入居者アップ?

 

猫仕様のリフォームでは、猫が上りやすいようステップや専用のハンモックを設けるほか、

傷がつきにくい床と壁紙などを使って改修するよう。

リフォーム費用も10万~30万円ほどで改修できるため、

大規模なリノベーションや設備交換に比べ低価格での空室対策として人気のよう。

犬に比べて比較的飼い安いと言われている猫のペットブームは引き続き続き

犬を飼う人を上回る日がやってくるかもしれない。

マンションの空室対策として「猫仕様のリフォーム」は効果的なのかもしれない。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリフォームすると売却しやすくなるのか

「Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は、「リフォームすると売却しやすくなるのか」です。

リフォームをすると売却しやすくなるのか

不動産を売却する際に「より高く」「より早く売れる」ことを期待するオーナーさんがほとんどだと思います。ではリフォームをして綺麗にすれば良いのかといえば、一概にそうとは言い切れないです。確かにリフォームをおこなったことによって買主への印象が良くなることは期待することができます。

しかし、水回りなどのリフォームには大きな金額がかかることが多く、そういったリフォーム代金を回収できる保証はありません。そのため中古物件で購入する方は自分でリフォームすることを想定して物件を見ていることも多いようで、その場合には内装の綺麗さよりも、販売価格の安さを重視する可能性が高いです。

そのためリフォーム代金を販売価格に含ませて相場より高く売るよりも、少し見栄えが劣っても相場に沿った金額で販売価格を設定した方がリスクは少ないと言えるかもしれません。

しかし内覧時の第一印象は購入する方にとってとても印象に残り購入の際に大きく関わってくるところなので、黄ばんだ部分のクロス張替えなど、低価格でできる範囲のリフォームで物件を綺麗にしておくと、他の物件との差別化を図ることができるかもしれません。

「取得費」と「譲渡費」

売却前にリフォームを施した場合、このリフォーム代金は「取得費」あるいは「譲渡費用」として計上するとはできるのでしょうか。

取得費とは取得する建物や敷地の購入代金・建築代金・建築手数料のことを指し、設備費や改良費も取得費に含まれます。しかし、この場合は売却のためのリフォームなので、取得するための設備費・改良費とはみなされないでしょう。

譲渡費とは土地や建物を売却するために直接かかった金額のことを指します。したがって、リフォームが売却するために施されたと認められれば、譲渡費として計上できる可能性が高いでしょう。

仮に売却とは関係ないリフォームの場合、一般的には維持や修繕が目的となるため取得費・譲渡費のどちらにも含まれません。しかし、そのリフォームが資産価値を高めるようなものであれば「資本的支出」として取得費に認められる可能性もあります。

より満足できる形で不動産の売却ができるように、リフォームの必要性の有無や費用などについては一度専門家へ相談するのがおすすめです。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリフォームと不動産買取

「Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は不動産買取のメリット・デメリットとリフォーム・リノベーションについてご紹介します。

不動産を早く売却したい、相続不動産の売却は「不動産買取」が適しています。ここでは不動産買取のメリット・デメリットを詳しく説明します。

不動産買取のメリット

①売却までの期間が短い

「不動産買取」の売却先は不動産業者となります。
「不動産仲介」と違い、広告や宣伝による買い手探しが必要ありません。
また、買い手希望者の内覧を行なう必要もなく、面倒な価格交渉もしなくて良いのです。

不動産業者の査定額=買取額となるので、「不動産仲介」よりも売却までの期間が短くなります。
売却を早くしたい方には適した売却方法と言えます。
売却期間の目安は「不動産買取」で2週間~1ヶ月、「不動産仲介」で3ヶ月~6ヶ月と言われていますので、売却期間が短い分売却までのスケジュールが立てやすいというメリットがあります。

②資金計画が立てやすい

「不動産買取」は売却までの期間が短く、かつ売却価格があらかじめ分かっているため資金計画が立てやすいというメリットは前述したとおりですが、不動産売却は基本として住宅ローンの完済が前提となっています。
「不動産仲介」の場合、価格が確定しない段階で売却価格がローンの残債を下回ってしまうと、差額を補填しなくてはなりません。

その点「不動産買取」の場合は、残債がある場合でも金融機関との交渉を代行してくれるので、売却した後に新たに購入を予定されてる場合は、ローン計画が立てやすくなります。
さらに「不動産買取」は相続対策の場合も有効な場合があります。

複数人の相続人がいて早期に現金化したい時や相続対象の不動産が遠方で土地勘がなく、出向くことが難しいといった場合は「不動産買取」を検討しても良いかもしれません。
関連記事:「「相続税」についての解説」

③他人に知られないで売却ができる

不動産の売却にはさまざまな理由があり、場合によっては他人に知られたくない方もいらっしゃると思います。
一般的な「不動産仲介」は広告やチラシなどで購入希望者を募る場合があるので、近所の方や他人に知られることがありますが、「不動産買取」の場合は、不動産業者が買い手となるため、内覧会などはなく、公開されることがありません。

④瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を免除される

売却物件に隠れた瑕疵(設備や構造部分の欠陥など)が見つかった場合、一定期間売主は買主に対して責任を負わなくてはなりません。
これを瑕疵担保責任と言います。

「不動産買取」の場合、買い手が不動産業者となるため、瑕疵元歩責任を免除されます。
売却後に設備不良が原因で売主と買主の間でトラブルが発生する事が問題となりますが、不動産買取の場合はリフォームの必要がなく、すべて買い取り側の不動産業者任せなので余計な費用もかかりません。
売却後のトラブルも発生せずスッキリと売買を成立させる為にも不動産買取はオススメです。

⑤仲介手数料が掛からない

「不動産買取」の買い手は不動産業者となるので、仲介手数料が掛かりませんので、引越しやローンの頭金などの費用に充当することができます。
例えば、3000万円で売却した場合の仲介手数料は96万円+消費税となります。

不動産買取のデメリット

①買取価格が安くなる

「不動産買取」の売却額は「不動産仲介」と比較して安くなる傾向にあります。
おおよその相場としては「不動産仲介」の70%程度と言われています。

不動産業者は買い取った不動産をリフォームやリノベーションをして転売して利益を得ます。
そのため安く仕入れるので「不動産買取」の方が安くなる傾向にあります。

②「不動産買取」では不利な物件もあり

物件によっては「不動産買取」の方が不利な物件も存在します。
例えば「新築」の物件がそれです。

「不動産買取」をした不動産業者のメリットは「物件を安く購入してリフォームして販売」する点にあります。
新築の物件はリフォーム要素が少ないため、一般の仲介の方が高く売却される可能性が高くなります。

・「損して得を取れ」?金額的デメリットと作業的メリット

どうしても額面が安くなってしまう「不動産買取」ですが、金銭的デメリットばかりでなく作業的メリットも考慮に入れましょう。
前述したとおり、不動産買取の場合は「瑕疵担保責任の免除」というメリットがあります。

売却価格が安い理由として「リフォーム費用」などを含めた買い取り価格となる為なので、売主はリフォーム費用を心配する事なく全て不動産業者におまかせして売却ができるのです。
金銭的デメリットはリフォームなどの作業的メリットと考えると却ってお得と言えましょう。

ただし業者の査定も様々なので、必ず何社か見積もりを取って比較する事をおすすめします。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説する中古マンションを買ってリノベーション

「Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は、「中古マンションを買ってリノベーション」です。

最近、中古のアパートやマンションを購入して賃料収入得ることで、将来にわたって収入が確保できて安心だと考える人が増えているようです。

アパート管理を自分でするのが難しければ業者に頼むことが可能で、実際、多くの人はアパート管理を委託しています。メンテナンスや清掃のほか、入居者トラブルも対応してくれるため、ほとんど手間がかからないようにすることもできます。

新築物件だと手が出にくいかもしれませんが中古アパートなら比較的購入しやすい上、リフォームやリノベーション次第では人気物件になることも珍しくありません。築年数が長いと賃料相場が下がることもありますが、駅から近いなどの立地条件がいい場合は古くても空室が出にくく安定した収入が期待できます。特に周辺に大きな公園や商店街がある物件は、中古でも常に人気です。

時間があればアパート管理を自分でしたいと考える人も多く、定年退職後に自分でアパート管理を行うことも定年退職後のライフスタイルとして人気です。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説する今人気のリノベ 「アーバンアウトドア」

「Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は、「今人気のリノベ 「アーバンアウトドア」です。

今中古マンションを購入した人の中で、都会で自然を感じる生き方「アーバンアウトドア」をテーマにしたリノベーションが人気なのをご存知でしょうか。

最近巷では、週末に都会を離れて自然を満喫できるキャンプが流行っているようです。その流れを受けて自宅でも自然を感じなれるような家づくりをしたいという方が多いようで、「アーバンアウトドア」のリノベーションは少しずつ人気となってきているようです。

アーバンアウトドアとは

冒頭でも説明しましたが、アーバンアウトドアはアーバン(都会)とアウトドア(野外活動)を足して作られた造語であり、都会で自然を感じる家をテーマにまるでキャンプを行なっているように作られたリノベーションの部屋のことを指すようです。

ハンモックが部屋に

アーバンアウトドアでは、部屋にハンモックがあったり、テラスのタイルをデッキテラスに変えたり、壁面に有孔ボードを使ったり、木製チップを部屋の各所に使用したりと部屋の中にいながらキャンプ気分を自宅で味わうことができます。

「アーバンアウトドア」のリノベーションは普及してきているようですが、まだ支流ではないようです。そのためアーバンアウトドアのリノベーションを行なっているリノベーション業者は多くないようです。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説する土地活用とリノベーション

「Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は、「土地活用とリノベーション」です。

土地活用には、駐車場経営から戸建て賃貸、賃貸経営(小規模~大規模)と様々な方法がありますが、どの方法を選ぶ場合も重要なのが「土地活用のパートナー(業者)選び」です。そのため土地活用にはリノベーションを行う業者のパートナー選びが鍵となります。

土地活用はオーナー1人ではできない

不動産オーナーには、様々なパートナー候補が「土地活用をしませんか?」と誘いを掛けてきます。たとえば駐車場やマンションを建設する業者、入居者の募集・管理に関わる業者、あるいは土地活用のための資金を融資する業者などです。

ここで注意したいのは、「土地活用を勧める業者にも、何か自社の利益になることがあるからこそ、不動産オーナーに土地活用を勧めている」という事実です。どのような業者が、どんな利益のために土地活用を勧めるのかを知りましょう。

業者を見極めるチェックポイント

・土地活用のどのステップ(建築、入居者の仲介、物件の管理、融資、土地活用全体のコンサルティング……)に関わる業者かを把握しましょう。

・業者の経営状態はどうか? ホームページ等で財務諸表が公開されているかをチェックしましょう。

・土地活用の明るい見通しばかりを強調するのではなく、リスクについても説明をしてくれましたか?

・周辺地域のニーズを業者がどのように把握しているか、そのニーズを賃貸経営にどう活かそうとしているのか、を賃貸オーナーに分かりやすく説明してくれるでしょうか?

・将来の入居者ニーズの見通しについても、入居率の低下を考慮し、堅実な計画を立てる業者かを見極めましょう。

「建築する」ことで利益を上げる業者

ハウスメーカー、工務店、ゼネコンなど、「建築する」ことで自社の利益を上げる業者は、建築・設計のノウハウについて優れたものを持っています。ただし、マンション建築が済んでからの入居者募集や、経営管理については、自社内で対応できる業者ばかりではなく、同系列の他社が行う場合や、提携事業者が行う場合もあります。また、土地の場所や人通りの多寡によっては、「マンション経営を選ぶべきではなく、駐車場経営のほうが向いている」という場合もあります。にもかかわらず、戸建て賃貸やマンション建築を勧め、自社の利益を上げようとする業者もあるので、注意してください。

業者を見極めるチェックポイント

・オーナーが「建てたい建物」に関する建築ノウハウを持っている業者でしょうか?

(例:鉄筋コンクリート造の大型建築物はゼネコンが得意としていることが多いですが、ハウスメーカーにもツーバイフォー、軽量鉄骨など得意分野があります)

・設計担当者と賃貸オーナーが直接、納得がいくまで話し合える場を設けてくれるでしょうか?

・契約を急がせるばかりでなく、トラブルを防ぐための説明責任を果たしてくれるでしょうか?

・「建築する」ということが終わってからのアフターフォロー体制は充実しているでしょうか?

・過去に施工した現場を見学させてくれるなど、確かな実績と信頼を持つ業者でしょうか?

賃貸経営に携わることで利益を上げる業者

賃貸仲介業者、賃貸管理業者など、賃貸物件の借り手と貸し手の橋渡しをすることで利益を上げる業者が、土地活用を持ちかけてくることがあります。この場合「どの地域に、どのような物件の借り手が多いか」を業者が把握しているため、借り手のニーズに応じた設計・経営計画を立てることができるでしょう。

ただし、賃貸仲介業者や賃貸管理業者は「既にできあがっているマンション・アパートの借り手を探す」「入居者や物件の管理業務を行う」ことが主な仕事であり、「建物が完成してから」が出番という姿勢の場合もあります。

業者を見極めるチェックポイント

・入居希望者が物件探しをしやすいよう、平日の夜間、土日にも営業を行っているでしょうか?

・入居者募集にあたって、物件の魅力を伝える広告を打ち、インターネットも活用しているでしょうか?

・賃貸物件への入居から退去まで、入居者の要望・クレームなどに対してきめ細やかなサービスを行っているでしょうか?

・賃貸物件オーナーへの報告・連絡・相談は綿密に行わる体制づくりができているでしょうか?

・入居者が決まらない場合や、退去後のリフォーム・リノベーションなどに関して相談に乗ってくれるでしょうか?

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリノベなど不動産に関する資格

「Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は、「リノベなど不動産に関する資格」です。

リノベーションなどの不動産に関する資格があるのを皆さんご存知だったでしょうか。
アパート経営・マンション経営は、多くの専門業務を要する不動産投資です。専門家が必要な業務から、場合によっては自分でできる業務まで、実に様々な専門的知識を要します。

細かく上げるとキリがありませんが、投資や不動産に関する知識を持っていると、それが有利に働くことがあります。
逆に言えば、これらの専門知識を要する投資を、何も知らないままで始める、既に始めているというのはリスクが高いと言わざるを得ません。

今回はアパート経営・マンション経営に必要な知識について、資格の面からご紹介していきます。

アパート経営・マンション経営に資格は必要か

結論から言えば、アパート経営・マンション経営自体には、必要資格は定められていません。
オーナーは資格も免許も必要ない事が、メリットでもあります。

ただし、実際にアパート経営・マンション経営を始める、あるいは志して情報収集をしてみると、あまりにも専門的な話が多くて驚かれる方が多いようです。

各分野に専門家がいるため、これらの知識を習得しなくても、経営自体は「ほぼ任せっきり」が可能であるのも事実ですが、健全な経営で収益をあげ、自分の理想とする生活を実現するためには、その意向を専門家にしっかりと伝えるための知識が必要となります。

また、専門家を選定するのはオーナー以外にないのですから、そのためにも知識が必要と言えるでしょう。

このような理由から、知識習得を目的として、資格取得を検討する方も多いようです。
特に人気の資格は、「宅地建物取引士」「マンション管理士」「管理業務主任者」「不動産実務検定(旧大家検定)」です。

事項で各資格の特徴を検証します。

アパート経営・マンション経営に活かせる資格

宅地建物取引士、マンション管理士、管理業務主任者、不動産実務検定。
この4種類の資格が、アパート経営・マンション経営においてどのように役立つのか、詳しい内容を追って考えます。

・宅地建物取引士
略して「宅建取引士」「宅建」とも呼ばれる国家資格です。

「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」へ移行され、いわゆる「士業」と言われるようにもなりました。
認知度も必要性も非常に高く、不動産会社では5人に1人の割合で設置が必要とされます。

最大の特徴は、「物件に関する重要事項の説明」「重要事項説明書への記名・押印」「契約書への記名・押印」という3つの独占業務を持つことです。

この独占業務遂行のためには、不動産知識や関係する法律知識がなければいけません。
そのため、試験も宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれており、主な試験内容としては、土地・宅地・建物についての種別や構造、評定、権利、法令、税などがあげられます。

この知識の習得により、自分自身がオーナーとして物件を取得する際や、アパート経営・マンション経営の要所要所で問われる判断力が養われます。

試験の合格率は15~17%程度です。

詳しくは「宅建(宅地建物取引主任者)はマンション経営において役立つか」参照

・マンション管理士
平成12年12月に成立、平成13年8月に施行された「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(マンション管理適正化法)」により誕生した国家資格です。
マンションの管理組合や住民からのトラブル相談に応じて、法的手段を用いて解決に導いていくコンサルタント的な役割を果たします。

主な業務は、管理規約、使用細則、長期修繕計画等の素案の作成、区分所有者間のトラブル解決に向けての予備的交渉等、大規模修繕工事の計画・実施、居住者の義務違反、管理費の滞納等へのアドバイスなどがとされています。

上述の通り、コンサルタント的な役割を果たすため、資格取得に必要な知識は広範囲で難易度が高いと言えます。
試験の合格率は8~9%程度です。

主に分譲マンションにおける管理組合のコンサルタント的な知識習得となりますが、建物管理や入居者間トラブルについての知識などは、賃貸住宅を経営するうえでも役立ちます。
また、オーナーの信頼性を高めるにも有効です。

詳しくは「マンション管理士資格はアパート経営・マンション経営において役立つか」参照

・管理業務主任者
マンション管理士と同じく、「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(マンション管理適正化法)」により誕生しました。
マンション管理業者が、管理組合等に対して、管理委託契約に関する重要事項の説明や、管理事務報告を行う際に必要な国家資格であり、その業務内容は、マンション管理のマネジメントとも言えるでしょう。

「管理委託契約に関する重要事項の説明」および「重要事項説明書・管理委託契約書への記名・捺印」や「管理事務報告」は、管理業務主任者の独占業務のため、マンション管理業者には管理業務主任者の設置義務があり、事務所ごとに、30組合に1名以上が設置されます。

資格取得には、マンション管理適正化法を始めとした建築物の維持保全に関する関係法令への理解や、建築物・建築設備の知識、管理組合の財務に関する知識を要するため、アパート・マンションオーナーにとっても、所有物件の管理において役立つ知識が得られます。

試験合格率は20%程度です。

詳しくは「管理業務主任者資格は不動産投資において役立つか」参照

・不動産実務検定
一般財団法人 日本不動産コミュニティーが認定する検定で、元は賃貸経営実務検定(大家検定)と呼ばれていましたが、現在では「不動産実務検定」として名称が変更されました。

『健全な経営を実現したい大家さんや、これから不動産投資によって安定した将来を実現したい方、また、より高度なコンサルティング技能を身につけ顧客に安心したサービスを提供したい建築不動産関係の方のために不動産運用にまつわる実践知識を体系的に網羅した日本初の不動産投資専門資格』(引用:一般財団法人 日本不動産コミュニティーHP)
とされており、検定には1級、2級があります。

≪1級試験内容≫
ライフプランニングに応じた投資スタイル、不動産投資実務全般、不動産の調査、不動産関連法規、借地取引の基礎、競売の実務、事業収支計画、税務、ファイナンス、建築構造に関する知識など、総合的かつ専門的な不動産投資実務が対象。

≪2級試験内容≫
アパート・マンション経営に必要な法律知識、税務、ファイナンス、満室経営維持に必要な管理実務知識、賃貸借契約の種類と締結方法、賃貸経営に関わるリスクへの対処法、コンバージョン・リノベーション・リフォーム手法の知識、入居者の多様化に伴う賃貸経営実務知識が対象。

呼び名(大家検定)の通り、まさにアパート・マンションオーナーが必要とする知識の検定のため、注目・期待されています。

合格率は1級が48%程度、2級が62%程度です。