(スマイスター)リノベーションの業者探し

住み慣れた住まいや購入した中古物件を思い通りにリノベーションすることで、今よりも快適に過ごしたい、けれど失敗して後悔したらどうしよう。
住まいというのは人生のうちで長い時間を過ごす大切な場所ですからリノベーションによる失敗はなるべく避けたいものです。

リノベーションを成功させるためにはどんな業者に依頼するか、依頼者の意を汲んでくれる業者を探しあてることが非常に重要となります。
理想の家を完成させるため、リノベーションにおける業者探しの秘訣を探っていきましょう。

リノベーションに失敗したと感じる経験者が後悔することの多くは、業者選びの失敗なのです。
もともとセンスの合わない業者を選んでしまい、自分の考えが伝わらなかったり、工事が雑で不備が生じたりと、業者選びに失敗したという経験をお持ちの方は多いようです。

リノベーションでの業者選び

リノベーションやリフォームでまずやるべきことは、とにかく信頼のおける業者を探すことです。
依頼者の希望に合ったプランを立てて、実際の工事を手配するのがリノベーション会社ですから、依頼者のリノベーションに込めた意図をきちんと把握してくれて、工事現場をしっかりと監理してくれる会社を選び出すことは大変重要なことです。

しかしながら、自宅の改修工事を何度も経験した人などそうはいませんから、情報収集も経験者の話を集めたり、施工会社のWEBサイトで実際の施工事例などを見たりして、とにかくセンスの合いそうな会社を探していくしかありません。

良さそうだなと思う会社を見つけたら、その会社がリノベーションの経験が豊富なのか、仕事の丁寧さの評判をネットなどで調べてみたりしてみましょう。
そのうえでいいと思える会社が見つかったら早速資料請求や見積もりを出してもらうのですが、その際は必ず複数社に相見積もりを取りましょう。

1社に絞ってしまうと、その見積もりが適切な値段かどうかの見当をつけることができません。
最低でも2~3社は候補を選んで相見積もりを取り、その中から選ぶようにしましょう。
見積もりを取ってもらう際には価格だけで判断するのではなく、こちらの希望を正確に理解してくれるのかどうか、プランの内容やデザインのセンス、工事手法などから総合して判断しなければなりません。

会社にも得意なものと苦手なものがありますから、過去の施工例を確認しましょう。
和風の家を得意とする会社に北欧風のデザインの家を頼むのはまさにお門違いというもので、希望の建築スタイルに対する理解度に、必ず差が生じますので失敗の原因となります。

そして信頼のおける会社に任せることができたとしても、予想外のアクシデントが起こることは多々あります。
完成後、住み始めてから建具の建付けが悪かったり、漏水が判明したりすることもあるかもしれません。

そういったときに工事を再度やり直してくれるのか、保証の範囲はしっかりと確認してから請負契約を結ぶようにしましょう。
リノベーション工事の保証は工事を請け負った会社の保証以外にも、第三者機関の保証システムが存在します。

その会社の保証内容を確認しておくことと、「第三者機関の保証を受けられるか」どうかもチェックしておく必要があります。
また会社とトラブルになった場合の相談先として国土交通省指定の「住宅リフォーム紛争処理支援センター」というところがありますので、揉め事の際には相談しましょう。

さて、ここまではリノベーションをお願いする会社を探すポイントについて紹介してきました。
ではリノベーションを依頼する会社にはどういった種類の業態があるのでしょうか。
ここからは、リノベーション関連業者の業種ごとに紹介していきたいと思います。

なお、実際にリノベーションのために選ぶ業者はいずれの業種にしろ、大前提として自宅の近くから選定しなければなりません。
改装工事というのは現場に建材、設備機器、そして労働力を集めなければなりませんので、コストの面から現場に近い業者が最適となります。

そのうえ業者は近隣地域での仕事となりますので、評判も伝わるものですし、下手な仕事は出来ないということになってきます。
そういった前提を踏まえて以下の業種の紹介に移っていきたいと思いますので、選定の参考にしていただければと思います。

まずは建築士事務所です。
ひと昔前までは建築士事務所がリノベーションに関わることは無かったそうです。
しかし、工事内容が複雑で難しくなったことや、補助金や減税の制度が充実してきたことを背景に積極的に案件を受注しているようです。

次は住宅会社です。
住宅会社は自宅の近辺に営業所が存在する場合と、もし近くになくても検索すれば大手ハウスメーカー系列の住宅会社が必ず出てきます。
自宅から10km圏内にあれば近隣の業者と捉え、候補として考えて良いかと思います。
住宅会社に資料請求を行えば送ってもらえますし、会社によってはショールームに案内してもらえるかもしれません。

3つめが建設会社になります。
建設会社も建築士事務所と同じように、以前はリノベーションに関わる案件を受託していませんでしたが、最近では積極的に受けているようです。
街中の看板でもリノベーションやリフォームの案件を取り扱っている旨の表示をしていますし、会社によってはショールームを用意している所もあるようですので、ぜひ利用したいところです。

4つめは工務店です。
依頼先を工務店とする場合には、自宅の近辺から選ぶようにしましょう。
ご近所の評判が得られますので、大きな判断基準となります。

もし近所に無いようでしたらインターネットでの検索もするべきですが、小さい工務店だと会社のサイトすら作成していない場合がありますので、選定の際には注意が必要です。
最後に、リフォームやリノベーションを専門としている会社です。

こちらはリノベーションが主な業種ですから経験の蓄積は十分でしょうから、最もスムースな流れで進めていくことができると思います。
ただ、悪徳業者というのはどの業種にも存在しますので、あらゆる手段を使って評判を探すことも大切です。

また、こういった様々な業種が存在しますので、スマイスターサイトのように一括で検索できるサイトを利用するのも、業者を絞り込んでいくという点において非常に有効となりますので、積極的に利用していくようにしましょう。

以上リノベーションを依頼するにあたっての業者探しについてのあれこれをご紹介してきました。
リノベーション成功のためには、リフォーム内容に適した業者に依頼できるかが非常に重要なカギとなりますので、慎重に選びつつも、ぜひ楽しみながら気の合う仲間を探すような気持ちで業者を探していただけたらと思います。