(スマイスター)リノベとアプリ

新しいリノベの方法

 

リフォーム業界にとってリノベーションができることは多角的に様々な受注ができるというメリットがあります。しかし、リノベーションという方法でビジネスをしていこうと考えているのは、リフォーム業界だけではないようです。

最近では、リノベーションをアプリケーションでお客に実際の完成図を送って受注までおこなってしまうアプリケーションを提供している企業が増えているようです。

アプリケーションはスマホと電波があればどこでも使えるので、リフォーム会社に電話などで問い合わせをしたり、リフォーム会社のお店に直接出向くこともなく簡単に使用することができます。

そのため、クライアントにとってはその場でイメージできるので時間も手間も省けます。

またアプリケーション上で、クライアントがアイデアとして提示されたものの見積もりまでおこなってくれ、そのままアプリケーション上で実際にリノベーションをお願いするという方法です。

このすべてのプロセスをスマートフォンを使っておこなうことができます。

 

物件探しも一緒に行える

 

先ほど紹介したアプリケーションですが、リノベーションの受注などと一緒に物件探しも簡単にすることができるようです。

もともとリノベーションをしようと考えている会社の強みとして、もう売れなくなった物件とくに部屋があるという点を上げることができます。

または使われなくなった物件あるいは部屋を見つけ出し、リノベーションすることができるという点です。

そのため極端に安い部屋も見つけることも可能と言われており、その情報収集力を生かして安いお部屋探しもサービスとして提供しているようです。

そのため、リノベーションをアプリケーションで行おうとしている企業では物件探しも簡単に行えるようです。

またリノベーションをアプリケーションで行おうとしている企業は、他の不動産会社と違ってあらゆる場所にオフィスを構える必要もないので大幅な経費削減にもなっているようです。

そのためかなり安い値段での交渉ができるともいわれています。