(スマイスター)猫のためにリフォーム

猫ブーム

吠えない、散歩がいらない、食費もそんなにかからない。

このような要因もあり、飼いやすいと言われることから猫を飼うことがブーム担っていると言われている。

そのためこれまで圧倒的な差があった犬と猫の飼育頭数の差が年々と縮まっており、

2017年1月の発表では犬が約987万8000匹に対して、

猫が約984万7000匹まで迫っている。

一般社団法人ペットフード協会が17年1月に発表した。

数年以内に猫が犬を逆転するともいわれている。

一方で、猫が飼える賃貸住宅は少なく、全体の約5%ほどといわれている。

 

猫仕様にリフォームで入居者アップ?

 

猫仕様のリフォームでは、猫が上りやすいようステップや専用のハンモックを設けるほか、

傷がつきにくい床と壁紙などを使って改修するよう。

リフォーム費用も10万~30万円ほどで改修できるため、

大規模なリノベーションや設備交換に比べ低価格での空室対策として人気のよう。

犬に比べて比較的飼い安いと言われている猫のペットブームは引き続き続き

犬を飼う人を上回る日がやってくるかもしれない。

マンションの空室対策として「猫仕様のリフォーム」は効果的なのかもしれない。