(スマイスター)アパート管理上の悪条件について

apart

アパートを持っていて、リノベーションを考えている人などはアパート管理上の悪条件について知りたい方も多いのではないのでしょうか。
今回は「アパート管理上の悪条件について」のスマイスター記事の紹介です。

>>>サイトより一部抜粋。

アパート管理をしている人にとっての悪条件をあげると、立地や周辺環境があります。

老朽化しているアパートの場合にはリノベーションやリフォームを行わないと入居希望者がいないということもあります。老朽化対策として定期的に費用がかかるため、海の近くなどの建物が傷みやすい環境や、風水害を受けやすい立地は悪条件と言えます。

他にも、アパート管理人にはたくさんのクレームが寄せられる事があります。クレーム対策も考えなくてはならないため、気が休まることはありません。大学の近くの物件などは、毎年新入生の入居希望者がいるため空室率が低く保つことは容易ですが、一人暮らしに慣れない学生が多いことでルールを守らせることが家族用のアパートなどより難しく、近隣トラブルも起こりやすいので悪条件になることがあります。

空室が出ずに運営できれば安定した収入源になりますが、管理などを丁寧に行うことが必要となるため、管理会社に委託するなど工夫が必要です。

>>>>

詳しくご覧になりたい方は「アパート管理上の悪条件について」をこちらよりごらんください。