リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説する悪徳業者に注意!手口と対策を知って対応しよう2

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「悪徳業者に注意!手口と対策を知って対応しよう2」です。

折り込みチラシやネットで、リノベーションというフレーズを目にしたことがありませんか?リフォームとリノベーションは、何が違うのかを考えてしまうかもしれません。本稿ではリフォームとリノベーションの違いと、メリットとデメリットの解説をします。どうぞ参考になさってください。

リフォームとリノベーションは全く違う!

リフォームとリノベーションは、似て非なるものです。しかしながら、日本では明確な定義がなく、区分けやイメージがしにくいので非常にわかりづらいフレーズといえます。まずは、リフォームとリノベーションの違いを考えてみましょう。

元通りにするのがリフォーム

リフォームは住宅の経年劣化や故障した設備を、元の状態に復旧するものです。例えばボイラーやキッチン、床などを、住宅を購入した時のように入れ替えるのはリフォームにあたります。住宅の構造は変えずに、小規模な修繕がリフォームということです。

日本ではリフォームとリノベーションの明確な定義がないため、リフォームに該当する物件をリノベーション済み物件として売り出されているものをみかけます。壁紙をはりかえたただけ、床をはりかえただけでは、リノベーションとはいえません。

生活環境にあわせたリノベーション

リノベーションは住宅を支える柱を活かし、あなたの生活環境にあわせて住みやすい間取りにし不動産価値を高めるものです。某テレビ番組を思い出すと、イメージしやすいでしょう。

家族が増える、または同居する両親がご高齢になるなど、これまでの住宅が必ずしも生活環境にマッチするわけではありません。あなたのライフスタイルに適した、大規模な修繕を行うのがリノベーションにあたります。

欧米ではリノベーションが主流

日本ではリフォームが一般的で、リノベーションは比較的新しいイメージがあります。しかし、欧米ではリノベーションが一般的です。欧米の習慣が、リノベーションが一般的である要因といえます。

欧米は先祖から受け継ぐものを大切にするのが1つの習慣です。この習慣は、名前からも正しいということが判断できます。Jrとつく名前を目にしたことがあるでしょう。名前を例にしてもわかるとおり、先祖から譲り受けるものを大切にする習慣があるのです。

名前だけではなく、バッグや指輪なども代々受け継ぐことが多いのが欧米です。また、受け継ぐことは住宅もあてはまります。受け継いだ住宅をリノベーションして現在のスタイルにあわせて改修します。この習慣が、欧米でリノベーションの普及に大きく寄与する理由なのです。

リノベーションで気をつけたい3つのこと

あなたの生活習慣に最適な住宅を作れるリノベーションですが、注意しなければならないことが3点あります。この3点に気をつけることで、あなたの理想となる住宅が気持ちに余裕を持って手に入れられることとなるでしょう。

施工しないとわからないリノベーション

建物は年数が経過しているほど、表面では判断できない劣化が発生します。特に日本では四季があり、欧米と比較して湿度も高いです。実際に施工がはじまり確認してみると、図面通りにいかないことがあるでしょう。

リノベーションの作業を開始してから、間取りの変更があると考えておくのが大切です。このような考えを持ち合わせていると、急な変更があっても心に余裕を持てます。

同時進行するリノベーションのスケジュール

まずリノベーションする住宅を新しく探すか、これまでの住居で施工するかで分けられます。新しく住宅を購入するならば探す期間、これまでの住居でリノベーションするなら賃貸物件を探す期間が発生します。

そしてローンの申込をして、リノベーションの費用を決済しなければなりません。更にリノベーションの計画を打ち合わせして、着工まで結びつけるようにします。目安として4ヶ月間から5ヶ月間程度は、リノベーション中心の生活となるでしょう。

リノベーションは実績がある業者を選ぶ!

リノベーションはあなたの理想とするイメージを、具体化する作業です。日本ではこれまでリフォームが一般的なので、リノベーションの施工実績の数が安心して任せられる業者選びの判断材料となります。

リノベーションの施工実績が多いということは、それだけイメージを具体化できるデザイナーと施工者を抱えているといえるのです。あなたの住宅の形状に近い案件を例にして、的確なアドバイスと柔軟な施工対応を行うことでしょう。

リノベーションの良いところ

あなたが新築の住宅とリノベーションで迷っているならば、リノベーションの方が安価で快適な居住空間を得られるのでおすすめです。ここでは、なぜリノベーションがおすすめなのかを解説します。

リノベーションは立地条件の良い物件でも安く買える!

都心に近ければ近いほど、立地条件の良い新築物件を手にするのは難しくなるでしょう。既に建物で埋め尽くされており、空きスペースがないためです。

しかし、リノベーションでは、中古物件を活用できます。好立地の中古物件であれば、手に入れられる可能性が高くなるでしょう。そして中古物件ですから、安い予算で購入できます。

予算の目安を比較すると、新築購入よりもリノベーションのほうが20%から30%程度抑えることができるのです。低予算で抑えられるところもリノベーションの魅力といえます。

中古物件購入以外にリノベーションの費用もかかりますが、新築物件を購入するより多くの場合、安く抑えられます。

リノベーションで先まで見通した間取りを実現

リノベーションの最大の魅力は、あなたの生活環境にあわせた空間を手に入れられることです。この魅力は現在の生活環境だけではなく、先を見越したプランも立てられます。現在のライフスタイルだけではなく、これから予想される生活をプランに盛り込めるのです。

この先、同居する人数が変わることもあります。また高齢になってからの居住空間でのケアもしなければなりません。これらをプランに組み込み、柔軟な発想の住宅を得られるのです。

両親が大切にした家が生き返るリノベーション

これまで住み続けてきた住宅は、あらゆる思い出が詰まった大切なものです。あなたの住まいが、先祖から引き継がれた古民家であれば尚更でしょう。何代にもわたり大切にされてきた住まいをあなたが守り、より高い価値を生み出すことができるのです。

あなたも幼い頃からの、様々な思い出が詰まった住まいといえませんか?そんな住まいを蘇らせるのは、ご両親も喜ぶのではないでしょうか。リノベーションは大切な思いも継承できる、素敵な施工方法といえます。

リノベーションは新築購入よりも安く思い通りの自宅ができあがる!

リフォームは住宅を元の状態に戻す改修で、リノベーションは生活環境にあわせ不動産価値を高められる改修であるのがわかりました。築とリノベーションで迷っているならば、安価に済むリノベーションも1つの手段となるでしょう。

また、思い描く理想の住まいを、リノベーションが実現します。あなたの家族の笑顔で溢れる生活が待っているのです。完成するまでに手間はかかりますが、快適な住まいを手に入れられるのであれば苦になりません。

そして、思いの詰まった住まいを、生き返らせることもできます。あらゆる人を幸せに、笑顔にできるリノベーション。あなたの選択の1つに、ぜひ加えてください。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説する悪徳業者に注意!手口と対策を知って対応しよう1

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「悪徳業者に注意!手口と対策を知って対応しよう1」です。

リフォーム業者を探す際は、基本的に自らで選びます。その一方で家に訪問してリフォームを持ち掛けてくる業者も存在。なし崩し的に騙されてしまったという事例もあるため、事前に手口や対策を覚えておくのも重要です。

今回は、リフォームの悪徳業者における手口の解説や対策について説明します。

自分には関係ないと思うのは大間違い

無料点検から仕掛けてくる手口

悪徳業者の手口ですが、これがかなり巧妙なために油断ができません。

最初からリフォームを持ち掛けてくるわけではなく、無料点検から持ち掛けてきます。無料だからと思って依頼してしまうと、住宅に不備があることを説明して危険を煽ってきたり、無料のはずなのに点検後に料金を請求してくる例が多いです。

そのため、最初にお得なセールストークをしてくる人が現れた場合は注意しなければなりません。
リフォームに関して専門的な知識がないのをいいことに、強引に契約を迫ってくる業者もいます。しつこく契約を迫るなど悪質な場合は、警察に通報することも視野に入れておきましょう。

信頼できる立場を名乗ることもあるので注意

悪徳業者が信用させるために、いろいろな身分を名乗るのは基本です。しかし、その身分に関しても上手く信用させるようとしているので、覚えておくようにしましょう。

予想できるのが「リフォームに関する大手企業を装う」ですが、「株式会社」などの部分を変えてきて名乗る事例が多いです。また、リフォームを行っている大手企業は悪徳業者が自分たちの会社を名乗るのを把握しているため、ホームページ上で注意喚起を行っています。企業を名乗っている場合は、話を聞く前に確認をしましょう。

また、市町村の職員を名乗るというケースも。当然ですが、職員がリフォームを持ち掛けるということはありません。その場合は詐欺かもしれないと考えていいでしょう。

自分たちも儲かると見せかけるモニターの依頼

ポイントサイトなどでよくある、モニター案件を利用して詐欺をするケースにも注意です。太陽光発電などのリフォームに関するモニターを持ち掛け、「契約したらモニター料を支払います」、「モニターになればリフォーム費用を安くします」などのトークを行います。

もちろん、悪徳業者の提示するリフォーム費用が安いわけがなく、モニター料の支払いもすぐにストップするというのが結末です。

施工に関してもいい加減に行う可能性が高く、リフォームの意味がなくお金だけを失いかねません。

悪徳業者に依頼した時の顛末

よくあるのが手抜き工事

悪徳業者の中には工事予定日になっても一切に現れないという明確な詐欺をする例もありますが、契約後は手抜き施工の事例が多いです。

リフォームを依頼する側が施工に関する知識がないの利用して、ずさんな工事だけを行って帰っていくという手法が目立ちます。

手抜きの施工に気づいたときには、すでに契約書を交わしてお金を支払った状態になっているでしょう。その後は、業者に連絡を取ることができなくなる可能性が高いです。

見積もりを大幅に超える金額を要求してくる

プロのリフォーム業者は見積もりの段階でしっかりとした計画を出してくれます。そのため、見積もりから金額が変わるというのはほとんどありません。ましてや、大幅にリフォーム費用が上がるといった例も少ないです。

しかし、悪徳業者の場合は見積もりの段階では驚くくらいの安価で引き受けてきて、最終的な請求のときに数十万円くらい高額になっているケースが多発します。
しかも、請求金額を伝えてくるのは施工が終わった後なので泣く泣く支払わなければなりません。そして当初の予定から大幅に損をしてしまうのです。

リフォームは見積書を発行する段階で細かく内訳が分かり、それぞれの金額の説明をされるのが本来の流れです。いい加減な見積もりを説明された場合は、まず見積書を要求するようにしましょう。

何度も騙されるように家にマーキング

業者の中には家の表札やドアにシールを目印でつけてきます。これは、仲間の業者に対する「騙しやすい家」を知らせるサインとのこと。一度業者に利用されるとこれからも業者が訪れる可能性があり、とても危険です。

そのため、業者を上手くやり過ごすだけでなく、業者が家の周囲に何か細工をしていないかを調べるのも必要になります。シールやサインの内容は業者で示し合わせているため違いがありますが、「これまでになかったシールが張りつけられている」といった場合は注意が必要です。すべて取り外すようにしましょう。

悪徳業者への対策方法を頭に入れておこう

家に来た場合の対応方法

いきなりリフォームを持ち掛けてくる業者が来た場合、家に入れないのが一番です。しかし、強引な場合もありますので、対策を事前に考えておくといいです。

箇条書きにすると以下のようになります。

  • 可能なら複数人で対応
  • 無料点検の持ちかけには応じない
  • 不安を煽ってきても真に受けない
  • 身分証明書を提示しない場合に話に応じない
  • スマートフォンで会話の内容を録音する
  • 即日で契約をしない

工事をするという話になったときも、契約は最後まで結ばずに見積書をしっかりと出させたり、他の業者と比較する旨を説明するのがいいでしょう。

もし契約をしてしまった場合はクーリングオフ

悪徳業者と思われる人とリフォーム契約を書面で交わしてしまった場合は、クーリングオフを利用して契約を解消するように動きましょう。

ただし、クーリングオフには契約をしてから8日以内という期限が定められていますから、迅速に法律家に相談するのが重要になります。
悪徳業者もクーリングオフに対して、「クーリングオフができない」等の嘘の説明したり、クーリングオフの書面を相手しなかったりと邪魔をします。そのため、個人でクーリングオフを行う場合は必ず内容証明郵便を利用してください。

内容証明郵便を発送すれば必ず郵便局が送付したことを証明をしてくれるので、無視はできません。なお、内容証明郵便に関する詳細は日本郵便で確認できます。

差出方法、用意するもの、料金は必ずチェックしておきましょう。
内容証明 – 日本郵便

相談できる機関にも報告しよう

怪しいなと思った場合や、追い返したけれど今後が不安という場合は、リフォームの専門家に話を聞いてもらい対応についてアドバイスをもらいましょう。

リフォームの場合は住宅リフォーム・紛争処理支援センターが専門的な観点から説明してくれるので、有力な選択肢です。業者の説明がリフォームとして、しっかりとしているのかも含めて考えてくれるので、できれば契約をしてしまう前に相談した方がいいかもしれません。

また、悪質な商法にもあたるため国民生活センターも相談窓口です。
リフォーム以外にも怪しい業者に関する相談に対応していて、悪徳業者に対する対応方法を聞けます。

悪徳業者は新しい手口を用意してくるので警戒を緩めてはならない

残念ながら悪徳業者に関する相談件数は増えている傾向にあり、手口に関してもさまざまなものが報告されています。

中には、自ら家を破壊して工事の必要性を訴える業者もいます。悪徳業者によってはなりふり構わない姿勢で無理やりにでも契約を迫るので、リフォームの必要がないからと安心はできません。

一番大事なのはリフォームを依頼する業者は自分が決めたところだけにするという徹底と、手口に関する情報の定期的なチェックです。自分の大事な家とお金を守るため、悪徳業者への対策は怠らないようにしましょう。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するキッチンのリフォームの種類や費用から注意点まで徹底解説

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「キッチンのリフォームの種類や費用から注意点まで徹底解説」です。

キッチンのリフォームを検討しているけれど、そもそもどのような種類があり、どれぐらいの費用がかかるのかわからない方は多いのではないでしょうか。キッチンのリフォームには注意点もあるため、確認しておくことが大切です。ここでは、キッチンのリフォームの種類や費用、注意点まで詳しく解説していきます。

キッチンのリフォームの種類

キッチンのリフォームの対象は、シンク、コンロ、レンジフード、戸棚・引き出し、床、壁などです。どこをリフォームするかによって、次の3つの種類に分類されます。

キッチンの一部だけをリフォーム

シンクやコンロ周り、レンジフード、戸棚や引き出しなど一部のみをリフォームする方法です。費用を抑えつつ、好みに合ったキッチンを作りたいときに選びましょう。ただし、デザインを合わせなければ、リフォームした部分だけが浮いてしまいます。キッチン全体の雰囲気を見て、リフォームの方法を選ぶことが大切です。

コンロやレンジフードだけをリフォーム

料理をするときに使うコンロだけ、あるいはレンジフードも含めてリフォームする方法があります。コンロやシンクを機能性に優れたものにリフォームすることで、利便性が高まります。

レンジフードのデザインは料理に関係ありませんが、好みのデザインにリフォームすることで、料理の時間がよりよいものになるでしょう。

キッチンの壁や床まで一緒にリフォーム

キッチンの壁や床を含め、丸ごとリフォームする方法もあります。見た目の統一感を求める方に適しています。ただし、費用が最も高くなるため、予算に合わせて商品を選ぶ工夫が必要になるかもしれません。

キッチンのリフォームにかかる費用の相場

キッチンのリフォームにかかる費用は、メーカーで大きく異なります。また、素材やサイズ、デザインなどによっても費用が変わります。キッチン全体をリフォームした場合にかかる費用の相場は、約150万~300万円です。

人工大理石や無垢材など高級素材を使用、キッチンが一般家庭よりも広いといった場合には、約300万円以上かかることになるでしょう。部分的なリフォームの場合、それぞれの費用相場を考慮してリフォーム箇所を決めることが大切です。

コンロ

コンロの表面の素材や機能性で費用が変わります。例えば、表面がガラスのコンロは約8万~15万円、アルミは約15万~20万円、メタルは約5万~10万円、パールクリスタルは約10万~15万円です。また、魚焼きグリルや電子レンジ、オーブンなど多機能なシステムキッチンの場合は、約60万~200万円と幅広くなります。

レンジフード

レンジフードの費用相場は、約2万~10万円です。デザインや機能性、サイズなどで費用が変わります。また、業者によって異なる工賃もかかるため、実際には約4万~15万円かかるでしょう。

戸棚と引き出し

戸棚と引き出しは、キッチンのリフォームに含まれます。また、シンクも通常キッチンとセットになっています。そのため、相場は約150万~300万円ということになるでしょう。

壁紙は、1平方メートルあたり約800~1,200円が相場です。5平方メートルのキッチンであれば、約4,000~6,000円となります。工賃を含めると、約2万~3万円が費用の相場です。

1平方メートルあたり約5,000~8,000円が相場です。ただし、使用する素材によっては1万円以上かかります。5平方メートルのキッチンの場合は、工賃込みで約5万~7万円です。

キッチンのリフォームでは、使用する商品によって費用が大きく変わるため、デザインも考慮しつつ選ぶことが大切です。

キッチンのリフォームをするときの注意点

キッチンをリフォームした結果、思っていたものと違う、メリットだと思っていたことが自分にとってデメリットだったというケースがあります。キッチンのリフォームの際には、次のことに注意しましょう。

キッチンの形選びは慎重に

キッチンの形には、I型・L型・アイランド型があります。I型は、目の前が壁であったり、一部が吹き抜けになっていたりすることが多く、最も一般的なキッチンと言えます。L型は、身体の前と横に台があるため、料理の効率が上がることがメリットです。

そして、アイランド型は海外で多くみられる形で、左右からキッチンスペースに入れるようになっています。日本では珍しいため、一目惚れしてアイランド型のキッチンにリフォームする方も少なくありません。

しかし、実際に使ってみると、周りから見られている気持ちになり、落ち着かないというケースもあるのです。そのため、ショールームなどで実際にキッチンに立ち、料理しているところをイメージしてから検討することが大切です。

自分に合った高さと幅のキッチンを選ぶ

自分の背の高さに合わないキッチンは、常にうつむきながら料理をすることになるため、非常に疲れます。大きくうつむくことなく料理ができる高さのキッチンを選びましょう。また、料理に使用するフライパンやまな板、ボウルなどが多い場合は、幅も重要となります。

置く場所に困り、料理のペースが落ちないような幅のキッチンを選びましょう。また、シンクとコンロが大きくて、まな板やボウルなどを置けるスペースが小さいキッチンもあります。幅が広いから必ず作業スペースも広いわけではないことを覚えておきましょう。

将来を見据えたキッチンを選ぶ

現在は使いやすくても、高齢になると使いにくくなる場合があります。例えば、キッチンの戸棚の位置が高く、開閉しにくいもの出会った場合、高齢になってから苦労するでしょう。

また、冷蔵庫など家電の買い替えを考慮せず、現在使用している家電をぎりぎり置けるようにキッチンを買い替えてしまうことにも注意が必要です。

冷蔵庫やゴミ箱を置くことを考慮してサイズを決める

キッチンには、冷蔵庫やゴミ箱、戸棚などを設置することがあります。十分なスペースを確保できないと、使いやすい位置に置けなくなるでしょう。

大きなキッチンに憧れ、冷蔵庫とゴミ箱の位置を考慮せずにリフォームして後悔する方もいます。また、冷蔵庫やゴミ箱を置くことで、キッチンから壁までの距離が非常に狭くなり、人が行き交うことができなくなる場合があります。

信頼できる業者を選ぶ

キッチンのリフォームを依頼する際には、信頼できる業者をピックアップしましょう。必ず複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。同じ条件で見積もりを依頼すると、数十万円もの金額差が生じることがあります。

相場からかけ離れた金額を提示された場合は、その内訳を確認しましょう。材料費や廃材処分費などが明らかに高すぎる場合は、交渉することをおすすめします。また、他の業者の見積書を見せることで、費用を下げてもらえることもあります。

ただ、安ければいいわけではなく、リフォームの質も重要です。口コミやマナー、コミュニケーションの質などを確認し、総合的に判断することが大切です。

理想のキッチンにリフォームをしよう

キッチンのリフォームでは、コンロやレンジフードなど一部のみのリフォームも可能です。リフォームは一生のうちに何度も行うものではないため、将来を見据えたキッチンにリフォームしましょう。また、リフォーム業者は、費用だけではなくコミュニケーションの質やマナーなども踏まえ、総合的に条件を満たした業者を選ぶことが大切です。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリフォームの失敗から学ぶ成功するための方法

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「リフォームの失敗から学ぶ成功するための方法」です。

リフォームは全て成功しているわけではなく、失敗してしまうケースもあります。第2の人生を、奥様と気持ち良く迎えるためのリフォームで失敗したくないものです。本稿では、良くあるリフォームの失敗の原因から、成功するためのコツを解説します。

リフォームで良くある失敗する原因

リフォームで失敗する原因には傾向があり、大きく分けると3つの要因が考えられます。リフォームを成功させる上で、失敗の原因を踏まえることも大切な作業です。失敗の原因がわかれば、リフォームを成功させるための行動がみえてくるでしょう。

それでは、あなたの夢の住まいを手に入れる第1段階として、リフォームで良くある失敗の原因を解説します。

リフォーム予算をとにかく安くする

リフォームをするのに極力安く、お得に仕上げたいと考えるのは当然なことです。しかし、安易に価格だけを抑えてリフォームを進めると、思わぬ失敗を経験する可能性があります。

あなたがリフォームをする計画段階で、ショールームに足を運ぶことになるでしょう。ショールームには最新設備から、お求めやすい目玉商品まで並んでいます。たくさんの設備の中から、あなたは選択しなければなりません。

ここで価格の安さだけを重視して、設備を選んで良いでしょうか?あなたは上手な買い物ができたと満足するかもしれませんが、奥様の要望に適した設備とは限りません。ショールームで最新設備をみてしまっている奥様は、上位機種が良かったと考える可能性があるのです。

また、優秀なリフォーム業者ほど、あなたの要望に対して経験に基づく提案を行います。この提案を単価上げの営業アプローチと考えて、むげに断ると後で余計な出費が発生することもあるのです。住宅の程度や要望の実現性を踏まえた提案ですから、結果的には安くなります。

リフォームするイメージとのギャップ

リフォームでは、あなたのイメージしているプラン全てを、実現できるわけではありません。リフォームをする前は様々なイメージが頭に浮かび、全ての希望を実現したくなるでしょう。しかし、実際住み始めると、イメージしていた状況と異なることが意外と多いのです。

優秀なリフォーム業者は、あなたのイメージが実現性に乏しいものだと代替え案を提案することでしょう。この提案を全て却下して、あなたの要望通りに進める依頼をすればリフォーム業者はその通りに施工します。

ここで1つ考えていただきたいのが、なぜリフォーム業者があえて代替え案を用意したかということです。あなたのイメージがリフォーム業者のノウハウにより、満足度が低くなると考えたのでしょう。業者の提案を冷静に受け止めて、あなたは判断する必要があるのです。

リフォーム業者選びの落とし穴

友人や近い関係でリフォーム業者を行っている場合に、100%満足できる施工が可能かというと話は別です。あなたとの関係が近いほど、リフォームへの要望が伝えにくくなります。この結果、リフォームされた住宅は、イメージとかけ離れたものとなるのです。

また、事前の見積もりを1社ではなく、何社か複数依頼するでしょう。各社提出してきた見積もりは、極端な価格の違いはないはずです。そんな中、あまりにも安い見積もりを提出してくる業者には注意しましょう。施工してから追加料金を請求される可能性が高いです。

リフォームの失敗原因からわかる成功する方法

リフォームで失敗してしまう原因がわかれば、あなたの理想の住まいが手に入れられる道筋をみつけられます。ここからはリフォームを成功させるための方法についての解説です。

リフォーム予算にメリハリをつける

リフォームは、何を重視して予算を割り振るかが大切です。あなたがイメージする全ての要望を叶えようとすると、予算は膨大に膨らむことでしょう。ここでいう予算の割り振りとは、あなたや奥様のどうしても実現したいことには予算を高くして妥協しないことです。

この予算組みをするには、リフォーム業者からできる限り詳細な見積もりを貰わなければなりません。削れる項目はとことん削り、メインとなる項目に予算を集めます。この予算設定は、リフォーム後の住まいの快適さに大きく影響するでしょう。

リフォームプランは家族とのコミュニケーションが大切

リフォームを成功させるには、奥様の意見を上手にくみ取る必要があります。なぜならリフォームは、水回りの改修が含まれやすいからです。特にキッチンでは、奥様の意見がとても重要になります。普段使われているキッチンの不便さを、1番理解しているためです。

ショールームの見学で、あなたが便利だと感じた設備があるとします。これまで家事を頑張る奥様に、あなたは喜ぶだろうと考え奮発して購入しました。しかし、便利そうにみえた設備が奥様の家事には必要ないものだとしたら、あなたの気持ちとお金が無駄になってしまいます。

水回りのリフォームは奥様の意見を尊重して、満足度の高い設備を整えましょう。

リフォーム業者は実績と口コミが重要

リフォーム業者は近いという理由で選ぶのではなく、実績件数と口コミを良く確認しましょう。実績が少ない地元の業者でリフォームをすると、思い通りに施工ができないと考えられます。

また、リフォーム業者のホームページに掲載されている口コミではなく、実際にその業者を利用した人の口コミを検索してください。リフォーム業者のホームページでの口コミは良いことしか掲載されていません。本当の姿がわかるのは、業者を利用した生の声です。

リフォーム業者選びが上手くいく3つのポイント

ここではリフォーム業者を上手に選ぶための、大切な3つのポイントを解説します。リフォーム業者選びのキーワードとなるのは、営業とデザイナー、社長の3つです。この3つのポイントの見極めは、あなたのリフォームを成功させるのに大きな影響を与えます。

リフォーム業者の営業の対応

リフォーム業者と1番最初のコンタクトとなるのが、営業との打ち合わせになるでしょう。この営業があなたの要望を全て受け入れるようでは、信頼できるリフォーム業者とはいえません。あなたのイメージを実現させるには、必ず何かしらの懸念が生じるからです。

信頼できるリフォーム業者はあらゆる懸念を考えて、あなたのイメージにできるだけ近づけようとします。全てできないという営業も考えものですが、快適に満足できる住まいにするための提案をするのです。1通り各業者と打ち合わせが終わったら、営業の対応を振り返りましょう。

リフォーム業者にデザイナーが常駐

リフォーム実績件数が多い業者は、専任のデザイナーを常駐させているケースが多いです。営業が顧客の情報をくみ取り、外注ではない自社のデザイナーにイメージを伝えます。デザインが外注であると、顧客の細かな要望が反映されにくいです。

リフォーム業者にデザイナーが常駐しているのは、大きなメリットといえるでしょう。

リフォーム業者の社長の雰囲気

小規模なリフォーム業者では、社長自身が職人であるケースが多いです。社長が職人であると、その意志が施工者に反映されます。社長の雰囲気が良ければ、大抵の業者で施工者も気分良くやりとりできるでしょう。

リフォームは信頼できる業者と家族みんなで相談するのが成功の秘訣

リフォームを成功させるには信頼できる業者を選び、奥様と十分に話し合うことが大切です。疑問に思うことや不明点は全ての人を巻き込み、徹底的に話し合いしましょう。これがあなたのリフォームを成功させる、大きな要素といえます。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリフォームローンを使って賢くリノベーション!

Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリフォームとリノベーションについて今回は「リフォームローンを使って賢くリノベーション!」です。

長年住んでいる家をリフォームしたいと思ったら、まず資金が問題になります。資金が足りない場合は、リフォームローンを組んでリフォームやリノベーションをすることになります。ここでは、高齢者も使えるローンなどリフォームローンの種類やリフォームローンを選ぶときの注意点などを紹介します。

リフォームローンとは

リフォームとリノベーション

リフォームローンはありますが、リノベーションローンは聞いたことがありませんよね。「リフォーム」と「リノベーション」はどう違うのでしょうか。部屋の改築という意味で、「リフォーム」と「リノベーション」を何気なく使っている人が多いのですが、リノベーションの方が一般的に大規模な改築のときに使います。例えば、間仕切りを減らして大きな部屋を作る、または反対に間仕切りを作って小さな部屋を作るなどといった工事がリノベーションです。しかし、現実問題としては、リフォームとリノベーションははっきりと区別して使われていません。

リフォームローンとは

リノベーションでもリフォームでも、「リフォームローン」を使えます。リフォームローンは住宅ローンの一種ですが、普通の住宅ローンより返済期間が短く、利子も少し高めの設定です。

リフォームローンは各銀行によっても違いますが、エコロジーに関するリフォームの方が利子が低く設定されています。ソーラーシステムや断熱材を入れる場合は、エコに特化したリフォームローンを利用するとリーズナブルです。その他にもそれぞれの銀行で、オリジナルローン商品を作っていますから、資料を取り寄せてしっかり比べましょう。

無担保型、それとも担保型、どちらを選ぶ?

担保というのは、別の言葉で「抵当」と呼ばれます。将来起こるかもしれない不利益、つまり借金をして返済できないときに、代わりに返すためになんらかの保障を提示することです。

担保型ローンは、無担保型ローンよりも借入額が多く、低金利で返済期間も長く設定できます。ただし、担保型ローンにもデメリットがあります。無担保型ローンのように気軽に申し込めません。保証人が必要な場合も多く、審査に数日かかります。

担保を設定する(返済できない場合は、持っている土地を渡すなど)ために保証料や手数料が必要です。担保は法的処置になるので、印紙代などがかかり、もし100万円以下の借金であれば、利子よりも高くなってしまう可能性があります。

そのため、借入金があまり高額ではない場合は、計算をしっかりしてお得なローンを選択しましょう。

リフォームローンを組むときにチェックすること

リフォームローンについて見てきました。リフォームローンを選ぶときにチェックすることを箇条書きにしたので参考にしてください。

  • 返済期間は最長何年か?
  • ローンを組める最高金額はいくらか?
  • 保証人は必要かどうか
  • 申し込み時の手数料
  • 繰上げ返済をしたい場合に手数料は必要か
  • リフォームの目的により金利に差があるか(エコリフォームはやすいかどうか)
  • 団体信用生命保険に加入しなくてはならないかどうか

歳を取ってもリフォームしたい

何才までリフォームローンを申し込めるの?

退職が近くなって、急に家にいる時間のことを考え、老朽した家をどうにかしたくなる人も多いですよね。そのようなとき、高齢者もローンを受け取れるのでしょうか?

実は、リフォームローンは住宅ローンより返済期間が短いこともあり、かなり高齢になっても申し込めます。銀行によりますが、ほとんどの場合、完済時に満75歳以下というのが条件です。

リフォームローンは一般的に15年、銀行によって20年の返済期間を設けていますが、15年なら60歳でもリフォームローンを組めます。金額にもよりますが、オンラインでの申し込みも可能です。

満60歳以上の人用特別ローンもある

歳を取ってくるとバリアフリーにするなどリフォームをしたくなります。車椅子で家の中に入れるようにしたり、トイレやお風呂を作り変えたりして、老後の生活が楽になるように準備をしておくと安心です。

ただ、あまり歳を取るとローンが組めなくなり、まとまったお金を使ってしまうと不安な気持ちになるため、ローンを思いとどまる場合もあります。

そのような高齢者のためのローンがあります。借入金を返済する必要はなく、月々の支払いは利息のみで、本人が死亡したときに不動産を売却することで返済します。

ただし、死亡した時点で不動産を売却しても借入金に満たない場合もあります。その場合は相続人が支払い義務を持つのでしょうか?

ローンを組んだときの契約によって変わってくるので注意が必要です。相続人の返済義務は、リコース型とノンリコース型で違います。リコースとは日本語で、償還請求権。つまり返済を相続人に要求するタイプの契約です。

リコース型とノンリコース型では、契約状況が違います。融資を受ける前にきちんと確認しておきましょう。一般的には、ノンリコース型の方が、月々の支払いは割高になります。また、存命中に家を売りたくなっても売ってはいけないなどの拘束が生じる場合がほとんどです。

中古住宅を購入した場合

中古住宅を購入して、自分好みにリノベーションして使うというのが人気です。ローンを組んで中古住宅を購入し、そのあとでまたリフォームローンを組む代わりにリフォーム一体型ローンがあります。

一体型ローンがお得なのは、住宅ローンの金利が適用されるためです。しかし、この場合はリノベーション工事の見積書や工事請負契約書などが必要になるので、リフォームをしてくれる業者を選定する必要があります。

しかし、あまり慌てて施工会社を選ぶと、リフォームに失敗してしまうこともあるので、時間がない、不安があるなど心配な場合はおすすめできません。中古住宅を購入して、この業者にリフォームしてもらいたいという強い希望があるときには、ぜひこのローンを使いましょう。

ただし、ローンを組めるリノベーション費用には限度があるので、あまり大規模な工事の場合はローンだけでは足りない場合もあります。予算に余裕を持って計画的に実行しましょう。

リフォームでも住宅ローン減税が適用

確定申告で住宅ローン減税

減税制度は新築家屋を購入時の住宅ローンだけだと思っていませんか?実はリフォームでローンを組んだ場合も住宅ローン減税制度の対象になります。省エネ、バリアフリーリフォーム、改築などリノベーションをするときにローンを組んだ場合、100万円を超える工事であれば、入居した年から10年間、所得税が減額されるのです。

控除額は、40万円を限度額に、ローン残高の1%と所得税額+控除対象住民税額のうち低い方の金額が差し引かれます。住宅に耐震性があることが必須条件です。

1年目は給与所得者も確定申告が必要です。その次の年からは、勤務先にローンの残高証明を提出すれば自動的に年末調整時に減税されます。

固定資産税の減税

リノベーションの種類が、耐震・省エネやバリアフリーなどであれば、固定資産税が減税される場合もあります。2020年までにリフォームされたものが対象で、それ以降は変更があります。固定資産税は各自治体での支払いになるので、区市役所に直接問い合わせましょう。固定資産税の減税は次の年のみの適用です。

リフォームローンを組んで理想の住宅

住居をリフォームする資金が足りない場合に、利用できるリフォームローンについて紹介しました。年齢が上になっても、また、あまり収入がない状態でも、住む家があればリフォームローンは比較的楽に受け取れます。ローンを利用して、気持ち良い理想の住宅を実現しましょう。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説する耐震リフォーム

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「耐震リフォーム」です。

近年の自然災害を見るにつけ、日本に住んでいて大地震の心配をしている人というのはとても多いと思います。
大地震はいつどこで起きるかはわかりませんので、日頃から災害に備えて水や食料、防災グッズを揃えておくことは非常に重要です。

そして住まいの耐震性を高めておくこともまた地震対策として大変重要となります。
近年の大地震のニュースを耳にするたびに、幸運にも被災を免れた地域に住んでいる方々は、自分の家の耐震性は大丈夫なのかとても心配になると思います。
もうすでにある建物の耐震性を向上させるためには、耐震補強の工事を行うことが有効です。

耐震リフォームとは

耐震リフォームは、もしものときの命の分かれ目にもなりますので、そういった心配を少しでも減らしておくためには必要といえます。
今回は、リフォームのなかでも耐震補強工事などの耐震リフォームについてお伝えしたいと思います。

近年の大地震と言えば、1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災が代表的ですが、これらの地震で倒壊した建物の多くは1981年以前に建てられたものが圧倒的に多かったのはご存知でしょうか。
倒壊した原因のひとつとして建物の耐震性の低さが挙げられます。

日本の建築基準法のなかには耐震基準というものがあり、その建物の耐震強度の最低限度を保証するものとなっていて、建物の耐震性を決定する基準となっています。
この耐震基準は大地震のたびに改正されていて、建物は建築された時点における耐震基準を守って建てられており、とくに1981年と2000年に大きな変更が行われました。

1981年6月以降に「建築確認済証」が交付された建物は「新耐震基準」を満たしていることになります(「竣工年」ではありませんので要注意)。
新耐震基準に対し、それ以前の建物を「旧耐震基準」と呼んで区別しています。

新耐震基準というのは、極めて稀に起こる大地震でも倒壊しないということを前提に設定されています。
一方、2000年の法改正では新築時の地盤調査がほぼ義務付けられることになったり、壁の配置バランス、柱や筋交いに使用される金属の種類の明確化などが義務付けられました。

耐震リフォームに関することで耐震設計を調べていると、耐震と同じように「制震」や「免震」という言葉が使われていることに気付きます。
これらの言葉にはどのような違いがあるのかご説明させていただきます。

まず「耐震」とは、壁や柱などの強度を単純に上げることで、建物の強度を地震に耐えられるようにする改修のことです。
一般住宅のとる地震対策としては一般的なのですが、地震の振動が軽減されるわけではありませんので、上の階ほど揺れは大きくなります。
続いて「制震」ですが、地震の揺れを吸収する「ダンパー」と呼ばれる装置を建物に設置して、倒壊することを防ぎます。

地震の揺れは上階になればなるほど激しくなりますので高層ビルなどに多く採用されています。
「免震」とは、地面に打ち込んである建物の基礎部分に免震装置を設置して揺れを抑えるものです。
免震装置を建物と基礎の間に取り付けることで、地盤と建物を切り離して地震の振動が建物に伝わらないようにします。
地震の揺れを85%~90%もカットすることができる優れた工法です。

ここまで耐震リフォームに関してどういった流れで基準が作られて、どんな耐震設計があるのか大まかにご紹介してきましたが、最も気になるのは我が家をどうしたらいいのかということでしょう。

それにはまず、住まいの「耐震診断」を受けてみることがお勧めです。
そこで計測される耐震性は、いくつかの要素で決定されますのでご紹介していきたいと思います。
まずは何といっても地盤です。

地盤の状態は地震による建物の揺れ方を大きく左右します。
例えば、海や川、沼の周辺にある土地や、山の斜面を開発して作られた造成地などは地盤が軟弱とされ、地震に弱い傾向があります。
地盤の診断方法としては、地盤を掘り進めて地中の土を調べるボーリング調査を行うと、より詳しく地層の種類を分析することができます。
建物の形状も大きな要素となってきます。

一般に、長方形や正方形などのシンプルな箱型の建物は、比較的地震に強い形状と言われています。
他方、「L字型」や「コの字型」といった形状の建物の場合、地震で発生するエネルギーが分散されずに一箇所に集中しやすく、歪みが起こる要因となります。
これは単純に建物の形状で分かりますので、判断しやすいかと思います。
そして先にも述べましたが建設時期もそうです。

1981年6月以前に建てられた建物は旧耐震基準ですので、大地震の揺れには耐えられない可能性が高くなりますから耐震リフォームをぜひ検討すべきと思います。
反対に、2000年以降に建てられた建物は耐震性が高く、大きな揺れに対しても倒壊する可能性は低いといえます。
耐震診断においては、建物の壁も重要な要素です。
壁の厚さはもちろん大事ですが、耐震用金具や筋交い、構造用合板などが壁に使用されていると耐震性は高くなりますので、ご自宅の壁がどのようになっているか確認することをお勧めします。

ちなみに耐震診断は、登録建築事務所に所属している建築士か、指定確認検査機関、指定住宅性能評価機関の耐震診断士などの資格を持っている人しかできません。
リフォーム時に耐震診断してもらう際には免許証を確認するようにしましょう。

ここで、耐震リフォームとは具体的に何をするのか、主な工事内容についてご紹介したいと思います。

まずは建物を支える基礎部分の補強です。
建物の基礎の部分がしっかりしていなければ、地震に耐えることは当然できません。
基礎が鉄筋の入っていない無筋コンクリートだった場合には、それを鉄筋コンクリートと一体化させて補強します。

また、ひび割れがあればその部分を改修します。
建物の土台や柱が腐朽してしまったり、シロアリの被害を受けている場合には、土台を取り替えたり、柱全体はそのままに腐朽部分だけ新しくする「柱の根継ぎ」を行ったりすることで修繕します。

土台や柱の接合する部分には耐震用金具も新たに使用します。
また新しく使用する木材には、必ず防腐、防蟻(ぼうぎ=シロアリを防ぐこと)処理を施します。
壁の補強も行います。

一般に屋内の空間を区分けするためのみの壁を「間仕切り壁」といいますが、この壁は水平方向(横方向)からの荷重に弱いので、「耐力壁」という強い壁に替えます。
耐力壁というのは耐震用金具や筋交い、構造用合板などを取り付けて横からの力に対しても家を守る強い壁のことで、木造住宅やプレハブ住宅でも使われている構造の壁です。

また、屋根の軽量化も耐震リフォームといえます。
建物のアタマが重いと地震の揺れの際に倒壊しやすくなるのです。

例えば、日本瓦は耐久年数が非常に長く丈夫なのですが、重量がありますので地震の際には危険です。
より軽量なガルバリウムなどに取り替えるだけでも耐震性を上げることになります。

今回はリフォームのなかでも耐震リフォームについてご紹介してきました。
大地震は起こらなければそれに越したことはないのですが、日本の現状を考えるともはや無視できる要素でないことは明らかです。

うちは大丈夫だろうと楽観視できる根拠はどこにもありません。
耐震リフォームはもしもの時の備えとして必ず機能しますので、大切な我が家と家族を守るために、まずは耐震診断を受けてみてはいかがでしょうか。

リビンマッチ(旧スマイスター)サイトではリフォームの見積もりを複数社で比較することができますので、大変便利です。
耐震リフォームを考えている方にもリビンマッチ(旧スマイスター)サイトの利用はお勧めですので、前述のポイントを振り返りながらぜひご活用ください。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリフォームの理由

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「リフォームの理由」です。

一般的に、リフォームをする動機として最も多いのは、住宅の老朽化だと思われます。家が傷んだり汚れたりと、老朽化による不具合が色々と出てきて困ることも増えます。

リフォームする理由とは

懐事情と相談して悩んだ末に、リフォームを決断するといった流れが主なリフォームをする理由のようです。
しかし、近年リフォームの理由にはある変化が起きているようです。

国土交通省の平成29年度の「住宅市場動向調査」によりますと、住宅リフォームの理由として、「住宅を長持ちさせるため」が長期的に見て増加傾向にあるそうです。
住宅の老朽化がリフォーム理由の1位であることは変わりありませんが、長持ちさせるためという理由は長年2位だった「台所・浴室・給湯器などの設備が不十分だった」という理由を抜きました。4位の「不満はなかったがよい住宅にしたかった」という理由も順位こそ上げていませんが、割合としては増加しています。

「住宅の老朽化」と「水まわり設備が不十分」というのはいわば「問題が起こったから対処した」「不満を解消した」という理由になります。
問題が起こらなければ、これらのリフォームは行われていませんので、消極的理由ともいえます。
これらが長年リフォームの理由で1位2位を独占していたというのも、これまでのリフォームの理由が消極的だったことを物語っていたと思います。

対して「住宅を長持ちさせるため」と「よりよい住宅に」というリフォーム理由は「問題を未然に防ぐ」「積極的な改良」といえます。
問題が起こる前に自分の住宅を強化することを目的としたリフォームであり、こちらは積極的理由といえます。
長年リフォーム理由の3位と4位だったようですが、「住宅を長持ちさせたい」という理由は2位に躍進し、「よりよい住宅に」という理由も4位ながらその割合を増やし続けています。

このことから、リフォームというものが以前に比べ、いわば対症療法的な、必要だから行うという消極的だったものから、「積極的な改良」の手段として認識を改め始めているともとれます。
もちろん必要に迫られてリフォームをしたという方も多いでしょうし、今後もそういったリフォームは続いていくと思います。
しかし住宅建築の選択肢として「家を新築する」と同列に「家を改良する」があり、今後増えていくであろうことは、世帯数よりも住宅数が多い日本の現状では容易に予想されます。

では、具体的にどのようなところをリフォームしているのでしょうか。
同じく住宅市場動向調査の「住宅内設備」という項目で見ると、「台所・便所・浴室等の設備を改善した」が85.2%と他を圧倒して多くなっています。

ほとんどが水まわりの設備機器の交換や新設をしているようです。
設備機器というのは水まわりのものが故障の確率はどうしても高くなりますので、この結果は当然かと思われます。
「住宅の構造」という項目で見ると、「断熱工事・結露防止工事等を行った」が67.7%、その次に「基礎・構造の補強を行った」が45.2%となっており、いずれも家を長持ちさせるためのリフォームといえます。

リフォームした箇所に目を向けても、水まわりの設備は別としても、快適さの向上や家の補強といった「積極的な改良」にシフトしつつあると考えてもよさそうです。
こういった積極的なリフォームには、より規模の大きいリノベーションの流行も関係しているといえます。

特に若い世代では、中古住宅を購入してリノベーションすることで、自分好みの家にしたい、快適に過ごせる家にしたいという考え方が広がってきているようです。
限られた資金のなかで柔軟な発想と工夫を凝らし、住まいの満足度を自分たちで上げていくことで、自ら人生の主導権を掴もうとしているのかもしれません。

他方、子供たちが独立を果たした年配の夫婦が快適なセカンドライフを送るために、高齢者向けの仕様にリフォームするという場合もあります。
ライフステージの変化に伴い、家族の変化とともに家の形も変えていくというのは今後主流になっていくかもしれません。

リフォームの理由の微妙な変化には、住まいに対する考え方が少しずつ変わってきていることが影響しています。
人口減少や空き家問題など起因として、人口に対する住宅の数のバランスは今後どんどん変わっていきますので、住まいに対する考え方というのもいまだ変化の途中なのかもしれません。

将来的に再びリフォーム理由の傾向から推測して、さらに変化した住宅に対する考え方を知るのも面白いかもしれません。
自分が参考にしているリビンマッチ(旧スマイスター)でも様々なリフォーム事例がのtっているので、こちらも参考にしてみたらよいのではないでしょうか。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリノベーションの予算とプラン

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「リノベーションの予算とプラン」です。

リノベーションというのは建築のプロである設計者のサポートによって、既に存在する建物と、素人である依頼者のリフォーム要望を組み込んでもらうという、ある意味コラボレーションとも言えます。

しかし、リノベーションの意向は素人である依頼者が主導するため、主張をすればするほど計画通りにいく可能性というのは保証されず、多少ギャンブル的な部分も生じてくるかと思います。
現場では既存の建物との折り合いもありますので、即興的な変更や追加の工事も多々あることでしょう。

リノベーションの失敗として、予算やプランが想定外だったということはよくあるのです。
そういった失敗のパターンを知ることにより、今後リノベーションを行う方が気を付けることができるよう、今回はリノベーションの資金計画やプランニングについてご紹介したいと思います。

リノベーションをプランニング

まず予算や資金計画でうまくいかないケースとして、リノベーションしようと思う中古物件を買ったあとに業者に相談するというパターンがあります。
既にお持ちの物件をリノベーションする場合には、単純にリフォームの工事にかかる費用を考えればいいのですが、中古物件を買ってからリノベーションする場合には、物件の価格とリノベーションの費用の両方を視野に入れて考えなくてはなりません。

リフォームの工事にいくらかかるか分かっていないうちに物件を購入してしまうと、リノベーションの予算を大幅に抑えなければならなくなったり、予想外の追加工事の発生により、リノベーションの費用が予算を大幅に超えるといった事態が発生しかねません。

ですから、中古物件を購入したあとにリノベーションするという流れはお勧めできないのです。
手持ちの物件が無い場合の手順としては、まずリノベーションを依頼する業者に見積もりをとった後に物件探しをする、というのが予算オーバーを防ぐための道筋として間違いがないといえるでしょう。

リフォームの費用というのは、部屋を解体して骨組みの構造を利用して、全面的にリノベーションするスケルトンリフォームの場合およそ10~15万円/㎡とされていますが、内装や住宅設備のグレードによっても変わってきますので、リフォーム費用の概算を前もって出しておくためにも物件を購入する前にリノベーションを依頼する業者を決める必要があります。

またマイホームを購入する方は住宅ローンを組む方が一般的ですが、リノベーションで中古物件を購入する前の段階であれば、リフォーム費用をあらかじめ出しておくことで、住宅ローンに組み込んで資金を借りることができます。

リフォームのローンというのは住宅ローンに比べて金利が割高ですので、なるべく住宅ローンと一本化しておいたほうがお得になります。
またリノベーションのプランを前もって作っておくことは、物件を選ぶ際にも役に立ちます。

あらかじめ物件を購入してしまうと、リフォーム工事がプラン通りにいかない場合には追加や変更の工事がどうしても発生してきますので、プランにあった物件を選ぶことによってその可能性を減らすことができるのです。
設計を依頼する方に物件の内覧へ同行してもらったり、中古物件の図面を確認してもらうことで、リフォームのプランに適した最小限度の費用で済むような物件選びに協力してもらうことができます。

次にリノベーションにおけるプランニングで注意すべき点をご紹介いたします。
リノベーションというのは既存の建物の枠組みを利用して、中にある部屋を新しくしていくことですから、建物の構造によっては出来ない工事というのも当然出てきます。

給水や排水に不具合が生じてしまうために水まわりの間取りを動かせなかったり、耐震強度の問題からどうしても取り除くことができない柱や壁なども存在するのです。
また物件がマンションなどの場合には、集合住宅のなかでのルールや規制もありますので、やろうと思っていたリフォームが制約されてしまうことも多々あります。

これも繰り返しになってしまいますが、物件を購入する前から業者と相談して、リノベーションで実現したいプランを決めておくことが重要となります。
希望するリノベーションが実現可能かどうかを確認したうえで物件を決める必要があるのです。

リノベーションのプランニングにおいては無いものを想像してひとつずつ漏れなく考えていかなければなりません。
ですから決めることが多すぎて、項目によってはなかなか決められなかったり、あとから後悔しそうで不安という方も多いかと思います。

どうやって決めていけばいいのか分からないという場合には、家族の生活スタイルをまず考えたほうがいいと思います。
料理をよくするのであれば、キッチンの設備機器を充実させて家事動線を考えた配置にしたり、また自宅で趣味の活動をするのであれば、そのスペースから先に考えていくことによって派生的にプランが出来上がっていくかと思います。

リノベーション会社によっては、設備類はある程度標準的なプランに含まれていることが多いですので、標準オプションから設備を足したり引いたりして考えるのもいいかと思います。
基準があると、そこから必要かどうかや足りないものについて考えやすくなるでしょう。
また、現在住んでいる家を基準にすることで、不足している設備を増やしたり、使い勝手が悪く満足していない部分を変更しようと考えると失敗は少なくなりそうです。

反対に、リノベーションに確固たるイメージがあり、憧れの部屋のスタイルがある場合にも注意点があります。
具体的なイメージがあるので一見プランニングには問題なさそうなのですが、迷うことが少ない反面、デメリットを想像しにくかったり、好みを優先するあまり無理やり取り入れて失敗するというケースが考えられます。

例えば流行のオープンキッチンなどは、従来のクローズドキッチンよりも多くのスペースを必要とします。
最近の調理台やシンク、コンロなども大きいものが主流となっていますから、単純に壁を壊して広くすれば大丈夫と考えていると、想像以上に狭くなってしまったということもあり得ます。
キッチンで動線をとれなくなると大変不便となりますので、好みを優先させることは大事ですが、スペースは余裕を持ってとる必要があります。

このような注意点はプランニングするうえで設計者も分かっていますから、善後策もあわせてぜひ聞いておくようにしておきましょう。
特に「これは必ずやりたい」という優先順位が高いプランほど、積極的にデメリットを確認しておくことが重要になります。

また間取りや設備に関しては、いま現在だけを優先するのではなく、先々の生活スタイルまで考えてプランニングすることも大切です。
例として、現在お子さんがいらっしゃらなくとも今後子供部屋が必要になるかもしれませんし、またお子さんが独立した場合には、子供部屋を違う用途に使うことになるかもしれません。
現在だけではなく未来の暮らしも織り込んだプランにすることで、後になって後悔することも少なくなるはずです。

以上、リノベーションの資金計画やプランニングについてご紹介してきました。

まとめますと、予算に関しては、中古物件を買ってからリノベーションする場合、必ず購入前にリノベーションの見積もりをとっておくことが大事です。
工事費がどれ位なのか分からないままで物件を購入するのは危険ですので注意しましょう。
またリノベーションを依頼する会社には、物件の選定をサポートしてもらうようにしましょう。
プランニングで大事なことは、完成後のイメージです。

生活スタイルから考えることでより現実的にプランを決めることができますし、反対に理想のイメージがある場合でしたらその際のデメリットを確認しておくことも重要です。
リビンマッチ(旧スマイスター)サイトではリノベーション会社を比較しながら探すことも簡単にできますので、ぜひ活用して信頼のおけるリノベーション会社を見つけて、まずは相談していただきたいと思います。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリノベーションの業者探し

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「リノベーションの業者探し」です。

住み慣れた住まいや購入した中古物件を思い通りにリノベーションすることで、今よりも快適に過ごしたい、けれど失敗して後悔したらどうしよう。
住まいというのは人生のうちで長い時間を過ごす大切な場所ですからリノベーションによる失敗はなるべく避けたいものです。

リノベーションを成功させるためにはどんな業者に依頼するか、依頼者の意を汲んでくれる業者を探しあてることが非常に重要となります。
理想の家を完成させるため、リノベーションにおける業者探しの秘訣を探っていきましょう。

リノベーションに失敗したと感じる経験者が後悔することの多くは、業者選びの失敗なのです。
もともとセンスの合わない業者を選んでしまい、自分の考えが伝わらなかったり、工事が雑で不備が生じたりと、業者選びに失敗したという経験をお持ちの方は多いようです。

リノベーションでの業者選び

リノベーションやリフォームでまずやるべきことは、とにかく信頼のおける業者を探すことです。
依頼者の希望に合ったプランを立てて、実際の工事を手配するのがリノベーション会社ですから、依頼者のリノベーションに込めた意図をきちんと把握してくれて、工事現場をしっかりと監理してくれる会社を選び出すことは大変重要なことです。

しかしながら、自宅の改修工事を何度も経験した人などそうはいませんから、情報収集も経験者の話を集めたり、施工会社のWEBサイトで実際の施工事例などを見たりして、とにかくセンスの合いそうな会社を探していくしかありません。

良さそうだなと思う会社を見つけたら、その会社がリノベーションの経験が豊富なのか、仕事の丁寧さの評判をネットなどで調べてみたりしてみましょう。
そのうえでいいと思える会社が見つかったら早速資料請求や見積もりを出してもらうのですが、その際は必ず複数社に相見積もりを取りましょう。

1社に絞ってしまうと、その見積もりが適切な値段かどうかの見当をつけることができません。
最低でも2~3社は候補を選んで相見積もりを取り、その中から選ぶようにしましょう。
見積もりを取ってもらう際には価格だけで判断するのではなく、こちらの希望を正確に理解してくれるのかどうか、プランの内容やデザインのセンス、工事手法などから総合して判断しなければなりません。

会社にも得意なものと苦手なものがありますから、過去の施工例を確認しましょう。
和風の家を得意とする会社に北欧風のデザインの家を頼むのはまさにお門違いというもので、希望の建築スタイルに対する理解度に、必ず差が生じますので失敗の原因となります。

そして信頼のおける会社に任せることができたとしても、予想外のアクシデントが起こることは多々あります。
完成後、住み始めてから建具の建付けが悪かったり、漏水が判明したりすることもあるかもしれません。

そういったときに工事を再度やり直してくれるのか、保証の範囲はしっかりと確認してから請負契約を結ぶようにしましょう。
リノベーション工事の保証は工事を請け負った会社の保証以外にも、第三者機関の保証システムが存在します。

その会社の保証内容を確認しておくことと、「第三者機関の保証を受けられるか」どうかもチェックしておく必要があります。
また会社とトラブルになった場合の相談先として国土交通省指定の「住宅リフォーム紛争処理支援センター」というところがありますので、揉め事の際には相談しましょう。

さて、ここまではリノベーションをお願いする会社を探すポイントについて紹介してきました。
ではリノベーションを依頼する会社にはどういった種類の業態があるのでしょうか。
ここからは、リノベーション関連業者の業種ごとに紹介していきたいと思います。

なお、実際にリノベーションのために選ぶ業者はいずれの業種にしろ、大前提として自宅の近くから選定しなければなりません。
改装工事というのは現場に建材、設備機器、そして労働力を集めなければなりませんので、コストの面から現場に近い業者が最適となります。

そのうえ業者は近隣地域での仕事となりますので、評判も伝わるものですし、下手な仕事は出来ないということになってきます。
そういった前提を踏まえて以下の業種の紹介に移っていきたいと思いますので、選定の参考にしていただければと思います。

まずは建築士事務所です。
ひと昔前までは建築士事務所がリノベーションに関わることは無かったそうです。
しかし、工事内容が複雑で難しくなったことや、補助金や減税の制度が充実してきたことを背景に積極的に案件を受注しているようです。

次は住宅会社です。
住宅会社は自宅の近辺に営業所が存在する場合と、もし近くになくても検索すれば大手ハウスメーカー系列の住宅会社が必ず出てきます。
自宅から10km圏内にあれば近隣の業者と捉え、候補として考えて良いかと思います。
住宅会社に資料請求を行えば送ってもらえますし、会社によってはショールームに案内してもらえるかもしれません。

3つめが建設会社になります。
建設会社も建築士事務所と同じように、以前はリノベーションに関わる案件を受託していませんでしたが、最近では積極的に受けているようです。
街中の看板でもリノベーションやリフォームの案件を取り扱っている旨の表示をしていますし、会社によってはショールームを用意している所もあるようですので、ぜひ利用したいところです。

4つめは工務店です。
依頼先を工務店とする場合には、自宅の近辺から選ぶようにしましょう。
ご近所の評判が得られますので、大きな判断基準となります。

もし近所に無いようでしたらインターネットでの検索もするべきですが、小さい工務店だと会社のサイトすら作成していない場合がありますので、選定の際には注意が必要です。
最後に、リフォームやリノベーションを専門としている会社です。

こちらはリノベーションが主な業種ですから経験の蓄積は十分でしょうから、最もスムースな流れで進めていくことができると思います。
ただ、悪徳業者というのはどの業種にも存在しますので、あらゆる手段を使って評判を探すことも大切です。

また、こういった様々な業種が存在しますので、リビンマッチ(旧スマイスター)サイトのように一括で検索できるサイトを利用するのも、業者を絞り込んでいくという点において非常に有効となりますので、積極的に利用していくようにしましょう。

以上リノベーションを依頼するにあたっての業者探しについてのあれこれをご紹介してきました。
リノベーション成功のためには、リフォーム内容に適した業者に依頼できるかが非常に重要なカギとなりますので、慎重に選びつつも、ぜひ楽しみながら気の合う仲間を探すような気持ちで業者を探していただけたらと思います。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、Mr.リビンマッチが、リフォームとリノベーションについて学習したことについてお伝えします。少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

リビンマッチとは

house

では、先ほどから出てくるリビンマッチとはどんなサイトなのかをご紹介します。 リビンマッチとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「リビンマッチ不動産求人情報」「リビンマッチMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、リビンマッチは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、リビンマッチは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、リビンマッチ不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、リビンマッチではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

Mr.リビンマッチが解説するリノベーションのトラブル

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「リノベーションのトラブル」です。

リノベーションやリフォームはいざ始めるとなると大変ですが、物をカスタムする、改造してより良くしていくという楽しみもあり、お金のかかる大人の遊びとも言えます。
元からあるものを、自分の想像力を使って別のもの、新しいものに変えていく。

そこには、人類の進化にも通じた「工夫する」という、人間の本質に関わる素晴らしさを感じることができます。
元々ある物件にリノベーションを施して、自分の思い描いた家に作り直すことは、人間らしく創造性に溢れていて素晴らしいことです。

しかし家はDIYではできません。
ひとりでイメージ通りに作り直すことは建築士でもない限りできませんので、色々な人たちの手を借りる必要があります。
リノベーションには設計者や職人など多くの人たちが関わってくることになるのですが、その方たちと自分のイメージを共有して、同じ方向を向いてもらうことはとても大切なことと思います。

しかし、出来上がりが違う、説明した通りにできていないということは不幸にもよくあるそうで、完成イメージの共有がうまくいかなかった結果といえると思います。
これは、全く何も無い状態から目的物を作っていくという条件から生じてくる問題です。
様々な人間の能力やモチベーション、思惑が絡んでくることにより、こうしたトラブルは発生してきます。
リノベーションにまつわるトラブルは、人任せとなる細かい部分にも依頼者側の思い入れが詰まっているせいか、うまくいかなかった場合に感情的にもつれてしまうというケースも多く、民事裁判となることもあるようです。

リノベーションでのトラブル

リノベーションやリフォームで起こりがちなこういったトラブルには、発生源となるポイントがいくつかあるようです。
トラブル要因のパターンを知ることによって、これらのトラブル発生の防止に役立てていただければと思います。

要因のひとつとしてはまず曖昧な契約書の存在が挙げられます。
一般的に、新築と比べるとリノベーションやリフォームの工事費用はそれほど大きくはなりませんので、契約書の作成には費用をあまり捻出できません。
ですから契約書の内容としてはあまりきめ細かなものにならず、どうしても曖昧なものとなってしまいがちです。

こういった契約書の曖昧な部分を原因としてトラブルが発生してくるのです。
契約書においてトラブルが起きる点として、建材や設備機器の指定がなされていないことが挙げられます。
建材や設備機器の指定が無いと、工事業者側はできる限り安い廉価品で済まそうとする傾向にあります。
一方の依頼者側は、自分の思い通りの建材や設備機器を使ってもらえると思っていますので、この見解の違いから後々問題として発覚してしまいます。

また、工事代金の範囲が明確に示されていないこともトラブルの原因となります。
例えば、壁紙の張り替えが工事代金として記載されていたとしても、張り替えに伴う既存の壁紙の撤去費用に関して、工事業者側が負担するのか、依頼者側が別途負担するのかまで記載がされていないと揉めることになってしまいます。

このように、契約書の内容が曖昧なせいで起こるトラブルというのは後を絶ちません。
こういった契約書の曖昧さを防ぐ方法としては、契約書を作成したら調印する前に一度契約に詳しい専門家、建築士にチェックを入れてもらうことが得策です。

トラブルの原因として、契約内容と違う仕様が施されてしまった、というものもあります。
契約書に記載されている内容と、実際に行われた工事に食い違いが出てしまうというものですが、主に設備機器の交換や新設の際に発生し、あらかじめ指定しておいた設備機器が組み込まれていないというケースが多いようです。
具体的には、最新型の機器を指定しておいたのに旧型のものが設置されてしまったり、機器のメーカー名・型番・色まで指定しておいたにも関わらず、設置されたものが色だけ違ったりする、といったことが起きます。

このように、契約書で事細かに指定していたとしても問題は起こってきますので、防止するためには依頼者自らの目で確かめることも必要となってきます。
工事の邪魔にならない時間帯を選んで工事の現場に実際に赴き、自分の目でチェックするということも、トラブルを防止するためには重要となります。

リノベーションやリフォームの工事では、既存の環境を使っての工事となりますので、工事の進行中に変更や追加工事が行われることも頻繁にあります。
そしてこの変更や追加の工事に関しても、その都度追加の費用を確認、書面化していくことが非常に大切であり、これも怠ると後々トラブルへと発展していきます。
具体的には、工事進行中に工事業者から建材の変更を提案され、その場ではとくに費用に関しての話が出なかったので了解したら、後に別途追加費用が請求されたという例もあります。

また、予定にはない簡単な備え付けの棚の製作を、職人に口頭で依頼したら応じてくれたので、無料かと思ったら後で多額の追加費用が請求された、という事例もあり、事前の契約内容には無い項目の費用負担が原因となることが多いようです。
ですから、工事進行中の変更工事や追加工事には必ず後日費用の負担が追加されるという認識を持っておくことが重要です。
そして変更した項目や追加工事が発生した場合には、そのたびに必ず見積もり書を取得し、調印を行っていくことを心掛ける必要があります。

そしてトラブルの原因として最後にあげるのが欠陥工事です。
欠陥工事がトラブルの元となるのは当たり前の話ですが、注意すべきなのは欠陥工事の起こる箇所というのが外からは見えないところに限られているという点です。
具体的な場所としては屋根裏や天井裏、床下、そして壁の中で、外側から見えない場所ということで不正も行いやすいようです。
その内容は、断熱材や吸音材の設置が正しくされていなかったり、換気の管が設置されていても管を通す穴が埋められていなかったりと様々です。
欠陥工事への対策としては、これも工事の邪魔にならない時間帯を選び現場に実際に赴いて、自分の目でチェックするということが重要となります。

依頼主が頻繁に工事現場を見に来るというのは、不正行為に対しある程度の抑止効果はあると思います。
しかしながら、欠陥工事を防止するためには専門的な知識も必要となってきます。
建材を指定と違うものにされても素人には全く分かりませんので、欠陥工事に対する手段としては、建築士事務所による「監理」の依頼が一番かと思います。
「監理」とは、契約書どおりに工事が正しく行われているかチェックすることです。
依頼人の代理として現場を監督してもらうので、欠陥工事への対策として有効です。

今回はリノベーションやリフォームで起こりがちなトラブルを、パターン別にいくつか挙げてみました。
多くの人が関わってきますので、トラブルの発生源となるポイントを押さえることで、リノベーションの完成度を高めて、自分のイメージに近づけていただけたらと思います。
自分の工夫を凝らした家を実現する「大人の遊び」をぜひ楽しんでください。