リビンマッチのオリジナリティーあふれるリノベーション

リビンマッチはリビン・テクノロジーズ株式会社が運営している不動産に関するサービスです。
リビンマッチではリノベーションやリフォームを考えている人に向けて、リノベーション・リフォームのお手伝いをしています。条件にマッチした複数のリノベーション会社に無料で一括問い合わせを行うことが可能です。

リビンマッチでリノベーション会社を探す

リビンマッチのサービスでは、リノベーション・リフォームの会社を探す時に問い合わせ内容を選択して問い合わせを行うことが可能です。
ただリノベーションの会社に問い合わせを行うのではなく、「これから中古住宅を買ってリノベーションしたい」「リノベーション済の住宅を探したい、購入したい」「今の家をリノベーションしたい」「賃貸住宅をリノベーションしたい」など問い合わせ内容を選択することができるので、自分の理想にあったプランを提供してくれるリノベーション・リフォーム会社を探すことができます。
また実際にどんなリノベーションにするか決めていない人のためにも「リノベーション全般について相談したい」といった項目もあるので、とりあえずリノベーションに興味があるといった人も問い合わせをすることが可能です。
「リビンマッチ リノベーション」とは条件にマッチした複数のリノベーション会社に無料で一括問い合わせができるサイトです。

リノベーションを行う時に知っておきたいこと

リビンマッチが紹介しているリノベーションを行う時に知っておくと良い情報をいくつか紹介します。

その1:リノベーションを行う場所の明確な計画を立てよう。

リノベーションを行った後に、「こんなはずではなかった」と後悔しないために、漠然としたリノベーションプランのまま進めてしまうのは、あまりオススメできません。
きちんと計画を持って行わないと本当に必要だった部分の解体を行ってしまい、修復に追加の費用が発生してしまうといったこともないとは言えません。
そのためリノベーションを行うときには、信頼できる業者の方ときちんとしたリノベーション計画を立ててスタートしていくことが大切です。

その2:リノベーションというものを知ろう

リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事をし、機能やデザインを変更し向上させることをいいます。
リノベーションは、新築の状態より機能を向上させたり、価値を高めたりすることを指し示し、比較的自由な改修が可能です。近年では中古マンションを購入しリノベーションを楽しむ方も多く、物件を持っている方の6割近くがリノベーションを検討しているといわれています。
また英語の「renovation」も「改装・刷新」という意味であることから、リノベーションはより新しい機能を追加し、付加価値をつけるようなことを指すことが多くあります。

その3:リノベーションとリフォームの違いについて

リノベーションとリフォームの線引きは曖昧で、決まった定義があるわけではありません。
しかし、「工事の規模」と「性能」という部分で、それぞれの言葉を使い分けることが多いようです。
先ほどリノベーションについて紹介しましたが、「リフォーム」は一般的に、キッチンやトイレといった設備の修繕から壁や天井のクロスの張り替えなどの小規模な工事を指し、古くなった所を改善して新築の状態に近づけるような形で使われることが多いです。
英語の「reform」も「改善・矯正」という意味で、マイナスの状態をゼロの状態にするという意味があります。

リノベーションのメリットについて

リノベーションを行うとさまざまなメリットがあります。
リビンマッチが紹介しているリノベーションのメリットについて紹介していきましょう。

その1:自分だけのオリジナル空間へ

住まいに強いこだわりを持つ人は多いと思います。リノベーションは規格化・パターン化された新築物件とは異なり、自由にデザインすることが可能なので、自分らしさを表現することができます。
また壁紙や間仕切りなどを変更することで住居を自分らしい空間に変えることも可能です。

その2:周辺環境を先読みできる!?

マンションや一戸建てなどの住宅を購入するうえで、周辺環境や近隣住民などは重要な項目です。
リノベーションを行うことを前提に中古住宅を購入することで新築を購入するよりも事前に状況を確認することができます。

その3:ローコストで新築並み

リノベーションは浴室やキッチンなどの1箇所、1部屋からすることができます。
リノベーションをする際にかかる費用はさまざまですが、まるまる部屋のリノベーションを行ったとしても新築物件を購入するより安い金額で自分好みの住まいを手に入れることができるでしょう。

リノベーション開始までのながれ

リビンマッチのサービスを利用してリノベーション開始までの流れを紹介します。

STEP1:必要事項を入力
まずは「これから中古住宅を買ってリノベーションしたい」「リノベーション済の住宅を探したい、購入したい」「今の家をリノベーションしたい」「賃貸住宅をリノベーションしたい」「リノベーション全般について相談したい」の項目の中から、自分が問い合わせしたい内容をチェックします。
次にリノベーションの希望エリアを選択していきます。条件にあった会社を見つけたら、自身の情報を入力していきます。

STEP2:資料請求・申し込み
オンラインで先ほど候補で出てきたリノベーション会社に資料請求、申し込みをします。リビンマッチでは選択したエリアに対応できるリノベーション会社を探します。
しかし、選択した地域によっては対応可能なリノベーション会社が参加していない場合もあります。
そのような場合リビンマッチのスタッフが希望の地域を担当できる会社を探します。
そして、リノベーションの会社を紹介できる場合はリビンマッチから連絡がきます。
しかし、条件によってはリノベーションの会社が見つからず連絡が出せない場合もあります。

STEP3:比較・検討
数日すると候補で出てきたリノベーション会社からの返事があります。その返事を元に各社のプランを比較、検討しましょう。そして、決定したらリノベーション会社に連絡をし、リノベーションについての打ち合わせなどが始まります。

リビンマッチの運営会社リビン・テクノロジーズ株式会社では、リノベーションに関する不明点などの問い合わせを受け付けています。またその問い合わせは全て無料となっています。

予算の他に予備費を準備しておこう

先ほどの流れでリノベーション会社との打ち合わせから、リノベーションを行う前に見積もりを業者からもらい、工事が始まります。
しかし、工事が始まる前に複数の業者に見積もりをもらっておくことで改修の相場がわかるので、いくつかの会社に見積もりをお願いすることをオススメします。

しかし、リノベーションの予算を安く抑えてもいざ工事がスタートしてみると問題が発生して予想外の費用が掛かることがたまにあります。
その為、通常の費用以外にも何かあった時のために予備の費用を用意しておくと、予算オーバーになってしまってリノベーションが難しいということにはならないでしょう。

その他にもなんとなくリノベーションをしようかなと考え出したら、普段から近くのショールームに足を運ぶことでリノベーションのイメージが広がるかもしれません。
ショールームは敷居が高く訪問しにくいという人にはリノベーション会社の行うイベントに参加するのもいいかもしれません。

リノベーションについてよくある質問

リビンマッチに寄せられるリノベーションについてのよくある質問をいくつか紹介していきましょう。

その1:費用は掛かりますか?

リビンマッチご利用の際の費用は一切掛かりません。リビンマッチは、条件にマッチした複数のリノベーション会社に無料で一括問い合わせができるサイトです。

その2:リフォームとの違いは何ですか?

リノベーションとリフォームの明確な違いは「リフォームは小規模な工事で性能を新築の状態に戻すもの」「リノベーションは大規模な工事で建物に新築時+αの性能を加えるもの」といった違いがあります。例で詳しく見てみると<リフォームの例>天井・壁のクロスの張り替え、設備の取り替え、外装塗装など<リノベーションの例>間取り、水道管、排水管の変更などに関わる工事。これもあくまでも一般的な通例であり、大規模な工事でもリフォームという場合も、反対に小規模でもリノベーションという場合もあるようです。

その3:予算はどれくらい必要ですか。

予算はリノベーションの内容によって異なりますので、リノベーション会社に見積りをしてもらうことをおすすめします。

その4:工期はどれくらいになりますか。

こちらもリノベーションの内容によって異なりますので、リノベーション会社に見積りをしてもらうことをおすすめします。

個人情報の保護

リビンマッチのサイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。リビンマッチのサイトを利用する人の個人情報等は大切に保護されています。

リビンマッチのリノベーション会社

リビンマッチのリノベーション会社は全国で対応しております。リビンマッチの検索サイトで出てくる会社の一部を紹介していきます。

アイジャパンリアルエステート株式会社

アイジャパンリアルエステート株式会社は、地域密着NO.1をモットーに堺市北区を拠点にその周辺エリアを得意にしている不動産業者です。
また不動産取引の新しい常識「仲介手数料定額制」を導入して、不動産取引をよりお得に、安心して利用してもらえるように心がけています。

NKコンサルティング株式会社

NKコンサルティング株式会社では、お客様の大切な不動産を単に売却するだけではなく、不動産コンサルティングによってその不動産の価値を高め売却をしています。

株式会社RIJ

『株式会社RIJ』は、お客様の暮らしをより豊かにし、幸せを提供することを掲げており、福岡市内を中心にマンション、一棟アパート、収益物件の売買に精通した不動産会社です。

へクスメイト

一口に不動産取引・売買といっても多種多様、色々なカタチがあります。お客様のご要望やご心配事に真剣に寄り添い、スピーディさと丁寧さを合わせた柔軟な対応をモットーに、安心と信頼の不動産取引をしています。
お客様の大切な財産を、生き生きと活用する「家活」「土地活」に全力投球している不動産会社です。

あおばエステート

地元であるおおむらに密着した営業を展開中しており、不動産売買は取引する金額は大きいです。
また買主の不安を払拭すべく既存住宅検査をあおばエステートで負担するサービスも行っています。
見積りも「迅速・確実・誠実」をモットーに 取り組んでいる不動産会社です。

株式会社AKASAKA DESIGN 本店

東京都23区内の物件を得意とする株式会社AKASAKA DESIGN 本店。
株式会社AKASAKA DESIGN 本店が買主となり、直接物件の購入をするので仲介手数料は不要です。
秘密厳守!迅速対応にてお客様の売却をサポートしてくれる不動産会社です。

朝日住宅株式会社

朝日住宅株式会社の創業は昭和46年。永い事業経歴に裏打ちされた当社の不動産売却は、急いで売りたい、近所に内緒で売りたい、といった人それぞれの事情に即した販売手法に精通しています。また、朝日住宅株式会社は自社ホームページをはじめ各種不動産ポータルサイトのWeb活用、さらにチラシ広告や不動産情報雑誌を活用して、多様な媒体をクロス展開することで各媒体力のシナジーを引き出しています。朝日住宅株式会社が、首都圏6か所、関西2か所で展開している住宅情報センターも当社独自の不動産売却力を支えています。

空き家をリノベーションする

リビンマッチのリノベーションのコラムの中で空き家をリノベーションするという内容のコラムがあります。そちらの内容について紹介していきます。

「空き家問題」について

日本では今、空き家が増え続けています。そして空き家をリノベーションするケースが増えてきています。
「空き家をリノベーションする理由」、「空き家をリノベーションすることで得られるメリットとは何なのか」「そもそも空き家問題とは何のことなのか」「しばしば新聞やニュースで目にする「空き家問題」とは何のことなのか」などの疑問

「空き家対策特別措置法」について

2015年より「空き家対策特別措置法」という法律が施行されたことで不動産業界の中ではかなり大きく話題になったそうです。
通常であれば、土地にかかる固定資産税は、その土地に家屋が建っている場合「住宅用地特例」により最大6分の1になるという税制があります。
しかし、「空き家対策特別措置法」によりその家屋が「特定空き家」に指定されて「勧告」を受けると、固定資産税が6倍になります。
更に行政による強制取り壊しの場合は、その取り壊し費用を空き家などの所有者に請求できます。実際に2015年10月には全国初の空き家の強制取り壊しが神奈川県横須賀市で行われました。
そのため、空き家所有者にとって「空き家」が大きな悩みのタネとなっています。このような例以外にも空き家に関する問題は今後増加するであろうと専門家たちの間で予想されています。

空き家のリノベーションについて

空き家を所有する過程はさまざまで、その空き家をリノベーションする理由もさまざまです。
「相続で受けた不動産」「住み替えたあとにそのままになっている家」「使っていない別荘」などが通常の空き家に値し、これらの空き家をリノベーションするにあたっては大きな問題はないでしょう。

特殊な空き家の例

日常的に人が住んでいない住居のことを全て「空き家」に指定されるわけではありません。
倒壊の危険があったり、衛生上有害となる恐れがあったりする場合、防犯や防災の観点などの理由により各行政によって「特定空き家」と指定されます。「特定空き家」の場合よくある解決策としては、売却する方法があります。
しかし、愛着などが湧いていたり、先祖代々受け継いでいる家だったりする場合は売却に踏み出すことができないという人も多いです。
また空き家が郊外や地方にある場合などは「不動産業者に売却を依頼してもうまくいくのか。」といった不安もあると思います。このような場合の解決策として「リノベーション」をあげることができます。
空き家をリノベーションすることにより、「特定空き家」の倒壊や衛生上の条件満たすことで、固定資産税を抑えることが可能になります。
また、リノベーションをしたことによって性能が上がった空き家は、賃貸として貸すことを見込めたり、売却できたりする可能性を高めることもできます。
リノベーションには当然初期費用がかかりますが、これからも長くその空き家と付きあう可能性がある場合、長い目で見ればリノベーションは一つの有効な方法なのではないでしょうか。