リフォームもリビンマッチの「リノベーション」に問い合わせ

今回も、「リフォームのおさらい」です。またですが(-_-;)自分のためにも。

リノベーションとの違いは?

リビンマッチによる解説を要約すると多くの場合、リフォームは「老朽化した物件を元に戻す小規模な工事」という意味で使われます。一方、リノベーションは「物件に新たな機能を付け加えるなどして価値を高める大規模な工事」という意味で使われます。両者の間に厳密な区別はないため、リノベーション業者にリフォームを依頼しても問題はありません。

複数の業者を比較しよう

リフォームにせよリノベーションにせよ、業者選びは何より重要となります。信頼できる業者と計画的に進めていかなければ、当初の思惑とは違う工事結果になってしまい、お金を無駄に使ってしまうことにもなりかねません。

リビンマッチを利用すれば条件にマッチする複数の業者に対して無料で一括問い合わせできます。また、リビンマッチはプライバシーマーク認定企業ですから、問い合わせの情報は大切に保護されます。良い業者と巡り会うためにも、リビンマッチを大いに活用して多くの業者を比較検討しましょう。

業者選びのコツ

業者を選ぶ際に気を付けることは多くありますが、特に注目したいポイントは以下の4点です。

1. 希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
2. 相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をしてくれる。
3. 何かあったときに誰がいつ対応できるかがはっきりしている。
4. アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。

リビンマッチで業者を比較検討する際、上記の4点を重点的に比較しましょう。業者から説明が無い場合、ご自身から進んで尋ねることも重要です。また、良心的な判断からあえてリノベーションを勧めてくれる業者もあることでしょう。信頼できる業者からの提案であれば、リノベーションへの転向を検討する価値はあります。そのような業者に巡り会うためにも、リビンマッチで多くの業者を比較検討することが重要になってきます。

悪徳業者を追い払うシンプルで強力な方法

リフォームやリノベーションの分野は、いい加減な工事をしておいて高額な工事代金を請求する悪徳業者が後を絶ちません。住宅の無料点検を装って工事の口実を作ったり、モニター案件を持ちかけてリフォームに誘導したりと、手口は巧妙を極めています

そんな悪徳業者を寄せ付けないシンプルで強力な方法が「リフォーム実施の判断から業者選びまで、全て自分の意思で実施する」というものです。その第一歩として、リビンマッチを利用した業者探しをご自身の手で行う、ということをお勧めします。