リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、スマイスターから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

スマイスターとは

house

では、先ほどから出てくるスマイスターとはどんなサイトなのかをご紹介します。 スマイスターとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「スマイスター不動産求人情報」「スマイスターMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、スマイスターは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、スマイスターは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、スマイスター不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、スマイスターではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(スマイスター)タバコとリフォーム

健康増進法改正でなにかと肩身が狭くなっている愛煙家の皆様に。今回はリフォーム、リノベーションでも愛煙家が損をするというお話をお届けしたいと思います。スマイスターマガジンより、喫煙によるリフォーム負担についての記事をまともとお届けしたいと思います。

愛煙家が求められるリフォーム負担とは

賃貸住宅では、入居者が契約終了で退去する際に原状回復工事を行います。原状回復とは、部屋内の劣化のうち入居者の故意・過失で発生した損耗を復旧する作業のことです。リフォームに掛かる費用は、入居者が負担するものになっています。とはいえ、通常の生活で発生する損耗は家主が負担すると決められています。通常の生活で発生する損耗には、家具の設置で付いた床のへこみや冷蔵庫使用による壁紙の電気焼けなどがあります。しかし、不注意でつけた床の傷や扉の故障と並んで、タバコによる壁紙の変色は入居者負担とされています。

そうです。部屋で定期的にタバコを吸っている場合、部屋の退去時に壁紙を張り替える費用を支払わなければいけないのです。

原状回復にかかる費用とは

喫煙の有無でリフォーム費用に、いくら位の差が出るのでしょうか。ある関係者によると、もし1K6畳のアパートでリビングでタバコを吸っていた場合、
「壁紙を全面張り替えることとなるので、約8~9万円の費用が掛かってくる」という話もあります。壁紙を汚さないように気を付けて換気扇の下で吸っている場合でも、換気扇では全ての煙を吸いきれるわけではありません。色が変わっていなくても臭いが染み付いていることが少なくないのです。そのような場合、管理会社や大家さんから負担をもとめられることになります。

ベランダでの喫煙にも壁

それでは、ベランダでタバコを吸えばいいのではと考える愛煙家もいらっしゃるかもしれません。しかしここにも問題があるのです。ベランダは入居者の専有部ではなく、他の入居者との共用部なのだということを忘れてはいけません。
ベランダでの喫煙では、副流煙が隣の部屋に流れてくることが少なくありません。ベランダを含む共用部での喫煙を禁止するマンションも増えてきています。

今回は喫煙者に求められるリフォーム負担についてお届けしました。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、スマイスターから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

スマイスターとは

house

では、先ほどから出てくるスマイスターとはどんなサイトなのかをご紹介します。 スマイスターとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「スマイスター不動産求人情報」「スマイスターMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、スマイスターは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、スマイスターは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、スマイスター不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、スマイスターではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(スマイスター)リフォームで子どもの安全対策

リフォームやリノベーションを考えるきっかけは様々ですが、そのなかでも多いのがライフステージの変化によるものです。スマイスターを参考にする人のなかでも、子どもの誕生をきっかけに、住まいを見直す人は少なくないでしょう。

今回は子どもが安心して暮らせる住まいについてお届けします。ぜひリフォームの参考にしてみてください。

住宅で起きる子どもの死亡事故

世界保健機関(WHO)基準の分類では0~19歳までを「子ども」としている。
子どもの死亡原因で一番多いものは何かご存じだろうか。0歳児に限れば「先天的な奇形・染色体異常」が一番だが、1~19歳の死因第一位は「不慮の事故」であるといわれています。

不慮の事故のなかでも多いのが家庭内での事故です。家庭内の事故のなかには、あらかじめ対策していれば防げるものがあります。家庭内のどこに危険があるのか、あらかじめ把握しておくことが大切です。

家庭内事故ナンバーワンは風呂場

家庭内事故が多いのは風呂場であるといわれています。特に、最近の浴槽は、高齢者を意識して作られており、ヘリが低くなっているという特徴があります。浴槽のヘリが50cm以下の場合は注意しなければいけません。ちょうど歩行を覚えたばかりの1歳児がヘリに足をかけたり、浴槽を前のめりに覗き込める高さが50cmだからです。洗濯や災害時のために残り湯を溜めている場合、浴槽に転落し溺れてしまうケースがあります。風呂場での死亡事故は毎年40件ほどあるといわれています。

死亡リスクが高いベランダ事故

ベランダからの落下死亡事故も年間に20~30件ほど起こっているといわれています。というのが、昨今のベランダは、横柵や横板になっているものが多く、子どもが足をかけてよじ登ることができてしまうことが原因の一つだといいます。他にも、エアコンの室外機の上にあがり、外に転落してしまうケースも多いそうです。子どもが誤ってベランダに出ないように補助錠の設置したり、窓の開閉を調整するストッパーの取り付けを検討することが大切です。

自治体によってはこうした事故を防止するために子育て世帯への助成金制度を実施しています。東京都墨田区では「子育て世帯住宅リフォーム支援制度」という制度を設け、安全に子育てができる居住環境の整備を目的に、助成金を交付しているようです。

ぜひ参考にしてみてください。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、スマイスターから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

スマイスターとは

house

では、先ほどから出てくるスマイスターとはどんなサイトなのかをご紹介します。 スマイスターとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「スマイスター不動産求人情報」「スマイスターMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、スマイスターは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、スマイスターは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、スマイスター不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、スマイスターではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(スマイスター)中古住宅の購入者アンケート

住宅を販売する際に悩むのがメンテナンスのこと。中古住宅の購入者が考えるリフォーム、リノベーション事情とは一体どのようなものなのでしょうか。
スマイスター総研の行った調査結果について参考にしてみましょう。

<スマイスター調査概要について>
■調査期間:2017年10月18日~11月9日
■調査手法:インターネット調査(任意でアンケートに回答)
■集計数:「スマイスター」を利用した成人男女、全国592人

中古住宅購入者が考えるリフォーム事情とは

【調査】中古住宅を買うなら? 買い手側の本音は…
リフォーム済みの方が良い 68.2%!
リフォーム前住宅希望者は財布のひもが固い?

不動産関連の比較査定サイト「スマイスター(https://www.sumaistar.com)」を運営する株式会社シースタイル(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無)は、「スマイスター」を利用した住宅を売却予定の成人男女全国144人を対象に行った「売却予定住宅のリフォーム」についての調査で、12.5%が売る前にリフォームし、約半数がその予算・費用を100万円未満に抑えていることがわかりました。そこで今回、「スマイスター」を利用した成人男女全国592人を対象に「中古住宅を購入するなら、リフォーム前かリフォーム済みか」についての調査を行いました。

【調査結果サマリー】
・ポイント1 アンケート全体の約7割がお得感の高いリフォーム済みの住宅を希望!
・ポイント2 好きな設備や間取りに変更したいが、予算は50万円未満が最多!

・ポイント3 リフォームしたい場所は水回りがトップ3独占!

「リフォーム済み住宅人気の理由は『キレイ』『即入居可』『リフォームの手間が省ける』が50%超」

スマイスターの利用者に「もし中古住宅を購入するなら、リフォーム前とリフォーム済みではどちらが良いか?」を聞いたところ、『リフォーム前の住宅』31.8%、『リフォーム済みの住宅』68.2%となり、リフォーム済みの住宅の人気が高いことがわかりました。

そこで、リフォーム済みの住宅が良いと答えた人に理由を聞きました。『キレイ』56.7%、『即入居できる』53.7%、『リフォームの手間が省ける』52.5%と多く、『リフォーム後がイメージできない』も8.4%いました。

「リフォーム前の住宅希望者の財布のひもは固い?」

では、リフォーム前の住宅が良いと答えた人の理由は何でしょう?『好きな設備や間取りに変更できる』53.2%が最も多く、『劣化状況が確認できる』33.5%という堅実な人や『リフォームするつもりがない』21.8%、『自分でリフォームする』1.1%などもいました。

つづいて「リフォームの予算は?」というお金の事情をうかがいました。『50万円未満』26.6%が最多となり、住宅をリフォームしてから売却と考えている人の予算・費用の最多額が50万円以上100慢円未満だったことと比べると、購入者の方が財布のひもが固いとも言えるでしょう。

「不動の人気!リフォームしたいは水回り」

さらに「リフォームしたい場所」を聞きました。1位は『キッチン』48.9%、2位『バスルーム』43.1%、3位『トイレ』37.9%となり、住宅の中でも使い勝手が要求されやすい水回りのリフォームが人気です。また『和室』『洋室』『リビング』『ダイニング』はいずれも10%未満と少数でした。

家を売りたいと考えている人は、そのまま売るのではなく、リフォームした方が売りやすいのでしょうか。

立地によってもの事情は大きく異なってきますが、参考になりそうですね。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、スマイスターから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

スマイスターとは

house

では、先ほどから出てくるスマイスターとはどんなサイトなのかをご紹介します。 スマイスターとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「スマイスター不動産求人情報」「スマイスターMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、スマイスターは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、スマイスターは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、スマイスター不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、スマイスターではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(スマイスター)建設会社の選び方

2つの選択肢

リフォームやリノベーションに欠かせないのが建築会社。建築会社を選ぶには2つの方法があります。分けて二つの方法があります。まず一つは設計事務所を決めて、設計だけを先行させ、役所と同じように、入札させて建設会社を決めるやり方です。もう一つは設計事務所と仲のいい建築事務所にオーダーする方法です。

前者ですと、最初から一社に絞って発注する場合よりも、建設代金を低くすることができます。 ただし、役所の入札で談合問題が表面化しているように、思ったほどコストダウンにならない場合もあります。その理由の一つとして、設計事務所の多くが、建設主からの直接の注文よりも、建設会社(ゼネコン)から仕事をもらって細々と経営しているので、必ず特定の建設会社とのつきあいが深いものであることが挙げられます。そうなると、その建設会社に仕事を紹介しようとするので、入札、させても談合して、その特定の建設会社 に決定し、価格も思ったように安くならないということだって考えられるのです。これを防ごうとするならば、必ず施主方自身が、適当な建設会社を選んで見積もりを取っていくという方法です。とはいえ、複数の建築会社に連絡するのは面倒くさいものです。

設計事務所と仲のよい建築会社に工事をお願いした場合、スムーズな進行が可能な代わりに、1社のみでの見積もりとなりますので多少割高になる可能性もあります。

建築会社を使わない!?

またリフォーム等の簡易的な工事の場合は、設計事務所や建設会社を探さずとも工務店等で工事が事足りることもあります。

大切な住居のメンテナンスのためには建築会社についても使うべきか、どのように選ぶのか、複数の選択肢を設けて比較することが大切です。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、スマイスターから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

スマイスターとは

house

では、先ほどから出てくるスマイスターとはどんなサイトなのかをご紹介します。 スマイスターとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「スマイスター不動産求人情報」「スマイスターMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、スマイスターは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、スマイスターは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、スマイスター不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、スマイスターではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(スマイスター)設計事務所の選び方

リフォームやリノベーションを考えた時、欠かせないのが設計事務所。スマイスターをご覧の皆様に今回は設計事務所の選び方についてお届けいたします。

設計事務所選びを考える

設計事務所は相談相手としてだけでなく、どんな建物を建築する場合にも必ずつきあっていかなくてはなりません。設計の腕によって住まいの使い勝手や住宅としての質は大きく差が出るものなのです。

設計事務所というと、有名設計事務所の奇抜なデザインや、人目を引くような建物ばかりに目がいきがちで、本来の設計技術には素人はなかなか気がつきません。しかし、素人がすぐに気がつかないところに設計の差が出ます。

では設計事務所は設計に関して万能かというとそんなことはありません。設計事務所には得手不得手があります。一般住宅が得意、アパート、マンションが得意、老人ホームが得意、倉庫が上手等、設計事務所にはそれぞれ得意な分野があります。もちろんなかにはすべてに精通しているところもないとは言えませんが、大手でない限り、得意、不得意があります。設計事務所の大半は所員1人~4人、所長1人の5人以下の零細企業です。所員が一人もいなくて所長1人だけであるというところだってかなりあります。そうすると、得意な分野は限られてきます。

設計事務所というと敷居が高く、なかなかこちらからはアプローチしにくいものですが、 まず電話をかけて、どんなことをしているのか(どんな業務をしているか)、どんな建物 を設計したことがあるか等を聞いてみて、それから面談したのちに、お願いすればよいのです。
とはいえ、いきなり電話をかけるのは怖いもの。そんな時にオススメなのがスマイスターなのです。

個人住宅の設計を頼む場合は、住宅雑誌で紹介されているなかから、自分のフィーリングに合ったところに頼むというのもいいでしょう。とはいえ、何を重視するのか、しっかりとリストアップしながら面談に進むことをオススメいたします。

リノベーションやリフォームに欠かせない設計事務所選びについては以上です。

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、スマイスターから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

スマイスターとは

house

では、先ほどから出てくるスマイスターとはどんなサイトなのかをご紹介します。 スマイスターとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「スマイスター不動産求人情報」「スマイスターMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、スマイスターは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、スマイスターは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、スマイスター不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、スマイスターではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(スマイスター)売るためのリフォームは必要ない?

アパート経営・マンション経営を行ってきて売却を考えている際にリフォームやリノベーションをするか悩んでいるオーナーの方もいると思います。なので今回は「不動産を高く売るための50個のチェックポイント」について紹介している記事を見つけたのでご紹介します。

>>>サイトより一部抜粋。

住まいの売却

査定依頼をする前に(チェックポイント 7個)

1 不動産を売却する理由を明確にする

不動産をなぜ売却することになったのかを明確にしておくことはとても重要です。

不動産を売る理由は、マンションから一戸建てへの買い替え、相続で受けた不動産の売却、資産整理など様々なものがありますが、ときには「高く売れるよりも早く売却する方が大切」な場合もあります。売却する理由を明確にしておくことは、不動産を売る指針として今後の交渉や、商談で常に念頭に置いておく重要なポイントです。

2 不動産を高く売るとは何かを考える(高く売る≒早く売る)

不動産を高く売るとはどういったことなのでしょうか。
一般的な不動産の売却は、不動産会社が仲介し、購入希望者(買主)を見つけて成立します。つまり、高い価格で購入してくれる買主を見つけることが重要で、不動産会社が査定価格を高く設定し、その高い価格で売りに出したとしても必ず売れるという保証はどこにもないのです。

あまりにも実際の価格と離れた売出し価格になってしまうと、何ヶ月・何年も買い手が見つからず、不動産の価値や需要が下がり、値下げをせざるを得なくなってしまうケースは珍しくありません。

売りに出された不動産は、時が経つにつれて「鮮度」が下がっていきます。
鮮度が下がっていくと、値段は下がり、結果的に相場より安い価格で売買されることになります。

つまり、不動産を高く売るとは、「不動産会社に高い価格で購入してくれる買主を見つけてもらう一方で、出来るだけ早く売却するために、相場からかけ離れた価格は設定しない」ということです。

不動産を高く売る≒早く売る、ということを念頭に置き、まずはその不動産の適正価格がいくらなのかを売主自らも知るように心掛けましょう。

3 不動産の相場を調べる

「スマイスター不動産売買実績」を使って、あなたの家やマンションのある地域での物件相場を調べましょう。

スマイスター不動産売買実績は、国交省のデータを基に地域や物件の種別、築年数や間取りから、実際に取引された売買データを見ることができます。

ここである程度の不動産の売却価格を把握しておきましょう。

4 近隣で売り出されている物件を確認する

また、周辺で現在売りに出されている実際の不動産の価格も調べましょう。

SUUMOやYahoo不動産、HOME’Sといった大手不動産サイトで、マンションであれば掲載されている同じマンションの売出し価格、一戸建てや土地の場合は近隣の住所で売りに出されている価格を見てみましょう。

5 希望価格はいくらかを決める

上記3,4で調べた相場を把握したうえで、希望の売却価格がいくらなのかを決めましょう。

2で説明したように、あまりにも相場とかけ離れた価格になると、購入希望者(買主)は見つかりません。
また、「新築や購入したときの価格」も、相場から大きく離れてしまう可能性があります。

「相場からはかけ離れてはいない、出来るだけ高い価格」がいくらなのかを考えましょう。

6 あらゆることを積極的に把握しておく

また、不動産を高く売るためには売主も不動産に関してのある程度の知識を持っておくことをおすすめします。
「不動産の仲介手数料の仕組み」や「売却活動の種類」など、不動産会社に聞かなくてもある程度理解できることは沢山あります。

不動産会社との交渉において、不動産会社の「言いなり」にならないためにも、ある程度の知識を持っておきましょう。

7 売却する時期やタイミング

不動産を高く売るには、時期やタイミングが重要であると考えている不動産会社さんもいます。

具体的には1~3月、10~12月などは買主・購入希望者からの購入相談の問い合わせが多いようです。

そこから逆算するとそれから3ヶ月前までには仲介を依頼する不動産会社不動産会社を探し始める必要があります。高く売れる確率が少しでも上がるのであれば、そういった時期やタイミングにも気をつけましょう。
>>>>

この続き「不動産を高く売るための50個のチェックポイント」を詳しくご覧になりたい方は「不動産を高く売るための50個のチェックポイント」をこちらよりごらんください。
https://www.sumaistar.com/yomimono/sell/column-sell/c-sf-014/

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、スマイスターから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

スマイスターとは

house

では、先ほどから出てくるスマイスターとはどんなサイトなのかをご紹介します。 スマイスターとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「スマイスター不動産求人情報」「スマイスターMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、スマイスターは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、スマイスターは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、スマイスター不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、スマイスターではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(スマイスター)リフォームしなくてもいい?スピード売却とは

アパート経営・マンション経営をしてきて手放そうかリフォームなどして集客を増やすか悩んでいるオーナーの方もいると思います。なので今回はリフォームやレノベーションしなくてもスピーディに物件を手放すことができる不動産買取についての記事「「マンション買取」で手間なくスピード売却!」をご紹介します。

>>>サイトより一部抜粋。

スピード売却!?

マンションを少しでも早く売りたいと考えられている方には、「不動産買取」がおすすめです。不動産仲介とは違い、不動産買取は買取専門業者がマンションを買取るため、短期間で簡単にスピード売却することが可能です。

マンション買取は手間がかからない!

マンションの買取を買取業者に依頼する場合、不動産仲介と比べて売主は様々な手間をかけずに売却することが可能です。

○部屋の片づけ、掃除をする必要がない!
マンションを仲介で売却する場合、そのマンションを購入するのは一般の方になります。そのため、売却希望者により良い印象を持ってもらうため、マンションの大掃除や水回りのリフォームをかけて、内覧のための準備をすることが一般的です。

しかしマンション買取の場合、買取業者はそのマンションが綺麗かどうかや水回りの汚れなどは重要視されず、売主もそういった掃除・リフォームなどをする必要なく売却することが可能です。また、家具の撤去なども頼むことができる業者もいます。そういった手間が掛からないのは何故でしょうか。

○買取業者はマンションを買取り、自分でリフォームをかけて売却する!
買取業者に買取られたマンションは、その後どうなるのでしょうか。
多くのマンションが、買取業者によって「買取再販」というプロセスを踏みます。買取再販とは、読んで字のごとく「買取ったマンションを再び販売する」という意味です。買取業者は買取ったマンションを、再び売却できるようにリフォームをかけ、売却することで利益を出しています。

>>>>

この続き「「マンション買取」で手間なくスピード売却!」を詳しくご覧になりたい方は「「マンション買取」で手間なくスピード売却!」をこちらよりごらんください。
https://www.sumaistar.com/yomimono/kaitori/column-kaitori/c-kz-001/

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、スマイスターから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

スマイスターとは

house

では、先ほどから出てくるスマイスターとはどんなサイトなのかをご紹介します。 スマイスターとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「スマイスター不動産求人情報」「スマイスターMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、スマイスターは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、スマイスターは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、スマイスター不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、スマイスターではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(スマイスター)リフォームにするか建て替えにするかのタイミングとは

アパート経営・マンション経営をしてきて老朽してきた場合にリノベーションやリフォームにするか、それとも建て替えにするか悩む方オーナーの方もいると思います。なので今回は「アパート経営・マンション経営における建て替えのタイミングとは」について紹介している記事を見つけたのでご紹介します。

>>>サイトより一部抜粋。

アパート経営・マンション経営で資産価値を上げたり、下げないためにも建物のメンテナンスや維持が重要です。リフォームやリノベーションに留まらず、建て替えとなると慎重に検討しなければなりません。

建て替えのタイミングや注意する点などあるのでしょうか?

建て替えのタイミングはいつ?

・マンション
鉄筋コンクリート建造物の寿命について100年以上と言われていましたが、近年では建築や住宅などのメーカーが200年や500年と発表しているのも耳にします。
しかし、新しい建築基準などが出来ると耐久性がないと判断される物件が増え、30年前後で建て替えることが多いのが現状のようです。

・アパート
構造などにもよりますが50年以上はもつのではないかと言われています。

耐久性とは別物の「耐用年数」というものがあり、税務上の減価償却を計算するために作られた基準があります。
木造アパートの耐用年数は22年とありますが、これは税務上の価値として22年以上経つと価値がないとみなされるもので、耐久性がないという基準ではありません。

とはいえ、一般的には20年前後で建て替える物件が多いようです。

建て替えの判断基準はあるのか?

・築30年超物件
昭和56年以前に建てた建物は昔の耐震基準で建築されているため、耐震性を考えると建て替えを検討する時期かもしれません。

・建物の老朽化
駅から徒歩1分など立地条件が良ければ、建物が古く設備が整っていなくてもと良いと思う入居者は多い傾向にありますが、便の悪い立地条件では家賃を下げて貸すことが多いようです。

家賃収入を保つためには修繕を進めなければいけませんが、老朽化が進むと維持費や修繕費も高くなります。
修繕箇所が増えたり大掛かりな工事が必要になってくるため、結果的に建て替えという判断をすることも多くなります。

・空室が多い
家賃を下げたり、建物、内装などの修繕はしたのに空室が多かったり、1年以上も空きが続くようであれば外観、内装、設備、間取りなどが入居者のニーズに沿ってないことが考えられます。

・環境の変化
内外装や間取り、設備面で入居者のニーズに沿っていない場合以外にも、近くに学校などの教育施設、会社、工場などができる(もしくは廃校、移転など)と、入居者のニーズが大きく変わります。
リノベーションで補えない場合は建て替えの必要があるかもしれません。

>>>>

この続き「アパート経営・マンション経営における建て替えのタイミングとは」を詳しくご覧になりたい方は「アパート経営・マンション経営における建て替えのタイミングとは」をこちらよりごらんください。
https://www.sumaistar.com/yomimono/land/apart-manage/manage-apart/ma-a-l-001/

 

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、スマイスターから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

スマイスターとは

house

では、先ほどから出てくるスマイスターとはどんなサイトなのかをご紹介します。 スマイスターとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「スマイスター不動産求人情報」「スマイスターMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、スマイスターは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、スマイスターは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、スマイスター不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、スマイスターではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(スマイスター)リフォームのときに役立つ!?立ち退き交渉のポイント

老朽してきたマンションやアパートをリフォームやリノベーションしようと思っているときに起こることとして現在いる住居者の人に立ち退きを要求するケースもあります。今回は「アパート経営・マンション経営における立ち退き交渉のポイント」について紹介している記事を見つけたのでご紹介します。

>>>サイトより一部抜粋。

収益をあげてきたアパート・マンションも、建ててから30年、40年と経てば、老朽化が目立ってきます。

借入金の返済が終わっていれば、空室が目立つようになってもマイナスにはなりづらいですが、新耐震基準の施行や今後も発生するであろう震災へのリスク、周辺に建ち始めた新築物件との比較で、ますます需要が低下することは目に見えています。

そうなると、考えなければいけないのは、耐震や新築に見劣りしないため(あるいは勝つため)の補強修繕やリフォーム、リノベーション、そして建て替えです。

建て替えや、フルリフォーム、スケルトンリフォームと呼ばれる基礎や柱以外は全て新しくなるリフォームの場合、必須となるのが入居者に退居していただくということ。
つまり「立ち退き」です。

言葉の響きからしても、厄介な印象を受けますが、その通り、問題が発生しやすいものです。今回は立ち退き交渉のポイントについて考えます。

立ち退き交渉が必要な状況とは

上述の通り、立ち退きが必要となるのは、主に物件の老朽化などによる建て替え時です。
その他に、賃貸事業をやめて土地を売却する、その土地に自宅を建てるなどの場合も、入居者が存在する限りは交渉が発生します。

借地借家法28条は、「正当の事由があると認められる場合」でなければ、入居者に退居を求めることができないとしています。
この「正当の事由」は、長期にわたる家賃滞納や、建物の老朽化が該当します。

ですが、老朽化対策が修繕程度で済む場合や、耐震性を理由にした場合は認められなかった裁判例もあり、このことから「建物の状態に入居者や周辺への危険・損害が懸念されるほどの理由がないと、入居者を退居させる理由にはならない」という捉え方ができます。

つまり、「少し古くなってきたから、建て替えで収益を上げたい」「自分の住まいにしたい」というのは、オーナーの都合であって入居者には関係ないため、法的な退居は認められず、入居者が納得できる内容の条件交渉をする他はないのです。

結局のところ、どんな理由があるにせよ、退居していただく以上は、立ち退き交渉が発生することになりますね。

「立ち退きの正当事由として認められるには」参照

立ち退き交渉で起こり得るトラブルとは

借地借家法により、オーナー側から契約解除を申し出る場合は6か月前にとされていますが、実際には1年程前から話を持ちかけることが多いようです。
それだけの余裕をもってしても発生するのが、「立ち退きの拒否」や迷惑料などの「支払いに関する金額調整」です。

転居先が見つからないために、入居者が立ち退き拒否をする場合もあれば、転居にかかる費用に関して、ここぞとばかりに過剰な請求をする入居者もいます。
「転居先ではこの家電を置く場所が狭いから、新しいのを買って」などは序の口だと言う話もあるほどです。

また、家賃滞納者の場合は、転居をするだけの費用を捻出できない可能性が高く、立ち退き交渉が長期化することが多いようです。

もしかすると、「法にのっとった形で手続きをしているのに」と思われるかもしれません。
中には、「部屋を貸してやってるのに」と言う方もいるでしょう。

ですが、オーナーにとって、入居者は部屋を貸してお金をいただいているお客様であり、入居者にとって、その部屋はお金を出して得ている「生活の場」です。
その「生活の場」を、お金をもらっている立場のオーナーが、自分の都合で簡単に奪い取ることができないのは、当然と言えば当然なのです。

もう少し法的な言い方をすると、入居者の得た居住権は、借地借家法により強く保護されています。
入居者が賃料を正しく払うという義務を果たしている以上、居住権は存続し、強制的な退居は不可能なのです。

立ち退き交渉には、「何かしらのトラブルは発生する」という意識で臨んだ方が正解でしょう。

>>>>

この続き「アパート経営・マンション経営における立ち退き交渉のポイント」を詳しくご覧になりたい方は「アパート経営・マンション経営における立ち退き交渉のポイント」をこちらよりごらんください。
https://www.sumaistar.com/yomimono/land/apart-manage/eviction-apart/ev-a-l-003/

リフォームとリノベーション

ふと、何気なく自分の部屋を見回して、部屋の印象を変えたいな、と思ったことはありませんか?部屋の印象を大きく変える手段として、「リフォーム」と「リノベーション」といった方法があるのはご存知と思います。「リフォーム」と「リノベーション」、どちらも部屋を改装する、というイメージはありますが、そもそも「リフォーム」と「リノベーション」は、どのようなものなのでしょうか。

「リフォーム」

リフォームは、以前から聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。古くなったクロスを張り替えたり、外装の塗り直しをしたりと、修復を主とするため小規模の工事を指すことが多いです。つまり、新築だった頃に近づける、という意味合いで使われます。

「リノベーション」

一方リノベーションは、近年やっと馴染みになってきたように思います。「リノベーション可」を条件に物件を検索できるようにもなってきました。リノベーションは、新築の時よりも機能を増やしたり、使いやすくすること、自分らしい生活スタイルを持つための改装などを意味しています。例えば、解放感を持たせるために壁を減らしたり、反対に仕切りを増やして部屋を増やしたり、壁沿いにあったキッチンをアイランド型にする、などといったものがリノベーションにあたります。その内容からも、大規模な工事であることがうかがえます。

それぞれこのように一応の定義はあるものの、明確なものではないため、リフォームとリノベーションという言葉は同じように使われることもあります。しかし、「工事の規模」と工事することによって変わる「機能」という点において使い分けることが一般的です。


このサイトについて

リフォームやリノベーションをしたい!と思っても、漠然とした知識を持っているだけでは不安はつきものですし、まず予算を決定するのも難しいものです。そこで、スマイスターから得た情報を元に、リフォームとリノベーションについて学習していくことで、少しでも皆さんの助けとなればと思っています。

スマイスターとは

house

では、先ほどから出てくるスマイスターとはどんなサイトなのかをご紹介します。 スマイスターとは、不動産の売却と買収、賃貸の管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅といったサービスを幅広く提供している、不動産サービスと価格比較のポータルサイトです。他にも、不動産業界のビジネスマン、ユーザー向けの情報サイト「スマイスター不動産求人情報」「スマイスターMagaZine Biz」などを無料で提供しています。 また、スマイスターは、大手から地元密着型までの幅広い会社と連携しています。10年以上の営業実績があり、連携会社も全国で1,400社以上になり、今も連携が増加しているため、国内最大級の不動産価格比較サイトと言えます。もっとも大きな特徴として、プライバシーマーク認定企業であるため、個人情報だけでなく、物件情報に対しても安心感を持つことができます。

不動産の売却においても、スマイスターは活躍します。不動産会社ごとに査定価格や提案内容は異なる場合が多いため、高額売却するには複数の会社で比較することができるのが理想です。そこで、スマイスター不動産売却に物件情報を入力するだけで、複数の会社に一括で査定の依頼をすることができます。また、賃貸管理会社や、不動産買収、土地活用、注文住宅、リノベーションなども同様に、複数の管理会社に一括資料請求できるため、比較するのに非常に便利です。

業者探し、費用において比較は重要

さて、スマイスターではリノベーションについても比較することができる、ということが分かりましたが、リフォームでもリノベーションでも、比較することは大切です。 特に、業者探しとリフォーム・リノベーション費用の比較には力を入れたいところです。
ではまず、業者探しにおいて心掛けたい点は、

1.希望の施工と同規模の事例がある、もしくは豊富である。
その業者の得意分野が、自分のイメージに合っていて、工事内容や費用の詳細を説明してくれるか

2.相談などに真摯に対応し、要望に沿った提案をする。
デメリットも明確に説明してくれて、サンプルやカタログなども用いて分かりやすく説明してくれるか
また、質問もはっきりと答えてもらえることも大事

3.何かあったときに誰が対応できるかがはっきりしている。
誰の責任によってというのはもちろんだが、すぐに対処してもらえるのか

4.アフターフォロー、瑕疵保険など、保証が充実している。
リフォームの施工後に欠陥が見つかった際の保証や、工期の延期による補償や対応についての説明も十分にしてくれるか

の4つです。
次に、費用については、大きく分けて3つに分類することができます。

1.売買契約時
まず、物件が無い場合は購入しなければなりません。他に、仲介手数料、登録免許税などの諸経費があります。

2.実際の工事費
リフォームもリノベーションも、工事をすることに違いはありませんが、リノベーションの方がさらに多くの費用がかかることが多いです。実際の工事費の他に、施工の間の仮住まいでの家賃や、その引っ越し費用、家財を別に保管するのであればその費用なども考慮しなければなりません。
また、小規模のリフォームであれば日常生活に支障をきたすことはありませんが、騒音などによって結局引っ越しをすることになってしまい、費用が増えてしまうことにも気を付けたいです。

3.居住後
管理費や固定資産税などの税金が主な費用です。
建て替えるよりも費用は抑えられるのは確かですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。

(スマイスター)戸建ての売却にはリフォームが鍵?

戸建打てを売るときにはリフォームができるかどうかが鍵となるようです。またリフォーム以外にも戸建てを売りやすくするためのポイントがいくつかあるようです。今回は「戸建ての売却に関する重要ポイント!」について紹介している記事を見つけたのでご紹介します。

 

>>>サイトより一部抜粋。

不動産会社が戸建てを見るとき、どういったポイントが価格の検討材料になるのでしょうか?
それは売主様か、買主様かで説明が変わります。つまり売主様に「こういった基準で査定しています」と伝えることと、買主様に「こういうところを見てください」と説明する内容が違うということですね。
売主様に対しては、外観を見る際には、地盤改良がされているかという部分、外の基礎まわりのヒビの有無、外壁塗装がしてあるか、クラックが入っているか、シリコンコーキングが緩んでいないか、ベランダの防水加工、屋根等に注目します。

戸建ての内部はどういったところに注目しますか?
内観はまず内部構造を見ます。傾いていないかということですね。それと、どれくらいリフォームがかかりそうかというところにも注目します。特に「水まわり」が重要です。お風呂・トイレ・キッチン・洗面所のリフォームに費用がどれくらい掛かるのかですね。また購入希望者が見に来たときに、リフォームを希望される可能性がある場所があるのであれば、そこも説明します。

購入希望者が戸建ての内覧に来られた場合、どういったところに注目されるだろうか、というお話もされるんですね?
します。ただ、売主様が売る前にリフォームをかけるのはおすすめしません。その分売却価格を安くしてくれた方が、買主様は自分好みのリフォームにお金をかけられるので。

>>>>

この続き「戸建ての売却に関する重要ポイント!」を詳しくご覧になりたい方は「戸建ての売却に関する重要ポイント!」をこちらよりごらんください。
https://www.sumaistar.com/yomimono/sell/interview-sell/homeplaza01/